ピーカン

日中はまだ暑いが、湿度が低いので過ごしやすい。空のヌケもいい。日本らしくない濃い青に空が染まっている。
バイクで福岡県志賀島へ出かけた。海の中道の、そのまた先にある島。
途中でふと気づいた。阿修羅展がもうすぐ終わる。あ、こりゃ見なきゃと国道3号線を右折。
九州国立博物館は平日なのに長蛇の列だった。観覧券を買って並んで、中に入って阿修羅像を見るまでに1時間はかかった。これが休日や祝日だったら、と思うとゾッとする。
天気にいい日に来たのは初めてかな。屋根の色がこんな青だとは思わなかった。
d0032222_21565638.jpg

志賀島に行くのは、たぶん初めてだ。海の中道海浜公園には家族で何度か行ったことがある。
バイクに乗ると「・・・岬」「・・・灯台」という、突端に行きたくなるのはなぜだろう。
佐多岬、野母崎、生月島の大バエ、枕崎、都井岬、佐賀関。1年間でこんなに行った。
志賀島は漁業が盛んなようだ。トタンの壁に色を塗った作業小屋を見つけた。島原にも同じようなのがあったなぁ。シブい色だ。
それにしても、見事に歪曲収差がない。ないというか、修正されている。カメラの内部でデジタル処理・修正しているらしい。
考えてみると、ズームレンズの広角域でこれだけ収差がないこと自体がおかしいのだ。先代のFinePix F100fdなんぞ、「これ魚眼?」と思えるほどひん曲がっていた。
ただし修正をONにすると、画像の周囲が若干切り取られるようなことが取説に書いてあったような気がする。厳密にいうと、その分画質が低下するわけだが、少々の画質低下よりも歪曲を修正してくれたほうが精神衛生上うんとよい。
Ricoh GX-200
d0032222_21571187.jpg

by tama_photo | 2009-09-24 21:51 | ドライブ・旅行 | Comments(0)