無用の言葉

「双子のマラソンランナーって誰だっけ?」
「そうですね」

d0032222_11165880.jpgたけしがTVで言ってたギャグ。
「そうですね」は、小説などの文章にはほとんど出てこないが、会話となると、よく耳にする。特にインタビュー。
インタビュアーの質問に、「そうですね」から始める人の多いこと。。。
「ちょっちゅねー」と言ってた人もいたような。

「そうですね」を言わないようにしようと思うが、いざ自分がその立場になると、つい先に口から出てしまう。
「そうですね」としゃべる1秒足らずの間に、何と答えるか頭が考えているのだろうな。

ほかにもこういう無用の言葉がありはしないか、考えてみた。
「~の方(ほう)」はどうかな。
今朝のTVで「東京の方にはあるけど、熊本の方にはないので・・・」なんて学生がインタビューに答えていた。
「東京にはあるが、熊本にはない」でいいんじゃない?
消火器売りが「消防署の方から来ました」と言うのは、あれは人をだますため、かつ、罪に問われないためにあえて入れて使っているのだから、正しい。
外国語には、こういう無用の言葉はないのだろうか。
Commented by テンジン at 2011-10-31 19:26 x
「の方」じゃないけど
気になる無用の言葉ワンは・・・
maybe
これたっぷり使われると「適当な奴ちゃなぁ」と思っちゃいます
無用のツーは・・・
you know
4回も5回も言われると I dont know と言い返したくなっちゃう
嫌みかな?
Commented by tama_photo at 2011-10-31 21:11
こりは外国人との契約での話なんでしょうね。
そうですね?

正しく使いました。(^^;
by tama_photo | 2011-10-29 11:34 | others | Comments(2)