アラジンの冬 弐

今年も寒くなりました。
ステレオを置いている部屋(うちでは「ギャラリー」と呼んでますが・・・)の暖房は、真空管かアラジンの石油ストーブです。
40年以上前に父が不燃物ゴミの中から拾ってきて、しばらく使って20数年ほったらかし。1年前に再々生したことはこのブログでお知らせしたとおりです。
再々生後、2シーズン目の冬になりました。      EOS 5D-II EF40mm/2.8 STM

d0032222_16404626.jpg




推測ですが、このアラジンは50年以上昔の製品だと思います。
50年経った今でも、新しい芯やのぞき窓の雲母板が手に入ることに驚きます。
機能的にも、何の問題もありません。数年前の石油ファンヒーターより臭くないかもよ。(^^;
火力調整ノブなんか、スレてしまって地の金属が出ています。   APO-MACRO-ELMARIT 100mm/2.8

d0032222_1647254.jpg

アラジンブルーフレームヒーター。この青い炎に癒されます。

d0032222_16481892.jpg

Commented by haya at 2013-12-11 06:50 x
アラジンのストーブ、いいですよね~
魅惑的な青い炎。
欲しい!
Commented by tama_photo at 2013-12-11 16:25
よっぽど古いものでなければ、オークションで安く手に入るみたいですよ。
これ、出したらいくらの値がつくやら・・・。
by tama_photo | 2013-12-09 16:50 | others | Comments(2)