LE8T 恐るべし

JBLのLE8Tは1962年に発売された20センチフルレンジのスピーカーユニットです。
輸入総代理店だったサンスイは1966年、自社のバスレフ箱にこのLE8Tを入れて「SP-LE8T」として売り出しました。

このSP-LE8Tはエッジがゴムでできた「ランサロイエッジ」ですから、初期型になります。1970年くらいか、いずれにしても40年以上前のスピーカーですね。
古いスピーカーには真空管アンプがよかろうと、ずっと自作管球アンプで鳴らしていましたが、このアンプがあまり調子よくないため、マランツのDA04に受け持たせたのでした。
DA04は「デジタルアンプ」で、ガラが小さい割に出力が大きく、消費電力も少ないという、アンプ界のプリウスみたいなやつです。
ずっとBTL接続にして300Wx2chで聴いていたのですが、高域がトゲトゲしくて聴き疲れする音でした。
ある日私は、とある掲示板で「ノーマル接続の150Wx2chが音がいい」というカキコを発見。
他人の意見を気にする私は、さっそくそのようにしてみました。
すると、あらま、なんということでしょう。
音がすっかりきれいになって、まるで別のアンプで聴いているみたいでした。
α77 DT18-50/2.8 SSM

d0032222_2245463.jpg




プリアンプをP200から38SLにすると、LE8Tの音はますます冴えわたりました。
DA04の入力感度を-0dB(フルボリューム)にすると「シー」というノイズが乗っていたのに、それも消えてしまいました。
SL38マジック。不思議ですね~。

SP-LE8Tでジャズを聴いていると、低域も高域もそんなに出ていないのに、なんだかとても気持ちよくてウットリします。
N801ではなかったことです。
SP-LE8Tの実力を見直しました。そして、38SLの力も。
プリアンプはコントロールアンプとも言いますが、38SLはまさにパワーアンプを統率・制御する「コントロールアンプ」だと。

d0032222_22495076.jpg

そろそろ売り払おうかと思っていたSP-LE8T。
案外、主役の座をN801から奪ってしまうかもしれません。
Commented by テンジン at 2013-10-11 20:19 x
なんか同時期にアンプによるチューンで音が変わるということを体験していますね
あちらにも書きましたが疲れたプリメインを引退させられるアンプの物色をしていたらプリ無しの良い音を出すパワーアンプがいろんな所から売り出されていることに気づきました
エルサウンドのたかだか10wのアナログパワーアンプがあんな良い音でL100を鳴らしてくれるなんて想像もしませんでした
D130の大音量で不満がでなかったら速買ったでしょう
再来週手に入る安価だけれども優秀らしい中国製デジアンプでちょっと遊んでから次の方向を決めようと思っています
楽しいなぁ お互いにね
Commented by tama_photo at 2013-10-12 21:58
ああでもない、こうでもないと、試行錯誤している時が一番楽しいのかもしれません。
その点、Y神父さん「動かざること山の如し」ですね。もう悟りの境地なのでしょうか。あっ、サトリアンプはどうでしょうか。(^^;
by tama_photo | 2013-10-10 23:18 | Music & Audio | Comments(2)