3年で1万円

レコードプレーヤーの下に敷いていた磁気アイソレーションボード(SAP RELAXA+2という)を売りました。
手に入れたのが3年前のオークションで、およそ「えわ千円」。それがまたオークションで、およそ「うわ」千円で売れたから、差引3年間で1万円の使用料ということになります。安いといえば、安いですね。
d0032222_934453.jpg

新品は当時「ぬぬえ」千円だったそうです。高っ!
この単純な構造と材質からすれば、今回の売値くらいが妥当かと思いますよ~。
プレーヤーをウェルテンパードに替えたので、寸法が足りずに使えなくなってしまいました。
プレーヤーを浮かすか、ガッチリ固定するか、好みが分かれるところです。
私は浮かせたほうが、音像の定位がよくなったので使いました。ハウリングマージンはほとんど差がなかったように記憶しています。
次はプレーヤー(PRO-JECT RPM9)を売り払います。

↓これね。
d0032222_22112100.jpgPRO JECT RPM9はよくできたプレーヤーでした。5年前にヤフオクで程度のいいものを、定価の半額以下で入手。
キャビネットもダストカバーもなく、ベルトドライブでモーターは完全分離。アームは軽くて丈夫なカーボン製。
音質最優先・機能性重視のアナログプレーヤーですね。デザインはともかく・・・。
ただ、ヘッドシェル一体型のアームはカートリッジの交換が大変です。ステレオとモノラル、MCとMM・・・というように、カートリッジをとっかえひっかえ聴くようなことができません。
プラッターの周囲が何もないので、どうにかしてユニバーサルアームをもう1本追加したかったのですが、実現する前に手放すことになりました。
そして次のアナログプレーヤー(ウェルテンパード)も、アームはヘッドシェル一体型。
ですが、ものは考えよう。カートリッジで「あれでもない、これでもない」と悩まずに済むから、これでよしとします。
Commented by Rifle at 2010-09-02 15:00 x
他にも「レーザーピックアップ」なんていう落とし穴(?)もあったりしますから、アナログプレーヤもやりだすとキリが無い分野ですね。
Commented by tama_photo at 2010-09-02 19:17
欲しいアルバムがあると、まずLPの有無を調べるようになりました。
私のシステムでは、音質的にまだCDのほうが優位ですが、アナログの「秘めた可能性」にとても魅力を感じるのです。
イーグルスのヒットアルバム、ホテルカリフォルニアも(もう何年も前ですが)リマスタリングされてアナログが出てるようです。

いまはカートリッジで悩んでいます。たぶん、オーディオテクニカかグラド、間違ったらZYXとかライラに逝くかもしれません。
それもまた愉しみです。
by tama_photo | 2010-08-30 09:46 | Music & Audio | Comments(2)