炎の料理人・・・燃え尽きてるのに

今日はバタバタした。
午前中は町内会のレクリェーション大会。
体育委員をやってるので、準備やら運営やらで動き回った。
午後から寝て過ごすつもりだったが、せっかくの日曜日にもったいないので、バイクを整備。
オイルを交換してスイングアームをグリスアップ。
先週、天草で緩んだ右キャブの取付をやり直した。
緩み対策として、スタッドボルトにロックタイトを塗ったので、しばらくは安心だろう。
バイクの整備を終えて家に帰るときは薄暗くなった。
それから夕食の買物。
①鶏の唐揚げ ②五目煮 ③カニ棒入り卵焼き―を作るのだ。

鶏の唐揚げ
d0032222_364494.jpg《主材料》
鶏もも肉400g
《下味》
おろしニンニク 小1/2
おろししょうが 小1/2
鶏がらスープの素 小1/2
砂糖 小1
醤油 大1
ごま油 小1/4
ホワイトペッパー 少々
塩 小1/4
五香粉 小1/4
《コロモ》
卵 1個
片栗粉 大3


【作り方】
ボウルに《下味》の材料を全部入れてよく混ぜ、そこに鶏肉を入れて揉み込む。
次に《コロモ》になる卵と片栗粉を加えて混ぜる。
30分ほど置いて味をしみこませる。
鶏肉にコロモをよくからませながら170℃の油に入れる。時々返しながら、中まで火が通ったら強火で1~2分揚げ、カリッとさせる。
わが家で揚げ物をするのは何ヶ月ぶり? いや、何年ぶりだろう。
うちのガスレンジは170℃の設定がないので160℃にした。仕上げは200℃。それでいいのだ。
文句なしにウマイ。

五香粉
d0032222_2563248.jpg
「ウーシャンフェン」という名前だから、中華の食材だろう。うちでは初めて使う調味料だ。
八角、シナモン、花椒、クローブ、ちんぴ―が入っている。
なんとなく漢方薬のような、さわやかな香りがする。
薬膳料理みたいだ。
シナモンの香りがやや強いけど、いやなにおいではない。
この唐揚げのキモはこの五香粉だと思う。
どこにもない、独特の、しかもすばらしくおいしい唐揚げが味わえる。


五目煮
d0032222_3102511.jpg
《煮込む材料》
高野豆腐 2枚
豚肉薄切り 200g
ニンジン 50g
ごぼう 80g
干しシイタケ 5枚
れんこん 100g
《後のせ》
さやいんげん 適宜
《煮汁》
だし汁 2カップ
酒 大3
砂糖 大3
醤油 大1
薄口醤油 大2
みりん 大2
塩 小1/2


【下準備】
高野豆腐は水で戻してよく洗い、両手のひらで挟むようにして水気を切る。厚さ3~4ミリの短冊切り。
豚肉も同じ大きさに切る。
ニンジンは長さ3センチの短冊切り。ゴボウは斜め薄切りにして水につける。
シイタケは予め水で戻しておき、食べやすい大きさに切る。
レンコンは5~6ミリ厚の半月切りにして水にさらす。
だし汁は花ガツオをたっぷり使って作った。

【作り方】
鍋にサラダ油大2を熱し、豚肉とレンコンを炒める。しばらくして、さやいんげんを除いた材料を全部入れて炒める。
煮汁を加えて煮含める。
ニンジンが煮え過ぎないように注意する。
青くゆでたさやいんげんを斜め切りにして散らす。
煮詰めると、きっと塩辛くなる。

カニ棒入り卵焼き
これは材料だけ。作り方は各自で。
じつはうまくできなかった。でも味付けの割合は勉強になった。
だし巻き卵みたいな味になる。わが家では、ほとんど砂糖を入れない卵焼きだから、珍しい味がした。
《材料》
卵4個、だし汁大4、砂糖大1.5、塩小1/3、薄口醤油少々(香り付け程度)、酒小1、カニかま1本、さや豆2本

d0032222_3351967.jpg
これが本日の料理三品。
要領が悪いので、作るのに2時間ほどかかった。
考案した先生の一番のオススメは唐揚げ。
「近ごろ唐揚げの専門店が増えてるけど、まだまだだわね」とおっしゃるほどの自信作だ。
もちろんおいしかったけど、家族に一番好評だったのは五目煮だった。
甘すぎず、から過ぎず、絶妙の味付けで、とくに高野豆腐がうまかった。
しかし、燃え尽きたな~。。。
Commented by mroko at 2011-12-05 08:04
!!(@O@)!! 本格的お料理レシピブログ!! 「クッキングをやぢ」ですね(^^ 。
間違えて別のブログ開いたのかと思ったよ。
ほとんど中身のない休日を過ごして自己嫌悪に陥ってる私とは月スポだわさ。。
Commented by tama_photo at 2011-12-05 09:38
オッハー!(激古いっ)\(-。。-#
オレも気分屋だからねー。やらないときは、まったくしない。
ここ数ヶ月は独りメシが多かったので、よっぽど料理から足を洗おうと思ったけど、やっぱり食は生活の根幹をなすものだし、とくに家庭の手作りの料理は精神衛生的にも栄養があると思うのだ。
ちなみに、この料理のレシピをくれた先生は78歳さー。
by tama_photo | 2011-12-05 03:50 | うまいもの | Comments(2)