湯前町へ行くのだ

水曜日に代休をもらったので、独りでツーリング。
まぁ、水曜日に「行こうぜいっ!」と誘っても、だれもついてくるわけないし、ハナからあきらめて一人行くことに。
天気は良かったものの、気温が低いので電熱グローブの今季初登場です。
d0032222_0212269.jpg
体内(?)の配線に手間取って、出発が11時になってしまいました。大丈夫かいな。
行先は球磨郡湯前町(ゆのまえまち)です。
行きは下道。旧東陽村から五木村へ、県道25号を通るのですが、旧中央町の「日本一の石段(3000段)」のそばを通って行こうとしたのがそもそもの間違いでした。えらく遠回りになるのです。
おまけに道を間違えて氷川ダムのほうへ回ってしまいました。
Nikon D40x 18-200mm
d0032222_0123849.jpg
ですが、こういう景色を見られたので、よしとしましょう。紅葉も残っていました。
d0032222_0134658.jpg
五木村の道の駅でココアを飲んで腹を温め、トイレ休憩。さすがにバイクは1台も見ませんでした。
ここで次の目的地「湯前まんが美術館」をナビに入力。案内に従って川辺川沿いに国道445号を南下。
途中から県道48号に入り、あさぎり町からは国道219号です。
湯前まんが美術館に到着。
d0032222_0202054.jpg
変わった建物です。この形に何の意味があるんだろうとしばらく考えて分かりました。

d0032222_0234138.jpg
これですよ。
人吉地方の郷土玩具「きじ馬」です。木工職人の木地師たちが作り始めたので、そこから「きじ馬」という名前になったとか。
鳥のキジに似ていないこともないかな?
手のひらに乗るような小さなものから、それこそ馬のように、子どもが乗って遊べるようなデカいやつまであります。
人吉のお土産にぜひどうぞ。

まんが美術館では「クッキングパパ原画展」が開催中でした。
館内は撮影禁止なので写真はありません。
d0032222_0433454.jpg
しかし、漫画といえども原画はやっぱりスゴイですね。単行本はB6くらいのサイズですが、原画はB4ほどあります。そして、修正した跡があり、吹き出しにはひとつずつセリフが切り貼りされていて、描いた人たちの気持ちまで伝わってきそうです。
この漫画、クッキングパパはあまり読んだことがないのですが、原画を見ていると読もうという気になってしまいます。
館内には、クッキングパパの単行本全巻が置いてありました。館内で読むのは自由です。私は第1巻を半分ほど読みました。

次は昼食です。
スマホで温泉センター湯楽里(ゆらり)にレストランがあることが分かったので、そちらへ向かいます。まんが美術館から3キロほどです。
はい、着きました。
d0032222_0385123.jpg
写真をクリックして拡大表示するとよく分かりますが、向かって左側に石塀のようなものが見えます。
湯前町には、古い石の蔵が多く残っています。これはたぶん、町の象徴である石蔵をモチーフにしたものでしょう。
今回のツーリングでは、その石蔵を撮ることも考えていたのに、出発が遅かったのであきらめました。
またいつかリベンジしようと思います。

d0032222_0394113.jpg
昼食は潮箱膳(うしおはこぜん)840円を注文。
カロリー控えめで、いろんな料理が少しずつ味わえます―という説明でした。
寒かったから、もっとガッツリでもよかったんですけどね~。
さすがにご飯が少なくて「物足りない」というのが正直な感想です。
それに、入浴客はけっこういたようですが、30席ほどもある広いレストランに、私一人だけというのはちょっと寂しかったですよ。3時過ぎてたから、当たり前?
iPhone 4S


湯楽里から見た人吉盆地。平坦な土地がずーっと広がります。
d0032222_0533790.jpg

売店でお土産に「豆腐の味噌漬け」と、人吉球磨地方でとれた利平栗を使った「利平ようかん」を買いました。
羊羹は1,500円と、ちょっと高いですが絶品でした。あんこをまったく使っていない、利平栗と砂糖だけで練り上げてあるとのことで、オススメします。
帰りは人吉ICから高速で松橋ICまで。「もう着いちゃった」と思えるほど飛ばして帰りました。
例によって、赤が往路、青が復路です。走行は240キロ。19.7km/ℓでした。
d0032222_211231.jpg

Commented by クウちゃんパパ at 2012-11-30 06:41 x
湯前町の魚八ですか?
大学の後輩の実家なんですよ。今後とも行ってやってください。
Commented by tama_photo at 2012-11-30 12:38
湯楽里(ゆらり)という温泉センター内のレストランでしたが、魚八さんが入っているのでしょうか。
十年ほど前に写真部で旅行したときは春爛漫で、市房ダムでちょうど花火大会があって最高でした。暖かいときに行きたいですね。
Commented by とく at 2012-11-30 16:54 x
湯前ですね、懐かしいな~。
30年くらい前、JR湯前線だったかな?、市房山登山で行きました。
季節は11月中旬頃、登山口の避難小屋みたいなところに泊って、翌朝登頂しました。
メインの食事は、EPIのガスコンロでインスタントラーメンです。
あと、行動食として出発の時に買ったパンとクッキーがありました。

若かったから、こんな食事でも空腹さえ感じなければ十分動けましたね。
Commented by naka at 2012-11-30 19:43 x
こんばんは。

憂鬱な金沢から一言。
曇りながら路面が乾いているのが羨ましいです!
Commented by tama_photo at 2012-12-01 01:37
とくさん、湯前線の終着駅がここ、湯前駅ですね。
まんが美術館は湯前駅から徒歩1分のところにありました。
市房山に登った経験はありませんが、市房杉を見に行ったことはあります。市房杉もすごいけど、頂上に登ればまた格別なのでしょうね、きっと。
Commented by tama_photo at 2012-12-01 01:42
nakaさん
天気予報を見ていたら、日本海側は広い範囲で雪のマークが出ていました。
「ああ、もう乗れないだろうな」と、まずはライダーのことが気になります。
私は土日月と珍しく3連休で、土曜日だけ天気がよさそうです。寒いけど贅沢言ってないで、どこかへ行かなければとあせっています。
by tama_photo | 2012-11-30 00:58 | ハーレー | Comments(6)