iPodミュージック

音のいいXLRケーブルを探していて、面白いHPにたどり着きました。
その中の一文です。(要旨)

CDプレーヤーは、読み取り部分、その回路、次にケーブルを通過、デジタル信号の処理のプロセス、オーバーサンプリングして、さらに基板を通過、そして、チップに入ってDA変換して、アナログにして、音になります。
ただの一カ所も、コンピューターがしているようなデジタル信号の照合作業と訂正作業、すなわち、「エラー訂正」処理は、なされていません。
上記の複雑なプロセスと、通過ケーブル類、基板類、通過チップの中で、どれだけのデジタル信号が死んでいるのでしょう。私は40%から、ひどいものですと、60%が死んでいると、「音から」断定しています。
さて、CDプレーヤー部分で、50%が消えるとします。そして、DAコンバーターを使った場合、ケーブルの品質が悪ければ、40%消えるとします。残っているデジタル信号は、それぞれ50%と60%です。0.5×0.6=0.3です。たったの30%の情報量に過ぎません。
それがコンピューターであれば、1万文字のうち、7千文字が消え去ってしまうのですから、事態は深刻です。そのようなコンピューターは、はじめから存在もできませんし、販売もできません。
いずれにせよ、16ビット、44.1キロヘルツの音を聞いているつもりが、実際には、16ビット、13キロヘルツの音しか聞いていないことになります。
これではアナログレコードに、CDプレーヤーの音が、いまだ負け続けているのは当然です。昔のアナログレコードのほうが音が良いのは当たり前のことです。


そして

バランス端子からの音で、焦点が全く合わせられないという現象が、同一メーカーの、さらに高額な(70万円)CDプレーヤーで、別の かたにも起きていました。またしてもRCA端子から音を取ってくださいと、同様のアドバイスを必要としました。これではきりがありません。当事者だけには 分かるようにしておきます。社名、正式名称の公開まではできませんが、カタカナで〇〇〇〇ッ〇というブランド名です。ご自分でお使いのかたは文字数で分か るでしょう。その場合、「音の焦点合わせ」という価値観に限っての事ではありますが、バランス出力はゴミです。捨ててください。必ずRCA端子から、音を 取ってください。ただし、そのバランス出力からの、ゆがんだ音が好きなのであれば、それはそれでいいでしょう。

とエソテリックのCDPをコケにして

iPodの濃密な音には、たとえそれが300万円のCDプレーヤーでも、500万円のCDプレーヤーでも、到底かなうはずがないのです。
往年の、アナログLPの初期盤のレベルの音というものが、いかなるものか、これにて、思い知ってください。
誰から借りられてもいいです。どこでも実験できます。ただし、ケーブルには気を付けて下さい。アップルの扱うその手のアナログケーブルは、お世辞にも良いものであるとは言えません。これは仕方がありません。アップルはデジタルのプロです。アナログのプロではありません。
ただ、どのようなケーブルを使っても、音の異常なまでの濃密さは、誰にでも分かることと思います。パソコン屋で売っている200円程度のケーブルで、まずは試されるといいでしょう。

これは・・・、
音を聞けば、小学生にでも、いかなるCDプレーヤーよりも良いことは、即座に分かります。それほどの違いです。ですから、これ以上の説明は必要ないでしょう。
世界最高峰の音源は、すでに、皆さんの手中にあります。

あれ?5つもある。。。
PEN E-P3 17mm/2.8

d0032222_2243049.jpg


ここまで断言されれば・・・




買うっきゃないでしょう。
エレコムのiPod用ケーブル、781円でした。

d0032222_21482685.jpg

その前に、音のいいCDをいい音でiPodに入れなければなりません。
いつもならインポート方法をMP3エンコーダにして、128kbpsの標準音質で落とすのですが、今回は最高です。
WAVエンコーダ、サンプルレートは48,000kHz、サンプルサイズ16ビットで、読み込み時のエラー修正も「する」にしました。
1時間ほどかけてCD5枚をインポート。
38SLの6番につないで・・・と。

d0032222_223353.jpg

ドキドキしながら鳴らしてみました。
意外と出力が弱く、CDプレーヤの数倍、感度を上げてやらないとまともに鳴ってくれませんでした。

d0032222_2263125.jpg

感想

この人が言うような「濃密な音」ではありませんでした。
それは断言できます。
さんざんコケにされたメーカー、エソテリックのX-01のほうが音に立体感があるし、見通しがききます。
やはりiPodから出てくる音は平面的で、濃密というよりも「窮屈」な音がしました。
しかし、しか~し、この小さなiPodが再生しているとは思えないくらいのクォリティはありますね。
ですから、BGM的に聴くのならiPodで十分だと思いました。
面倒だと思うのは、iPodにリモコンがないことくらいかな。(^^;
Commented by テンジン at 2014-06-08 05:27 x
一時間の作業ご苦労様でした
この筆者理論はどう証明するか書いてありませんでしたか?
そこが聞きたかった肝ですよね
シロートの私
よくわかっていないで言いますが、CDソースから劣化したものを入れるよりLPから入れたら結果が違うんじゃないかしら
アッ でもデジタル信号じゃないや
Commented by tama_photo at 2014-06-08 22:44
オーディオ機器(CDP)よりもコンピュータ(iPod)を信用していらっしゃるようです。
CDプレーヤーは欠落したデータをアナログ信号に替えてアンプに送っている。コンピュータは欠落部分を修正しながらiPodにデータを送っている。よってiPodで再生した音のほうが正しい音楽信号で密度が高い・・・というものです。
理論はともかく、私は自分の耳が一番だと思っています。
Commented by gotoeye at 2014-06-16 00:46 x
こんにちは、ご無沙汰です。
iPodからアンプに繋ぐ際は、イヤフォン端子ではなくUSBでデジタル出力で取り出し、USB DACからRCA stereoでアンプに行くと随分良くなると思います。USB DACはWadiaでなくてもONKYOもいいし、それこそ1万円USB DACでも効果は期待できるとおもいます。ちなみに、私は全部持っています。
Commented by tama_photo at 2014-06-16 08:21
こちらこそ、御無沙汰してます。
やはりそうなんですね。iPodから流すのは、まだ海のものとも山のものとも知れないので、とりあえず一番安くあがる方法を試してみました。
数年前に一度やったときは「こりゃ使えない」と、早々にあきらめたのですが、無圧縮がよかったのか、見直し(聴き直し?)ました。
USBのDAC、ボーナスが出たら考えます。(^^;
by tama_photo | 2014-06-07 22:21 | Music & Audio | Comments(4)