tamaの オタク訪問

職場の先輩から「新しいアンプを入れたので聴きにおいで」と、うれしいお誘いを受けました。
4年前に一度お邪魔したことがあります。
過去記事
さっそくミニでお出かけ。
LEICA M Monochrom SUMMICRON-M 1:2/35 ASPH.

d0032222_7372152.jpg




新しいアンプは、銘球KT-88をプッシュプルにしたトライオードのTRX-88PPでした。

d0032222_7433458.jpg

諸元をネットで調べてみました。

KT88パラレルプッシュプルステレオプリメインアンプ
88Signatureをベースに本格的プリメインアンプとし、セパレートスイッチを装備しプリアンプ、パワーアンプ単体としても使用可能としました。また最大出力を欲張らずに楽なドライブ電圧としメンテナンスフリーの自己バイアス方式で設計しました。また真空管動作確認のメーターを上部に装備し随時チェック可能です。さらに部屋の状況に応じた調整が便利なトーンコントロールも装備しています。このトーンコントロール回路は必要な時にオンが可能です。アンプの基本回路は完全なモノラル構成とし優れた左右のセパレーションを実現しました。

■TRX-88PP仕様 •回路形式 : KT88パラレルプッシュプル
•使用真空管:KT88x8本、12AX7x2本、12AU7x2本、12BH7x2本
•定格出力 : A級50W+50W(8Ω)
•周波数特製: 10Hz~60kHz(-2dB)
•SN比:91dB
•入出力端子:PHONO(MM)1系統、LINE4系統、TAPE OUT1系統、プリIN1系統、プリOUT1系統
•入力インピーダンス:アンバランス100kΩ
•スピーカー出力端子 : 6Ω、8Ω
•バイアス方式:自己バイアス方式
•KOA高精度カーボン抵抗器使用
•高音質カップリングコンデンサー
•プリin パワーout端子装備、プリアンプ/パワーアンプ単体として使用可能
•トーンコントロール(BASS/TREBLE)ON/OFF可能
•リモートコントロール装備
•消費電力 : 240W
•サイズ : 横450x奥行480x高205mm
•重量 : 37kg
•サイドウッド標準装備
•付属品 : リモコン、真空管カバー、サイドウッド、電源ケーブル

まず、プリメインであることに驚き、リモコンまでついていたのでさらに驚きました。
中国製ですが、クオリティは高そうです。お値段も・・・。(38諭吉らしい)

設置してまだ2ヵ月ちょっと。
それまではラックスのL-509uを使っていて、自宅で試聴したうえで入れ替えを決めたとのこと。
決断の決め手は「低音」だったそうです。

d0032222_839688.jpg

「いままで出なかった音(低音)が聴こえるんよ」と、先輩はたいへん満足している様子でした。
たしかに、タンノイ・アーデンからは大型バスレフ特有のゆったりとした豊かな低音がよく出ています。
この先輩はかなり小さな音で聴く人で、私が普段聴く音量の3分の1か、それ以下くらいです。
まぁ、新興住宅地で周囲に民家が建て込んでいるから仕方ないのですが、そんな小さい音でも明瞭な低音を聴くことができました。

お土産として、3枚持っているハーブ・アルパートの「マジック・マン」のうちの1枚を持参したら、そのお返しにこのLPをいただきました。ダイレクトカッティングで音質良好。

d0032222_7571922.jpg

「えーっ、いいんですか?」
「いいよ、2枚持ってるから」
『勝った・・・』(先輩2枚、オレ3枚) ( ̄∀ ̄;)

変わったのはアンプだけではなく、ターンテーブルも。
DDから糸ドライブのマイクロになっていました。
CDプレーヤーは置き場がなくなり、ブルーレイレコーダーを代用にしたら、音がよくなったとか。

d0032222_822533.jpg

紅茶をいただきながら2時間ばかり、オーディオ談義に花を咲かせました。

d0032222_830258.jpg

次はこのラックスのアンプでうちのB&Wを鳴らしてみようということになりました。
共通の趣味があると、年齢の差は意識しなくなりますね。

d0032222_16225572.jpg

Commented by YDの寅次郎 at 2015-04-06 15:33 x
tamaさんこんにちは
先輩と言うことは同じくボクより年上で、情熱を持ちつづけて
おられるのでしょうね そのようにありたいと願っております
最近の芽生えは甘い音で、アートペッパーのサックスを聞きますが
出て来て無いです先輩さんのように一歩が踏み出せない石部健吉のボク
Commented by tama_photo at 2015-04-06 16:28
こんにちは寅次郎さん。
同類の知人・友人がいると、まるで競争でもするかのように、器材にお金を使いますね。とどまることを知らないというか、限りない欲望というか、道具や機械のことはしばらく忘れて、音楽を楽しまないといけないと思います。
だから寅次郎さんの石部健吉スタイルは正しいんです。ああでもないこうでもないと、もがいている人は変なんです。
変なヲジサンにならないようにします。
Commented by テンジン at 2015-04-07 10:19 x
聴きに行く いいですね(ほんとにいいかな?)
お二人のコメントを見て書きたくなりました

先日高校からの友人H君が我が家に寄りました
目的はL100を聴きたかったそうです
彼のSPは兄弟仕様の4310
アンプは十代から使っていたサンスイAU999が壊れてからは古い二十代で買ったSQ38FDを自己メンテしながら使っています
私がCD中心になっているのと違い彼はLPだけですのでウチのアナログ盤を聴いてどこかを弄ることにしたようです
おんなじアームとカートリッジなんですが何を弄るんでしょう
聴き比べなんかしなければ平和なのにね
Commented by tama_photo at 2015-04-07 11:56
こんにちは。それはたぶんテンジンさんのL100のほうがいい音だったのでは?
独りで悩むより、仲間がいたほうが絶対いいですね。仲間の失敗を見たら同じ失敗はしないし、いい結果が出たら真似すればいいし、まぁ、好みの問題はありますけどね。
しかし私の先輩、去年買ったばかりのラックスのアンプがもうお払い箱です。なにやってんだか・・・。(^^;
by tama_photo | 2015-04-06 08:39 | Music & Audio | Comments(4)