トラ車検 2回目

トライアンフの車検を受けてきました。再生後、2回目です。
2011年1月から本格的に乗り始めたので、もう2年10ヶ月走ったことになります。早いものです。
昨晩、ヘッドライトの光軸を調整して(ほとんど狂ってなかったけど)、バッテリーの充電に一晩かけました。
リヤシートに必要書類をくくりつけて、やってきました陸運支局。(^^;      iPhone 4S

d0032222_18304357.jpg




こうやってバインダーにはさんでいくと、検査官も書類への書き込みや押印がしやすくなります。

d0032222_18322292.jpg

こういうちょっとした気配りは大事ですよ。
私がもし検査官だったら、こんな気の利いた人のユーザー車検は少々難があっても合格させてあげたくなりますもん。\(-。。-#

例によって、取って付けたようなリフレクターを取って付けます。 トラヴィスより借用。

d0032222_1834567.jpg

書類一式を70円で購入し、印紙・証紙を張って受付に出します。印鑑はいりませんでした。
検査場へ行くと、先客が2台。少ないですね。1日4回のうちの第4クールだからでしょうか。
カワサキW1-SAとBMW R100サイドカーつきのじいさんがいました。サイドカーじいさんは整備を熱心にやり過ぎて、車検が切れてしまったと言っていました。だから仮ナンバーです。

d0032222_18414021.jpg

トラは車検の有効期間が11月1日までなので、今日も入れてあと4日の余裕がありました。
検査官が若かったので、いろんな規制の開始年が分からないようでした。
W1-SAはシフトパターンの表示義務があるかないかで10分くらいストップしていました。結果的に、表示義務はないということで合格できたようです。

d0032222_18462121.jpg

サイドカーじいさんはこの後、4輪コースへ移動しました。側車があると2輪コースには入れません。
私のトラはテールランプでちょっとしたトラブル発生。
ヘッドライトを点けてもテールが光らないのです。コンコンと叩いたら点くようになりましたけど、ちょっとあせりました。
ここでバインダーが効いたのか、「あとで点検しておきます」と言ったらお咎めナシでした。
でも、フロントブレーキにブレーキランプのスイッチが無いこと、ハンドルロックが義務ではないことなど、ひともんちゃくありまして、やっぱり若い検査官は時間がかかります。
しかし、コースに入ったら全部1回でパスできました。じつは今年はこれが3回目のユーザー車検で、1回目のハーレーは風防を付け直して大変だったし、2回目のアウディはスピードメーターの検査を失敗して3回目でやっと合格しました。
だから今日の一発合格はうれしかったです。

d0032222_18575834.jpg

書類一式      70円
重量税     5,000円
登録印紙     400円
審査証紙    1,300円
自賠責保険 13,640円
合計      20,410円
by tama_photo | 2013-10-28 19:07 | トライアンフ | Comments(0)