黒木~星野

GW、家族で日帰りドライブです。
泊まりたかったのですが、「明日、空いてますか?」と電話しても無理でしょう。
世間は黄金週間ですもの。
直前まで休みがハッキリしなかった娘が「ゆっくりしたい」というので、以前、夫婦で行ったことのある福岡県星野村へ。
高速を使わないので、黒木町経由になります。
黒木町といえば女優・黒木瞳さんの出身地。でも町名は「くろぎ」と濁るそうな。
それと「大藤」が有名。ちょうど大藤祭りの最中でした。
d0032222_8294180.jpg

黒木町には何度も来たことがあるのですが、藤の花が咲く季節は初めて。
いやぁ、すごい大きさでした。それに、藤の花があんなに匂うとは知りませんでした。それに誘われてミツバチを筆頭に虫がたくさん集まっていました。

600歳!?
「樹齢600余年」の看板がありました。根っこは化石のようです。何本かの老木が一緒になって藤棚を作っています。
d0032222_8332918.jpg


八女市星野村
今年、八女市に合併した星野村には2時過ぎに到着。天文台のレストランのランチタイムに間に合わなかったので、お茶の文化館にある食堂で、赤米のチラシ寿司定食をいただきました。
天ぷらと吸い物、抹茶豆腐などが付いていました。とくに天ぷらがおいしかったですね。
d0032222_8371280.jpg

ここに来たらぜひ味わいたいのが「しずく茶」。玉露をとことん味わいます。
一煎目は45度くらいの湯20mlを入れてふたをして90秒ほど待ち、ふたを少しずらして、すき間からこぼれるしずくをすすって飲みます。たいていの人は、その甘さと豊かな香りにビックラこきます。
私もコキました。
d0032222_85634.jpg

二煎目、三煎目は60度の湯。四煎目は80度の湯で味わいます。
ここまでくると茶葉は完全に開いてしまいます。
そして最後がまたカルチャーショック。開ききった茶葉に酢醤油をたらし、それを食べるのです。
ちょっと渋味のあるワカメといった食感ですが、なかなかおいしいですヨ。
このしずく茶を飲むために、専用のふた付き湯飲みと湯さまし器を買って帰りました。

棚田百選の地
d0032222_8514629.jpg

星野村も全国の棚田百選に選ばれています。秋の彼岸花の季節がよさげです。
Commented by Rifle at 2010-05-03 10:23 x
玉露ってホント甘いんですよねー。
拙者もガキの頃に親戚宅で戴いてビックラこいたクチです。その時親戚は「本当はこの葉も食べるんだよ」と言ってましたけど、本当なんですネ。
Commented by tama_photo at 2010-05-04 10:04
専用の茶器を買ったので自宅でもやってみました。
ここで飲んだのと同じようにおいしくできました。
あぁ、毎日玉露を飲みたい・・・。( ̄∇ ̄;)
Commented by とく at 2010-05-05 08:29 x
昨日、阿蘇からの帰りに渋滞を避けるため、
小国~鯛生金山経由で黒木を通過しました。
「黒木の大藤」は知っていましたが、以前見たときより花が少なく、
まだ早いかな?と思ったのですが、
時期が少し過ぎていたのですね~。
Commented by tama_photo at 2010-05-05 09:06
とくさん、お久しぶりです。
盛りは連休前なんですかね。たしかに近づいてみると、花も少し枯れたようなのが多かったですね。
しかし、山は今の季節が最高です。昔の人が「山笑う」と言ったのがなんとなく分かります。
by tama_photo | 2010-05-02 08:58 | ドライブ・旅行 | Comments(4)