半年ぶりのT2G

テキサスから半年ぶりにプリアンプが戻ってきました。\(゚∀゚)/
発送したのが10月18日ですから、ちょうど6ヶ月かかったわけです。やっぱりテキサスは遠い・・・。
デカい段ボール箱です。ちょっと破れてます。
外国人は取り扱いが荒っぽいからなー。
FRAGILE(こわれもの)って書いてあるだろーが、てめー!\(-。。-# ダレニイウトンジャ           PEN E-P3 17mm/2.8

d0032222_21102869.jpg




緩衝材がぎっしり詰めてありました。
うーん、なんかこんなお菓子、なかったっけ?

d0032222_21143542.jpg

この中から掘り出した箱にT2G、本体が入っていました。

d0032222_21153164.jpg

その下にまた箱が埋まっていて、こちらにはパワーサプライが入っていました。

d0032222_21161256.jpg

リモコンのほかにもうひとつ小さい箱がありました。
おっ、なにかサービス品でもつけてくれたか? と思って開けてみたら

d0032222_2150408.jpg

交換した部品でした。絵柄からたぶんダイオード。
4個入っていて、FRH20A15が2個、あとはFCH20A15とCH20A15でした。
こんなの送らなくていいのに。


一刻も早く聴きたいので、とりあえず接続。
ウォームアップもなしでCDを鳴らしてみると・・・

d0032222_21293654.jpg

あっ、ぜんぜん違う。
低音が図太い。音全体が骨太で、ゴリゴリした感じです。
クセのある音ではあるけれど、パンチの効いたジャズを聴きたい人にはうってつけでしょう。
このアンプもレビンソンと同じく主電源入れっぱなので、数日間置いて聴いてみれば、また印象がコロッと変わるかもしれません。

単純に「音質」だけで比べたらレビンソンが上手(うわて)です。どこまでもクール。反面、冷たいとも取れます。
スレッショルドは熱血漢。
どっちがいいんだろうなー。

税金?

ところで、受け取るときに宅配業者へ4千円を支払いました。
送料だと思って、何の疑いもなく支払ったのですが、まてよ?
送料は修理代の中に含まれていました。
何の4千円なのか疑問に思い、箱に貼り付けてあった書類を見たら
それはなんと、税金でした。

輸入者がワタシ。
輸入取引者がスレッショルド。
代理人がUPSジャパン。
申告価格が52,370円。(どこからその金額が出てくるんだ?)
それに6.3%の消費税3,200円と、地方消費税800円がかかって、4千円だそうです。
修理のために亜米利加へ送って、修理できたから送り返してもらっただけなのに、なんでそこに消費税が発生するんでしょうね。どなたか詳しい方、教えてください。

d0032222_21583620.jpg

修理代は842.20$。配送手数料が477$(高い!)
合計1319.20$=139,150円でした。

T2G → 真空管パワーアンプ → LE-8T
38SL → ローテルパワーアンプ → N801
というふうにつなげば、ケーブルををつなぎ替えることなく2台のプリアンプが楽しめます。
ただし、CDからの出力はXLR1系統、RCA1系統。
接続ケーブルの手持ちがなかったため、今のところスレッショルドはアナログをLE-8Tで聴く専用、レビンソンはCDをN801で聴く専用になっています。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
Commented by BMW-GS at 2014-04-18 18:34
こんにちは

何度見ても素晴らしい機器類ですね。
やはり外国製は海を越えて修理に出すと
それなりにかかりますね~(-。-;)

自分も昔憧れていたマイクロメガのCD
プレイヤー買い増した!
中古ですよ・・・
(だいぶ聴きこんだけどマランツのまま
 で良かったみたいです)
Commented by tama_photo at 2014-04-18 19:26
なんだかなー、BMW-GSさんと同じ道を歩いてますね。
マイクロメガはDAコンバーターを使いました。トランスポートはCECのベルトドライブで。
その前がマランツのCDPだったんです。経年変化でピックアップが衰えたのでCECに替えました。
アナログはガラリと音が変わりますが、デジタル系は投資額の割に変化ないッス。
BMW-GSさんもアナログ、どうです?
by tama_photo | 2014-04-17 22:02 | Music & Audio | Comments(2)