なつかCD

昨日の夜に注文したら、今日の夕方届きました。
すごいなぁ、アマゾンは。
ドゥービーブラザーズの
「運命のおっきい手」ぢゃなく\(-。。-#
「運命の掟」どす。

d0032222_21131416.jpg

これ、発売と同時にLP買ったんです。
ということは1977年?
37年前?
ってことは、ワタシ23歳?



聴いたら、涙が出るくらいになつかしかった・・・。
このLPは失くしてしまって、何十年も聴いていなかったものですから、半分忘れたような曲もありました。
最後の「きこりのラリー」はコピーして弾いていたので、余計に心にしみました。

d0032222_21214937.jpg

メンバーが変わって、これまでのカントリーっぽい素朴なバンドから、いきなりジャズの香りを漂わせたAORバンドに変身したドゥービーブラザーズ。
これで離れていったファンも多いのですが、私はどんどんハマッていったほうです。
離反組の友人I.S.くんは、ボーカルのマイケル・マクドナルドの声を「ケツから空気が抜けてるみたいだ」といって嫌ってました。

音はまぁまぁといったとこですかね。
40年近く前の録音にしてはS/Nもいいし、妙に加工された跡もなくて聴きやすいと思います。
さすがに音像の定位は時代を感じますが、復刻盤CDとしては合格点。

d0032222_21181127.jpg

きこりのラリー、どうやってコピーしたのかというと、友人I.S.くんが起こしたTAB譜からです。
ドゥービー嫌いだったのに、ようやってくれたのぅ I.S.くん。
Commented by Rifle at 2014-09-17 22:59 x
Michaelは「Doobieを動から静に替えた男」なんて言われましたよね。拙者はMichael参加後のDoobieから聞いたので、参加前の曲は今一つDoobieという感じがしないです。
Commented by ツーチー at 2014-09-17 23:52 x
こんばんは ^^
懐かしいですね~ ドゥービーブラザーズ。
私はそこそこ好きでした ^^

けど私が反応したところはTAB譜です(笑)
その言葉がとても懐かしかったんですよ ^^
私も昔はギターフリークでしてね、そのくせ譜面は読めなかったものですから、
もっぱらギター雑誌に掲載されているTAB譜でコピー演奏しておりました。
当時聴いたり弾いたりしていたのは、
ほとんどがディープパープルやレインボウ、レッドツェッペリンなどのハードロックばかり。
その後はヴァンヘイレンなどが多かったですね。
まだヘヴィメタルという言葉はなかったように思います ^^
Commented by tama_photo at 2014-09-18 11:21
Rifleさん、私の初ドゥービーはトゥールーズ・ストリート。中でも「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」が好きでした。最初の自作スピーカー、フォステクスFE103スパイラルホーンで聴いたからよく覚えています。
昔のドゥービーは素朴でしたね。
チャイナグローヴはコピーしてダンパで演奏していました。(恥)
Commented by tama_photo at 2014-09-18 11:24
ツーチーさんは、そこそこ好きですか。
ハードロックは私もそこそこ好きですよ。でもLPはまったく持っていません。
ハイウェイスターはコピーしたいなぁ。いまさら。(^^;
Commented by DUCATISTAers at 2014-09-19 08:25
おはようございます

僕もアマゾンのプライムには驚かされます。
数千円払ってるのでこうでなくては
困るというのもありますが、それでも
びっくりしますよね(^o^)
これに慣れちゃうと店頭まで行けないです(;´▽`A``
Commented by tama_photo at 2014-09-19 11:57
小さい商店が成り立たないのは無理もないですね、DUCATISTAersさん。
米国では無人ヘリによる宅配もあるとか。どこまで未来化するんでしょうね。
Commented by テンジン at 2014-09-19 17:27 x
たまさん同年代の私はトゥールーズ・ストリートだったかキャプテン&ミーが最初です
ヴォーカルはなんといってもトム・ジョンストン
初来日直前にツアー離脱しちゃったんで3回武道館に行ったけど復帰してからは行っていないんで未だに見ることができていません
そうそう、初来日は武道館で当時はありえないことやったんですよ
両側PAを積み上げた櫓のてっぺんからハナビ上げちゃった
「スタンピード」のツアーだったけど前のアルバムからの曲もいっぱい
トムが居なくて残念でしたがキースとジョンのツインドラムス、タイラン・ポーターのベース音にしびれました
それにスティーリーダンから来たジェフ・スカンク・バクスターは今も僕が使っているBurnzの別モデル「旧型バイソン」を使っていて良い音だったのを覚えています
Commented by tama_photo at 2014-09-20 10:46
生の演奏を何度も聴けて、いいなぁテンジンさんは。
YouTubeだったと思うんですが、ジェフ・バクスターの語りを見ました。リズムを刻むサイドギターの重要性を訴えていましたね。
で、ウィキで調べたら、なんと軍事評論家もやっているという、なんともうらやましいようなマルチ人間でした。ご存じとは思いますが、以下はウィキからの抜粋。

その後は主にセッション・ミュージシャンとしての活動を続ける傍ら、独学で軍事技術や大量破壊兵器の専門知識を学び、軍事アナリストとしての活動も始める。
2001年にアメリカ国防総省の軍事顧問に就任(バクスターは共和党員でもある)。アメリカ同時多発テロ事件やイラク戦争で忙しい合間を縫って音楽活動も続けている。2005年にはNASAの有人探査部門の諮問委員に就任した。
by tama_photo | 2014-09-17 21:35 | Music & Audio | Comments(8)