MY 写真塾 改め 写真寺子屋

某ブログで、広角レンズのゆがみに苦労してらっしゃる方がいたので、私なりの解決方法を考えてみました。
「ゆがみ」というのは、下から上へあおるように撮った場合、先端が細くなるというものです。
これは広角になればなるほど、レンズの焦点距離が短いほど、顕著に表れます。
フィルムカメラ換算で24ミリの画角をもつリコーGX200を使い、まずは仰ぐようにルーターを撮ってみました。

d0032222_1750048.jpg

ルーターをビルだと思ってくださいな。青い空をたくさん入れると、ビルが先細りになっちまいます。
これがイヤだとおっしゃる。



その1 水平に構えて撮る

では、カメラを前後水平にして撮ってみます。同じ距離からだとビルの頭が切れるので、カメラをタテに構えました。
これはちょいと下を向きすぎましたね。(^^;
頭でっかちなビルになってしまいました。ご容赦を。

d0032222_1753719.jpg

ビルの先細り感はなくなりました。しかしこれでは撮りたくない地面が大きく入ってしまいます。
そこで下をトリミング。

d0032222_17542763.jpg

どうですか?
ゆがみのない画像になりました。
空をもっとたくさん入れたいのであれば、ビルからもっと離れて撮るか、さらにワイドなレンズで撮るかでしょう。

その2 画像を変形させる

フォトショップのような画像処理ソフトがあれば、撮った写真を変形させることができます。
これはフォトショップCSで《変形》→《ゆがみ》の修正をしているところです。
上を広げ、下を狭めています。

d0032222_1885840.jpg

画質はたぶん落ちると思いますが、一目で分かるほどひどくはありません。
完成。

d0032222_18113224.jpg

空と地面の関係が変わらずに、ゆがみが補正できました。
あとはトリミングでタテヨコ比を整えればいいと思います。

その3 シフトレンズで撮る

もうひとつの方法として、シフトレンズを使うという手もあります。
こんなレンズです。

d0032222_18272836.jpg

レンズにつまみがついていて、これを回すと鏡胴が水平移動してゆがみを補正してくれるのです。
ビルの先細りを補正するには、このように鏡胴を上にシフトします。
だけどこうすると、ビルの高さが低く写ってしまうんですよ。そこが難点。
だから補正するんじゃなくて、逆に強調するためにシフトさせていましたね。(^^;
デジタルになって画像処理が簡単になってきたので、このレンズは最近ほとんど出番がありません。
以上、おわります。
Commented by 2nd_range_rover at 2014-02-10 19:00
こんばんは

造詣の深さにびっくり致しました。
音楽に車、カメラと男の趣味の
ほとんどを網羅されていますね(^o^)

実は自分の写真も
http://rangelover.exblog.jp/21279659/
の1枚目なのですが、車が隅に引っ張られていた
ので、修正致しました。
自分は素人でも簡単に出来るLightroomで
やってます。
Commented by tama_photo at 2014-02-10 19:56
言われてみれば確かに、レンジローバーの姿が端正に表現されていますね。
深さはありません。なにごとも「浅く広く」がモットーです。
ふだん撮りの写真をこのように修整することは、まずありません。せいぜい色調補正くらいで、アンシャープマスクを少しかけるくらいです。ノートリミングが一番だと思って撮る際にアングルを考えています。
ことしの課題はRAW現像。写真は奥が深くて面白いですね。
Commented by ツーチー at 2014-02-10 20:33 x
こんばんは ^^
悩みの君です。(笑)
とても判りやすいご説明ですね ^^
私は垂直角度とゆがみとの相関は頭になかったものですから、
とても参考になりました ^^
それにフォトショップも持ってませんので、導入してみることにします。
ありがとうございました ^^
Commented by tama_photo at 2014-02-10 20:56
お分かりいただけたでしょうか。いろいろとお試しください。
人生の先細りはイヤですが、写真は気にせず、ガンガン細くしてます。(^^;
Commented by Rifle at 2014-02-10 22:20 x
以前はアオリの使えるカメラ(大判とか)でなければ出来なかった事が、今ではデジタルで賄えるようになりましたね。
拙者はデジタルでは作品を撮らないので、アオるなら大判の出番。でも、撮影が大変...。
Commented by tama_photo at 2014-02-10 23:21
銀塩はごまかしがきかないから、本当に潔い男の道具ですよ。
一時期4×5を使いました。ほとんど風景だったので、アオッたことは1度か2度か、記憶にすらない程度です。シフトとかティルトとかライズとか、アオリ方で呼び名も違っていたと思いますが、もう忘れました。(^^;
ブツ撮りで被写界深度以上にピントを合わせたり、風景写真で山を高く見せたりできたかと思います。
大判の撮影はマジで助手がほしくなりますね。
ところでRifleさん、私のコメント見えてますか?Rifleさんのブログ記事に3度4度、書き込んだんですけど、ハンドルネーム「たま」だからはじかれちゃったのかも。。。
by tama_photo | 2014-02-10 18:27 | カメラ・写真 | Comments(6)