やっとバイアンプ

d0032222_22415568.jpg2分配バランスケーブルが届いたので、やっとバイアンプ駆動にできました。
はじめ、アンプ①を中・高域、アンプ②を低域としてつなぎました。でも、どうせなら左右chを別々に受け持たせたほうがいいと思い、接続を変更。アンプ①に左の低域と中・高域、アンプ②に右の低域と中・高域を受け持たせました。
意外に良かったのが友人からもらったバランスケーブル。OYAIDE(FURUKAWA製)のケーブルとFURUTECHのキャノンプラグを使った自作品ですが、低域の分解能が抜群でした。
スピーカケーブルは、CHORDとMusic Stradaの2本使いにしました。
DA04は入力レベルを少し絞らないとノイズが乗るので、中・高域を-12dB、低域を-9dBにしています。
もの珍しさもあって、今は低域出しすぎの感がありますが、聴き込んでいくうちに落ち着くべきバランスに収まって行くと思います。
考えてみれば、出力はMax600W/chになりました。
残るはスピーカケーブル端子の加工です。Yラグの大きいやつが手に入らないので、ロジウムメッキのバナナプラグに気持ちが傾いています。接続カンタンだし。。。
Commented at 2010-03-25 10:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-03-25 22:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Rifle at 2010-03-29 12:48 x
通常は高音域よりも低音域に音が集中してますから、帯域を分けてバイアンプにする場合は、音量バランスが難しいとかって良く聞きます。
tama_photoさん好みに仕上がるのが楽しみですネ。
Commented by tama_photo at 2010-03-29 14:27
本文にも書いたように、はじめはどうしても低域を膨らませたがります。中・高域と低域の差は当初3dBでしたが、いまは1.5dBになってます。そのうち±0になるでしょう。
それにしても、N801でスカッと低音を出すには金がかかります。いろいろ調べたんですが、「クレルのFPB-600だといい音がする」とか。そこまではとてもとても・・・。
Commented by Rifle at 2010-03-31 09:40 x
N801を鳴らそうと思うと、コンシュマー向けのアンプだと高額になるのは仕方ないかも知れませんネ。
コンシュマー向けって何故かW数を稼ぐのに必死、肝心な駆動力が無いアンプが多過ぎ...。
Commented by tama_photo at 2010-03-31 12:18
電気知識ゼロなのですが、駆動力はやはりダンピングファクター値で判断するしかないのでしょうか。
だとすると、クラウンやアムクロンのアンプを使ってみたい気もします。
Commented by Rifle at 2010-04-01 16:54 x
こう言っちゃうとカミツく人も出て来るかも知れませんが、ダンピングファクター(DF)は目安にもならないですよ。
回路設計上はアンプのDFを上げるなんて難しい話じゃないし、そもそもスピーカは純抵抗ではなくて周波数依存性の抵抗ですからネ。
Commented by tama_photo at 2010-04-01 17:11
やっぱりそうなのか・・・。そんな単純なものじゃないとは思っていました。
N801のアンプはこれで4代目ですが、次第にドライブ力は高まっています。
真空管<NORMA(プリメイン100W/ch)<PRINIUS(A級100W/ch)<DA04

DA04のDFはほどほど高かったように記憶しています。
by tama_photo | 2010-03-24 23:10 | Music & Audio | Comments(8)