とうとう

60



ついに
60

字だけじゃさみしいので。
PEN E-P3 12mm/f2.0

d0032222_12165850.jpg

潔く無修正。
こうしてみると人間もバイクと一緒で、ヤレてくるもんだなー。
Commented by BMW-GS at 2014-07-12 05:45
おめでとうございます。
あとから追いかけております(^o^)
Commented by tama_photo at 2014-07-12 07:21
こればっかりは絶対追い越されないので、安心してます。(^^
Commented by とく at 2014-07-12 07:40 x
私はあと5年4ヶ月か・・・。
Commented by テンジン at 2014-07-12 08:49 x
さぁ次の目標70に向かって爆進だ
Commented by tama_photo at 2014-07-12 09:07
とくさん、そんなに若かったんですね。
でもすぐに来るからご心配なく。(^^;
Commented by tama_photo at 2014-07-12 09:11
テンジンさん、誕生日は毎年来るけど、やはり区切りの年齢は感慨があります。
これまで経験でいうと・・・
60>30>50>40>20
いやな順番でね。
次はないかもしれません。
Commented by naka at 2014-07-12 09:31 x
なりましたね。(笑)
これからは怖いもの無で過ごせますよ。
もう60と考えるか、まだ60と考えるかで先の楽しみが
違うかな。(^^)
Commented by ツーチー at 2014-07-12 09:49 x
こんにちは ^^
なるほど.. やはり感慨深いものなんですね。
私の場合はあと7年と5ヶ月、
待ち遠しいようなそうでもないような... ^^
Commented by kiyomako at 2014-07-12 10:57 x
おめでとうございます(^^)
バイクジャケットを赤にしましょう♪
お国からのお小遣いは、もうちょい先ですね
Commented by tama_photo at 2014-07-12 12:01
nakaさん、さすが先輩、いいアドバイスです。
まだ60ね。
バイクもまだ2台。\(-。。-#
Commented by tama_photo at 2014-07-12 12:06
ツーチーさん52歳か。
52のとき、まだリターンライダーではなかった私です。
バイクに乗り出してから時間の流れがグッと早くなった感じがします。
早く定年退職したいけど、誕生日の大台が来るのはうれしくないですね。
Commented by tama_photo at 2014-07-12 12:08
kiyomakoさん、じつはサイズの合わない赤ジャケがあります。
バイクもバッグも赤だから、もういいかと思ってますよ。次はグリーンかな。(^^
Commented by 美銀座美人 at 2014-07-13 16:41 x
tamaさん
60歳おめでとうございます。
私は3年ばかり先を行っていますが、いやはや60過ぎてからが男は「旬」ですよ。 \(^o^)/
遊び方も力が抜けて粋になりますしね。(笑)
仕事は適当に、遊びはしっかり、コレ私のこれからの生き方です。
でも、お互いに健康にだけは気を付けましょうね。
あまり家族に迷惑を掛けずにずっと元気でいて、ある日突然80歳くらいでポッコリ逝きたいと考えている私です。
私の個人的問題ですが「人生の仕舞い方」について考えておくのも、あながち悪くはありませんから。(笑)
Commented by tama_photo at 2014-07-13 16:54
お久しぶりです、美銀座美人さん。
ブログが閉鎖されて寂しくなりましたね。再開のニュースを待っています。
私の父が亡くなったのは67歳でした。親子は似ますから、私もそれに近い年齢で逝くとしたら、仕舞い方を考えておくべき年ですね。
あと20年生きられたら、望外の幸せだと思います。
Commented by salgadou at 2014-07-13 21:32
たまちゃん還暦おめでとう。この勢いで行けば追い越されそうだなぁ....
Commented by tama_photo at 2014-07-14 00:36
教授、そら、ねぇって。(^^;
こないだ成人式を迎えた気持ちですよ。成人式は今もハッキリ覚えています。白いシャツに真っ赤なニットタイを締めて、黒いカーディガンを着て式に出ました。
髪はアフロっぽくパーマかけていました。
あれから40年も経つんですね。
近ごろ思うことは、100年なんてすぐ過ぎるってこと。だから目の前の苦しいことやつらいことは、ちょっと辛抱すればアッという間に過ぎ去ってしまうんだということです。
自分は何を残せたんだろうと、自問する日々が続いています。
by tama_photo | 2014-07-11 21:33 | others | Comments(16)