目的ありツー

珍しく「こことここに行く」と決めて家を出ました。
目的地があれば、いつもの「行き当たりツー」とは違うテンションの高さがありますね。
距離が長くなりそうなので最寄のICからすぐ高速に乗り、溝辺鹿児島空港ICで下りました。
最初の目的地は、JR肥薩線の嘉例川駅(かれいがわえき)です。
D40x VR18-200mm
d0032222_12591.jpg

鉄っちゃんの中では、かなり有名な駅だそうです。九州で一番古い木造駅舎、九州駅弁ランキングで3年連続1位を取った嘉例川弁当・・・など。
d0032222_122141.jpg
d0032222_125788.jpg

どこまでも続く線路を見ていると、バイクもいいけど鉄道の旅もいいだろうなと思います。
d0032222_133349.jpg

しばらくすると、そっちから1両編成の列車が・・・。
複数のものを組み合わせるのが「編成」だから、1両は「編成」とは言わないんじゃないでしょうか?
d0032222_164243.jpg

撮り鉄親子が来てました。
十数年前のうちみたいだ・・・。
d0032222_174236.jpg

ホームには七夕飾りがいくつも下がっていて、その中で気に入った短冊がコレ。
短冊はいくつか見えてますが、どれが私のお気に入りかすぐ分かりますよね。(^^;
d0032222_110191.jpg

しばらくすると、平日にもかかわらず貸切バスに乗った団体客がドッと押し寄せました。土日祝日はすごいんでしょうね。
d0032222_19435.jpg


嘉例川駅を後にして再び溝辺鹿児島空港ICから高速に乗り、加治木JCTから大隈半島へ。国分ICで下りて国道を志布志湾方面へ向かいました。目指すは2番目の目的地です。
白砂青松の志布志湾。松林は「くにの松原」というそうです。キャンプ場がありました。
d0032222_1152330.jpg

おっと、目的はこの景色ではなく、焼酎です。
志布志市が社会教育で取り組んだ「志布志創年市民大学」の中のグループが焼酎を作ったというので、ぜひともそれを手に入れたくなったのです。
道の駅や物産館で探しましたが、それらしきものはまったくありませんでした。
それで、志布志駅にある総合観光案内所で尋ねると、市民大学のことは知っていたけど、焼酎のことは初耳のようで、あちこちに電話して調べてくれました。
そして分かったのは「市の文化センターに1本だけ在庫がある」ということでした。
幸い近くだったので、さっそく行ってみると・・・。
ここが文化センター。看板もなにもありませんが、文化センターでした。
d0032222_1224316.jpg

どうやら教育委員会の社会教育関係課が入っているようでした。

d0032222_126523.jpg
酒屋とはまったく関係なさそうな青年が、カウンター越しに1本出してくれました。
「どこでこれを知ったのですか?」とか「どこから来たんですか?」とか、イロイロ聞かれるだろうと期待していたら、一言「2,400円です」。。。

しかし、やはり向こうも気になったと見えて、焼酎をサイドバッグに入れて、いよいよ帰ろうとしていたら女性の職員さんが出てきて、「どちらから?」と尋ねました。
姉さんが熊本に嫁いでいるそうです。話のついでに、私がこの焼酎を知ったきっかけを教えてあげました。

このツーの前日のことです。某大学の教授を囲んで、10人ほどで勉強会をしたのですが、その中でおもしろいことをやっている全国各地の自治体やNPOの話となり、その中で嘉例川駅と志布志の焼酎が取り上げられました。
社会教育(生涯学習)で焼酎を造って売るなんて、ありえない話でしたので、絶対にこの目で、この舌で確かめようと思ったのでした。
しかし1本だけでも手に入ってよかったなぁ。
455キロ走りました。
Commented by Rifle at 2012-08-02 14:42 x
へぇー、社会教育で作るお酒ですか。面白いですねぇ。
Commented by tama_photo at 2012-08-02 18:24
「これからはもうかる社会教育だ」ってんでやってるみたいです。まさに目からウロコの思いがしました。
どれだけ利益が上がっているかは疑問ですが、ものごとをするには何らかの見返りが必要かなと思います。下心、大いにけっこう。
by tama_photo | 2012-08-02 01:45 | ハーレー | Comments(2)