リベンジ 万田坑

昨年末、フラッと立ち寄った万田坑。年が明けて今回はα77を携え、バイクで行ってきました。
d0032222_1904186.jpg
天気予報は曇りだったのに、とんでもない好天に恵まれました。
予報もいいほうへ外れると、あまり腹が立たないのは不思議です。だからといって、ハズレていいわけはありません。
まさに、抜けるような青空。
d0032222_192461.jpg
万田坑ステーションで入場券を買うと、ボランティアガイドがつくので12時までお待ちくださいとのこと。
資料室に入って待ちました。
このジオラマで見ると、赤い線で囲んだあたりが今も施設が残り、見学できる部分です。
右側の大きいやぐらは第1立坑で、これは閉山後に分解され、北海道の芦別炭鉱で再び使われたそうです。
芦別へ行けば見られるかもしれません。
4本の煙突のうち、左側2本の赤レンガは跡形もなく、コンクリート製の2本の基礎部分がかろうじて残っています。
d0032222_1983297.jpg
ガイドさんから1時間にわたって、ていねいに説明してもらいました。
圧巻は立坑やぐらに隣接するレンガ棟。
24人乗りのゴンドラを昇降するウインチと、掘削の資材を上げ下ろしするウインチの2台が座っていました。
これは資材用のウインチ。
ドラムの直径は小さいけれど(人間用のは倍くらい大きい)、ワイヤー径は荷重の関係で人用よりも太くなっています。
一緒に写っているのがボランティアガイドのおじさん。
d0032222_19134735.jpg
手前は石炭を運ぶトロッコ。奥の背の高いのが人間用のゴンドラです。24人が立ったままこれに乗り込んだそうな。
d0032222_19144912.jpg
これはゴンドラを吊っていた金具。金網フェンスに囲まれた四角い穴(坑口)から地下270メートルへ下ろしていたとのこと。
この第2立坑は、作業員と掘削機材の上げ下ろし、排水、通風に使い、石炭は第1立坑からのみ運び出していたそうです。
坑口は土で完全に埋めてありました。
d0032222_1930791.jpg
ミーティングに使われていた建物。
d0032222_19165855.jpg

こちらは修理工場。主に鉄製の機械や道具を修理していたそうで、グラインダーや旋盤、鍛冶の道具までそろっていました。ジオラマでは左端に見えています。
ご苦労さんの文字に「いいね」をあげよう。
d0032222_1918313.jpg
歴史の重みが静かに伝わってきます。
d0032222_1921322.jpg
外側をぐるっと散策。
d0032222_19225242.jpg
おぉぉ、写欲が出てきたかも。半日くらいかけて、じっくり撮ってみたくなりました。
d0032222_19401253.jpg
レンズはDT 16-50ミリf2.8SSMです。Aマウントはまだこれ1本しかありません。
ファインダーから覗くと、左右と上下の水準器が表示されるので、こういった建物の写真では、傾きのない、アオリのないスクエアな画像が撮れて重宝します。
ただ、電子ビューファインダーは実物よりも色鮮やかに映し出すようです。
それと、バッテリーの消耗が早いですね。GPS機能がついているからかもしれませんが、1~2個の予備バッテリーは必要でしょう。

荒尾ラーメンと新玉名駅

見学と撮影を終わったときはすでに1時半を回っていて、かなりおなかが空いていました。
にもかかわらず大牟田のコーヒーショップ・こおひいやに寄って、濃い目のブレンドをいただき、それからmanmaruboobooさんオススメのラーメン店に。
ここは安かバイ! ラーメン単品398円。大盛りはプラス55円。
ラーメンにギョーザ5コがついたラーメンセット598円を頼みました。価格コムに載せたいくらいの値段です。
ところが、出てきたのはコレ。ごはんまで付いてました。(|||ノ`□´)ノオオオォォォー
おかげで晩ごはん、入らず。 iPhone4S
d0032222_19582966.jpg
価格を感じさせない味でした。高校生が多かったのも納得。

帰り道、新玉名駅に寄ってみましたよ。
d0032222_202837.jpg
160円の入場券で構内に入り、通過する新幹線を激写。
こんなときは秒12コマの連写が頼りになります。シャッター速度優先モードにしてシャ速は1/250秒。AFはコンティニュアス(連続)AFです。
で、チャチャチャチャチャッと撮った内の1枚がこれです。
d0032222_2052791.jpg
次は、これまた初の「動画」を撮ってみました。フルハイビジョンの動画が撮れますが、アップの仕方が分からないので、YouTubeにアップしたやつを・・・。
これはつばめですね。あまり速くありませんが・・・。

うひゃひゃー(=∩ω∩=)、右へのパンが遅れそうになって、あわててカメラを回しているのが分かります。

おまけ

スピード感のある動画が出てきたので、マン島TTの動画をアップしたのですが、いつの間にか削除されたようです。
なので、残念ながらおまけはありません。
と思ったら、また見つけ出したので貼り付けておきます。何度見てもすごいな。



われわれ中高年ライダーは「安全第一」です。
Commented by at 2013-01-14 17:45 x
こんにちは
万田坑 跡は入れるのですね
行ってみたいです
映画のロケで使っていますね
Commented by tama_photo at 2013-01-14 21:22
栃さん、こんばんは。
こちらのブログではお初ですかね?違っていたらすみません。
廃坑になって荒尾市が譲り受けて、ずいぶん長い間放置されていたそうです。
産業遺産ですから、錆びて朽ち果てていってもそれなりの味わいは出てくると思いますが、整備すべきところは整備して、後世へつなげてもらいたいものです。
ロケでの使用は知りませんでした。
by tama_photo | 2013-01-13 20:33 | カメラ・写真 | Comments(2)