雨・・・また

日帰りバスツアーで佐賀の九年庵(くねんあん)へ行ってきた。2週間ほど前、5つほどあった出発日の中から「これだ」と決めて申し込んだのだが、見事に雨。
神崎市の九年庵は、年に9日間しか公開されない庭園で、国の名勝になっている。詳しいことはネットで調べればすぐ分かるだろうから書かないが、一度は行ってみたいとかねがね思っていた。
しかし。
d0032222_9143371.jpg

もっと静かにできないのかなぁ。梅ケ枝餅って大宰府天満宮の土産じゃなかったっけ?
九年庵の何キロも手前から「駐車場500円」の看板やノボリが目についた。参道にはたくさんの露店が軒を並べ、客を呼び込む。雨の平日でこのにぎわい。これが晴天の休日だったら・・・想像しただけで怖い。
d0032222_9262323.jpg

庭内も興をそがれてしまった。苔を踏み荒らさないように、仮設の通路が作ってあったのだ。コンパネの上をドカドカと音を立てて歩き回った。
肝心の紅葉は、というと、もう葉が落ちているのもあれば、まだ半分しか赤くなっていない樹もあり、季節が混在しているかのようだった。添乗員の話によれば「今年は少し早いみたい」とのこと。
d0032222_9302298.jpg

これは昼食をとったホテル近くの御船山。
厳しいことを書くようだが、やはり九州の紅葉は大したことないと思う。寒さが足りないのだろうか。九重や阿蘇、五家荘あたりへ行けばなんとか見られるけれども、平地の紅葉は鑑賞に値しない。
樹種にもよるのかな。ナナカマドやハゼをたくさん植えたらどうだろう。とくにハゼは真っ赤になって美しい。昔は川の堤防によく植えてあったが、ことごとく伐採されてしまった。残しておけば名所になっただろうに。
Commented by とく at 2009-11-25 19:35 x
お疲れ様でした・・・。
地元にいながら、神埼の九年庵は一度も行ったことがありません。
我が家から、距離20キロ程度の近い場所なのですが、
行かない理由はタマさんが体験したとおり、混雑が嫌いだからです。

私には、樹木の紅葉よりも関心があって、最近4年間ほど通い続けている場所があります。
福岡県境に近い、佐賀市三瀬村の国道263号沿いの場所なのですが、
初めてのときが一番良くて、後は何回通ってもパッとしませんね~。
何時の場合でも、出会いってそういうものでしょうね・・・。
Commented by tama_photo at 2009-11-26 21:07
「わび」「さび」の、世界に比類のない独自な美の世界を創りあげた日本人なのに、なんで近ごろは・・・と思うのです。

派手な看板、やめましょう。
やたらと注意書きするの、やめましょう。
のぼりを立てるの、やめましょう。
周囲の景観に似合う建物、建てましょう。
電線、電柱、埋めましょう。
戸外で音楽流すの、やめましょう。

江戸時代にタイムスリップできたらいいなと思います。
by tama_photo | 2009-11-21 09:56 | others | Comments(2)