ユーザー車検

自分で車検を受けてみました。
いわゆる「ユーザー車検」です。
去年、バイクをユーザー車検したら意外と簡単だったので、ついでにクルマもやっちゃえと・・・。
事前にネットで調べ、書類も当日ではなく事前に運輸支局でもらって、ついでに車検場の見学と案内ビデオも観ておきました。準備は万全です。
車検当日は午前中が仕事だったため、午後2時30分からの第4クールをネットで予約。
午後2時前に運輸支局に着き、検査費用と重量税を印紙で支払いました。
書類はこのようにしてバインダーで挟んでおくと、検査員も仕事がやりやすいようです。
d0032222_23342852.jpg
納税証明書、自賠責証明書が2枚(以前のものと今度のもの)、重量税の納付書、継続検査申請書、検査票、点検簿、車検証―だったと思います。
もうちょっと簡素化できないものでしょうか。

予約では1番目だったのですが、検査開始までまだ時間があったので、ビデオを再視聴。
5分前になって車検場へ行くと、順番待ちのクルマがずらり。
早くから並んどきゃよかったなぁ。。。
d0032222_23395329.jpg

2時半のチャイムとともに、第4クールの車検が始まりました。
ネットでユーザー車検を調べたところ、大都市部の検査場ではかなり混雑するらしく、業者がいっぱい来ているので、ユーザー車検でモタモタすると背後からブーイングが飛ぶ・・・などと書いてあったので、緊張しました。
ところが、明らかに業者と思われる人間が、モタつくモタつく。。。ヾ(--;)ォィォィ
d0032222_23451981.jpg
尾灯のどれかが点かないようで、トランク開けてああでもないこうでもないと。。。
見りゃ分かるトラブルは、事前に解決しておけヨな~。ブーイングかましたろかー。\(-_-#...

d0032222_2351037.jpgバイクと比べると検査箇所が多く、たぶん自分一人では要領が分からないと思います。
でも受けるのが初めてと言ったら、検査員が横についてくれて、ていねいに案内してくれはりました。
エンジン型式の刻印が見つからずに、いったん終了後、別のコースに回されましたが、比較的スムーズに検査は終了。
無事、新しい検査標章を張ることができました。

費用は次のとおりでした。
必要書類一式   70円
自賠責保険 24,950円
重量税    30,000円
検査料     1,800円
合計      56,820円
しかし、事前にヤナセで油脂・消耗品の交換を済ませていたので、その費用83,842円を加えると、、、
140,662円。Σ(|||▽||| )
クルマって、ホントに金食い虫ですね~。
by tama_photo | 2011-06-28 00:07 | クルマ | Comments(0)