お宝(改め)持ち腐れ-その1

梅雨が本格化してくるとツーリングにも行けず、ネタがないので、在庫カメラを紹介してこの場をしのぎましょう。
栄えある1発目は、トプコン・スーパーDMです。東京光学製一眼レフのトップモデルですね。
トプコンにはOEMの「ベセラー」ブランドもあります。中身は同じカメラでも、ベセラーになると少しお安いようです。
EOS 5D-II APO-MACRO-ELMARIT 100mm/2.8
d0032222_022467.jpg

ペンタプリズムのデコっぱち(古い!)が特徴。
全体的に直線基調でゴツい印象です。昔のカメラですから、直線は当然といえば当然。

d0032222_0245942.jpg

TTLの測光もついています。補正は必要ですが、ネガだとなんとか使いものになります・・・と思います。だって最近使ってないから分からないんだも~ん。
このシリーズ、続きそう・・・。( ̄ω ̄)

追記:黒頭巾

トプコンといえば、このレンズフードを語らないわけにはいきません。
通称「黒頭巾」。トプコール2.5cm/3.5専用のフードです。

d0032222_105191.jpg

d0032222_112220.jpg
この専用フードのためか、フィルターは普通のレンズとは反対側、カメラ内部のほうに装着します。
こんなに小さいのに、いっちょまえのバヨネット式になっています。
レンズは一風変わったエキザクタマウントです。東ドイツのカメラ、エキザクタと共通。
2.5センチは昔の感覚でいくと、超広角レンズの部類に入るでしょう。被写界震度が深いから事実上は問題ないかもしれませんが、ファインダーを覗くとf3.5の暗さが気になります。
とはいえ、昔のカメラは至るところがユニークですね。
Commented by kiyomako at 2013-06-06 01:10 x
いろいろなメーカーがあったんですね
カクカク型が面白いな~ 
お宝持ち腐れますよね・・・
Commented by tama_photo at 2013-06-06 02:22
東京光学は今もあると思います。カメラからは手を引きましたけど。
ホースマンという蛇腹式の中判・大判もありますよ。
腐らないようケースに防カビ剤入れてます。\(=。。=)
by tama_photo | 2013-06-02 00:29 | カメラ・写真 | Comments(2)