お宝(改め)持ち腐れ-その15 ~これにておしまい~

これで本当の最後です。たぶん。\(-。。-#
どうでもいいようなコンパクトカメラは残っていますが、フィルムカメラ・国産でくくると、もう残りはありません。
防湿庫から新顔が発掘されれば別ですが、このシリーズ、これでおしまいにします。
では1枚目。ウルトラC級に難しい写真から・・・。    SONY α77 DT16-50/2.8 SSM

d0032222_2225513.jpg

うひゃひゃ~、これは分からんでしょう。
シカゴのカメラ屋のシールが貼ってあります。ってことは帰国子女?
シャッターは縦走りの金属幕です。

2枚目です。

d0032222_2230945.jpg

知ってる人は知っている。この特殊なマウント形状は「エキザクタマウント」といいます。
ミラーに奇妙なパターンが印刷されているのが分かりますか?
TTLの測光機能が内蔵されています。
この先代モデルに世界初のTTL開放測光が搭載されました。

して、その名は・・・ベセラートプコンD-1です。by 東京光学。

d0032222_2247620.jpg

「ベセラー」は代理店の名前で、輸出用にはその名を冠して売られたそうです。
だからシカゴのカメラ店のシールが貼られていたのでしょう。はたしてこのD-1は、何年ぶりに里帰りしたのでしょうか。
二重国籍のカメラですね。

d0032222_22484698.jpg

このD-1、国内ではトプコンRE-2という名前で発売されました。
ボディ前面にシャッター速度とASA感度の調整ノブがあります。ASAです。ISOぢゃないよ。
電源スイッチを入れてみたら、半絞りくらいの誤差でちゃんと測光してくれたのにはビックリ。。。

d0032222_2254699.jpg

このレンズがまたいいらしいデス。REオートトプコール 5.8cm/1.4。
「らしい」というのは、ろくに使ったことがないからです。(^^;

d0032222_22565637.jpg

エキザクタマウントと言いましたが、このレンズは測光関係のレバーやらなにやらがついて、正しくはREマウントといいます。
旧エキザクタマウントとは互換性がなく、無理にはめると取外しできなくなることがありますのでご用心(なにか経験者みたいだニャー・・・)。

バラバラ事件

このD-1は、既出のトプコンスーパーDMを落札したとき、オマケでもらったものです。ただし、バラバラの状態で・・・。
出品者が自分で修理しようと分解したものの、組み立てできなくなり「足りない部品があるかもしれないけど、いるならどうぞ」とタダでもらいました。( ̄ω ̄)
スーパーDMも調子がイマイチだったので、なじみのカメラ修理店に持ち込み、そのついでにD-1も組み立ててもらったのです。たしか、組み立て代もタダでした。(^^;
だからね、愛着がまったくわかないんですヨ。欲しかったカメラでもないし、身銭を切ったわけでもないし、この気持ち、分かるでしょう?
よって、フィルムを通したことは・・・ありません。

ウ~ム、最後を飾るにふさわしいどうでもいいおカメラさまでした。オシマイ m(_ _)m
Commented by salgadou at 2013-06-29 11:49
BeselerってBest Sellerをもじったものかと ふと思ってみたりもして...
Commented by tama_photo at 2013-06-29 13:00
このメーカー、引き伸ばし機などのプロ用写真機材を今も販売しているみたいですね。
でも作りが大ざっぱなためクレームが多く、輸入総代理店だった銀一が手を引いた・・・とか、そんな情報がありました。
by tama_photo | 2013-06-25 23:15 | カメラ・写真 | Comments(2)