ベン・ウェブスター

タンノイ・アーデンの先輩が薦めるベン・ウェブスターのLPを買ってみました。
重量180グラムの輸入盤です。

d0032222_9365618.jpg




ベンウェブスター(ts)を支えるのはオスカーピーターソン(p)、レイブラウン(b)、エドシグペン(dr)。
あれ?オスカーピーターソントリオそのままじゃないですか。

d0032222_9504283.jpg

1959年録音だけど、ステレオ。

d0032222_9511539.jpg

1回、サラっと聴いてみましたが、音質は満足できるものでした。SPUとの相性もかなりいいようです。
なんとも耳当たりのいい曲ばかりで、何度か寝そうになりました。

問題はそこかな?
あまりにも行儀よすぎて、聴いていてドラマを感じないのです。
ジャズの素人が生意気なこと言うんじゃないよと、ご立腹の方がいらっしゃるかもしれませんが、一言でいうと「たいくつ」。
このベンウェブスターという人物、生真面目な人ではないかと思いました。
バックを支えるオスカーピーターソンもじつにおとなしく、主張が感じられませんでした。
う~む、あと1枚、届くんですよね・・・。
2枚目に期待します。

次期候補カートリッジ

最近SPUに替えたばかりですが、次のカートリッジがほぼ決まりました。
グラドのプレステージゴールド1です。(写真は借用)

d0032222_10305631.jpg

グラドというメーカーはあまりなじみがないと思いますが、ずっと前に一度だけ使ったことがあります。
ヤマハのGT-2000で使った最後のカートリッジでした。
とっても気に入ったのですが、CDの割合がどんどん増えていって、最後は友人にプレーヤーごと譲りました。

d0032222_1021891.jpg商品説明(抜粋)
FBカートリッジはカンチレバーにコイルもマグネットもついていない構造。さらに針先が360度、どの方向に対しても動きやすさが均一のため針が感じた動きを歪ませることなく反応可能。カンチレバーの支点がずれない所で支えてあり、フラックスブリッジが円盤であるため、どの方向に対してもまったく同じ動き易さ(コンプライアンス)。針先のねじれをなくすために針先と重心と支点が直線上にあり、MCカートリッジの動きの問題点を解決。FB方式は、カンチレバーの360度の動きを均一な円盤で電気信号に変換。この円盤はコイルと違い磁束を乱さず、カンチレバーの歪みない動きに合わせて動くと磁束が増減し、電気信号に変換。実効質量が大きいMC型の動きの鈍さ、そして磁束の乱れを解消したカートリッジがグラドのFB型!!
出力:5mV
周波数特性:10~60,000Hz
適合針圧:1.5g



創始者のグラドさんはMCカートリッジの発明者だそうで、MC型の欠点をよく知っているグラド氏は早々にMCカートリッジに見切りをつけ、このFB型カートリッジを開発したそうです。
価格はジョーシンウェブで24,350円と、DL-103よりも低価格です。
ずっと昔の記憶では、ややクラシック向きかなという印象があり、そこが少々心配ではあります。
Commented by korekazu at 2015-06-13 11:11
アナログ盤のオリジナルでしょうか?憧れますねー
ちなみに、わたしの贔屓はズートです!
Commented by salgadou at 2015-06-13 11:19
そうですか、退屈ですか? ま、古典的ジャズ・テナーサックスの奏者ですから。
では ソニー・クリスのアルトサックスなどいかがでしょうか? この人の音色にはちょっとだけ狂気が入っているように自分は感じます。
http://www.h4.dion.ne.jp/~j.orange/enban-jazz-red%20s%20criss.htm
ソニー・クリスをもう少し健康的にしたのがフィル・ウッズかな。切れ味のいい演奏です。
Commented by tama_photo at 2015-06-13 16:08
korekazuさん、はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
ブログを少し見させていただきましたが、どれもインパクトの強い写真ですね。これからもどうぞよろしく。
LPはオリジナルではありません。そこまでこだわりません。なんでも「浅く広く」です。ズート・シムズは1枚だけ持っています。
Commented by tama_photo at 2015-06-13 19:30
ソニー・クリスにフィル・ウッズですね教授。少しかじってみることにします。
あっ、歯ぐきから血が・・・。
Commented by k5 at 2015-06-14 00:11 x
こんばんは。
アップルが月額1200円程度のストリーミングサービスを発表しましたね~。
いよいよCDは風前の灯火になってきた様です。そうなると、再生器機のハードも新規開発やアフターが無くなってくる。
しぶとく生き残っていくのは、レコードとプレーヤー・カートリッジかも・・・。
Commented by tama_photo at 2015-06-14 01:09
こんばんは、k5さん。
その件はニュースで少しだけ耳にしました。時代の流れを感じます。
レコードに限らず、アナログは最後までしぶとく残る気がします。カセットテープもまた流行の兆しがあるとかないとか。若者にフィルムカメラの愛好者が増えているとかいないとか。
でも、古い技術が先細っていくのは間違いないですね。
Commented at 2015-06-14 17:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tama_photo at 2015-06-15 12:48
情報ありがとうございます、教授。
全部買い占めて蓄財しましょうかね。銀行に預けるより高利ですよきっと。
by tama_photo | 2015-06-13 10:26 | Music & Audio | Comments(8)