峠攻め(意味違う)

バイクで「峠族」とか「峠を走る」というと、ステップを擦りながらコーナーの多い峠道を走ることを指します。
今日の「峠攻め」はちょっとニュアンスが、いや、内容がまったく違います。(^^;

今日は阿蘇でモトグッツィラリー2012が開催されて、私もそれに行く予定だったのですが、いつも一緒にツーリングするスクーターヲヤヂが「宮崎の峠を走りに行く」と言うのです。
「おれも行く」というと、「あんたのバイクじゃ無理ばい」とのこと。
そう言われると意地でも行きたくなるのが私の悪いところで、朝7時に合流して宮崎県を目指しました。

御船町~旧矢部町を通り、旧清和村・馬見原からR265を走って宮崎県椎葉村に入りました。
さむ~。曇ってるから余計に寒く感じます。下は防寒・防風ジーンズ。上は半袖Tシャツの上から長袖トレーナー、その上からトライアルマスターを着ていましたが、ゾクゾクします。
ベルスタッフのトライアルマスターは、重い割に暖かくありません。途中で雨具を羽織りました。

目的地を設定しているスクーターヲヤヂのMくん。
このフォルツァはやがて8万キロを迎えます。年に2万キロ以上走るヘビーユーザーです。
RICOH GX200

d0032222_22282499.jpg

Mくんは走った道をPCに記録していて、地図上ではそれが赤く表示されます。九州内の主だった道路はほとんど赤いのですが、宮崎県の山間部だけが一部赤くありません。
彼は単にそこを赤く塗りたかったのです。そのための峠攻めです。(アホやな~、お互い)

椎葉村の途中からR265を離れました。間柏原発電所の横を通って、草刈り中のおじさんに道を聞きながら進みました。この道路はナビにも表示されないんです。( ̄∀ ̄;)
しばらく走ると長~いトンネルがありました。対向車はまったくありません。
「費用対効果は天文学的数字だろうね」と話しながら進みます。

d0032222_23202719.jpg

道はどんどん狭くなります。
通行量が少ないためか、あまり整備もされていないみたいで、道路の中央には枯れ枝や砂や小石があります。
上から落ちてきたと思われる握りこぶし大の岩もチラホラ。
日陰の湿っぽいところには緑の苔が生えています。ちょっとのわき見もできません。
R388に出ても国道の実感はなく、「林道」といったほうがピッタリ。
一つ目の峠「大河内峠」に到着。
ここまで対向車ナシ!

雲がすぐそこまで低く垂れこめています。
いや、おれたちが雲のある高いところまで上がってきたんだなー。(TωT)



峠の周辺は九州大学の演習林でした。林業の実習とか研究をするのでしょうね。

d0032222_2321369.jpg

川沿いに峠を下ると、だんだん人家が増えてきました。大河内小学校前に到着。

d0032222_22402135.jpg

学校周辺には保護者でしょうか、おばさんたちがたくさん出て路肩の草刈りをしていました。
草刈りといっても手作業ではなく、エンジン式の刈払機です。まぁ、こんな山奥で暮らすんだったら、刈払機くらい使えないと生きていけないんでしょうね。ご苦労さまです。
このへんの民宿に泊まって清流の音を聞きながら、ヤマメを肴にゆっくり酒を飲みたいものです。

d0032222_22435865.jpg

続いてR265に入ります。大河内発電所~橋ノ口発電所~西米良役場前に着きました。
ここでサイドカー軍団とすれ違いましたけど、彼らはこれから私らが通ってきたあの狭い峠道を走るんでしょうか?まさかね。

西米良からR219を人吉方面へ少し走りますが、途中で左折してまたR265に入り、小林市を目指します。
道はさっきよりもいっそう狭くなりました。
キープレフトで左側を走ったほうがいいとは思うのですが、左側はガードレールでその先は谷底なので、つい山側の右を走ってしまいます。対向車がほとんどいなくてよかったなー。

小さなダム湖の橋に着きました。家に帰ってからグーグルマップ等で調べても、名前すら載っていません。

d0032222_2331305.jpg

ダム周辺の道は広かったものの、しばらく走るとまた狭くなりました。
ここは輝嶺峠付近。木が伐採されていたので遠くまで見通すことができました。
感心するのは林業を生業としている人のこと。よくもまぁこんな山奥の急峻な斜面にまで植林したものだと思います。
苗を植えて、下草刈って、枝打ちして、間引きして・・・。山にはマムシもいれば山ヒルやスズメバチもいます。そして収入は数十年のスパン。おまけに外材に押されて国産材の価格は上がらない・・・。
林業の後継者って、きっと農業や漁業よりも厳しいんじゃないのかな。

d0032222_2332237.jpg

やっとこさ峠道のクネクネから解放されたところで、「陰陽石」の看板を発見。
ちょっと寄ってみました。
観光客は、日曜日の割に少なめ。
まぁね、家族みんなで見れるような場所ではないかも。。。

d0032222_23373057.jpg


えびの市で遅い昼食のラーメンを食べ、えびのICから一気に熊本まで帰りました。

d0032222_23383218.jpg

本日の走行は355キロ。燃費は21.3km/ℓでした。
運転が大変だった割に距離は伸びず、燃費は案外よかったようです。

これはカーナビが表示した走行軌跡の一部です。
こんな道路もいつかは整備されて、トンネルや橋梁が作られ、快適な国道に変わっていくのでしょうかねー。


d0032222_0205669.jpg

そうそう、陰陽石の公園駐車場で仮面サイダーを発見!
前回、佐賀で見つけたものの、買わなかったので、今回はお土産に一つ買いました。
どんな味がするのか、楽しみです。
Commented by 884 at 2012-10-15 22:24 x
またまたお邪魔します。椎葉村また遠いですね。御船町からのルートでは旧矢部町→旧清和町→旧蘇陽町の馬見原(まみはら)で宮崎県の五ヶ瀬町経由ですね。国見トンネルも通過したんじゃないでしょうか?私の出身地の旧蘇陽町を通過してるのもうれしいです。まあ蘇陽が知られてないのが寂しいとこですが。バイクも寒く感じる季節になってきますね。バイクも体もメンテナンスが大事ですよね?また気をつけておいでください。
Commented by tama_photo at 2012-10-16 12:16
蘇陽町はいいところですね。そよ風パークやオートキャンプ場があって、いつか泊まろうと思っているうちに子どもが大きくなって、とうとう実現できていません。
「九州のヘソ」という宣伝文句が効いて、私の中では蘇陽町は大きな存在です。
国見トンネル、通りました。周囲より空気が一段と冷たくて、走っていて寒かったです。
Commented by 884 at 2012-10-16 17:29 x
おぉ!!九州のへそのフレーズが出るとは思いませんでした。すごくうれしいです。私が大好きな蘇陽の事をこんなにも知ってらっしゃると思わずすいませんでした。きっと出掛ける先々で色んな思い出があるんでしょうが、蘇陽もそんな感じだと嬉しいですね。ありがとうございました。またおいでになって下さい。
Commented by tama_photo at 2012-10-16 20:50
その昔、友人の彼女が蘇陽町出身でして、えらく美人だったのでその影響も大きいと思います。(^^;
Commented by 884 at 2012-10-17 21:01 x
そうだったんですね。でもそういう思い出っていいですね。思わず笑ってしまいました。笑
Commented by tama_photo at 2012-10-17 22:25
蘇陽=美人の多い町
Commented by テンジン at 2012-10-18 14:42 x
ちょっとだけコメント
腰の具合はどうですだ?
先日自転車散歩中「仮面サイダー」発見
隣にある「亀」を飲みました
オレンジ味のファンタもどきでした
Commented by tama_photo at 2012-10-18 20:18
ご心配いただき、ありがとうございます。
少しずつ良くなっていますが、そのスピードが遅いので、今日は薬局で3千円くらいの「骨盤ベルト」を買ってきました。巻いていると幾分楽です。
上体を前傾させるような動作ができないくらいで、痛みで眠れないようなこともなく、普通に生活しています。
仮面サイダーは、トラを再生したトラヴィスサイクルズのすぐ近くにもありました。
by tama_photo | 2012-10-14 23:59 | ハーレー | Comments(8)