テッペンカケタカ

この鳴き声を初めて聞いたのは、まだ5~6年前のことです。
夜中というか、深夜。草木も眠るくらいの午前3時頃、けたたましい鳴き声で目が覚めました。
だれから聞いたのか、自分で調べたのか、TVで見たのかよく覚えていませんが、この鳴き声の主が「ホトトギス」と分かったのはそれからしばらく経ってからのことでした。

九州でホトトギスは珍しいそうですが、わが家の近辺では毎年いまの時期によく聞こえてきます。
托卵(たくらん)といって、違う種類の鳥の巣に卵を産みつけて、抱卵・育雛させるとか。
あまり印象のいい鳥ではありません。
ホトトギス(不如帰)で連想するのは正岡子規ではなく、井上揚水の「帰郷(危篤電報を受け取って)」です。
♪季節はずれなのはホトトギス・・・
彼の故郷、福岡県ではポピュラーなのでしょうか。
Commented by テンジン at 2011-06-01 15:57 x
こちらではごく普通の山鳥です
夏の軽井沢ではうるさいくらい彼らの声がしました
そうだ来週末は横川まで行きます
廃線になった線路をめがね橋まで歩くつもりです
Commented by tama_photo at 2011-06-01 23:08
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
この鳴き声を聞いたのは、まだごく最近なのです。
聞いていたのに気づかなかったのかもしれませんが。
夜中に鳴くのはやめて欲しいッス。
日本では鳥に限らず「奥ゆかしい」のが好まれますね~。
by tama_photo | 2011-05-30 21:04 | others | Comments(2)