ニコンS3のグリスアップ

先日入手したニコンのRF機、S3のピント合わせが心地よくありません。
スカスカで完全にグリスが切れた感じ。しかも重いのです。

このカメラは少々変わり者で、レンズを繰り出す機構(ヘリコイド)がボディ側についています。
普通のカメラはレンズにヘリコイドが組み込まれています。
だからS3のグリスアップはレンズではなく、ボディを分解して行います。
素人にはレンズをバラすよりハードルが低いですね。
4本のマイナスネジを外してフロントカバーを取ります。右上の1本だけがちょっと長いのはなぜでしょう。

d0032222_1505817.jpg






d0032222_1521759.jpg
グリスは専用がいるのですが、ネットで調べたらウレアグリスで代用できるとあったので、納戸を探したらありました。
これ、いつ、何のために買ったのか、全然覚えていません。たぶんミニを修理しているとき必要になったのでしょう。
専用のヘリコイドグリスは高くて(2,700円くらい)しかも量が多いので、たかがカメラ1台に1瓶買うのはもったいなくて・・・。
オロナイン軟膏でも代用できるそうですが、責任は持てませんからね。


マウント部のネジ3本を緩めると、ヘリコイドがごっそり外れます。
ここも規格の違う2種類のネジが使ってありました。

d0032222_2151864.jpg

ヘリコイドは逆ネジを切った雄ネジと雌ネジから構成されています。
そのままでは外れません。2本のネジ(赤矢印)を外してストッパーを外せばヘリコイドは分解できます。
ネジを1本だけゆるめたらストッパーが動かせたので外すことができました。
このネジにはゆるみ止めが塗ってありました。

d0032222_210229.jpg

複雑なネジが切ってありますね。しかも2条か3条ですよ、これ。
ネジ山がギザギザになっているのは、ここにギヤを噛ませてヘリコイドを動かす機構があるからです。

d0032222_2182122.jpg

竹串にウレアグリスを吹き付けて少しずつ塗りました。

d0032222_2224333.jpg

う~む、グリスがちょっと固かったかな。
レンズを持って回すとちょうどいい重さなんですが、シャッターボタン前にあるギザギザのダイヤルを回して合わせようとすると、指先が痛くなります。
でも動きは滑らかになりましたので、とりあえず完了としておきましょう。

d0032222_2254637.jpg

オロナイン軟膏がよかったかもね~。( ̄∀ ̄;)

作例

修理前に撮ったものです。
カメラ:ニコンS3、レンズ:ニッコールS 5センチf1.4。
最近は店のプリントがものすごく下手になったような、いや、雑になったような気がします。
色あいが悪いし、色が薄い。
これは数少ないまともなやつです。

d0032222_2329633.jpg

Lサイズプリントを300dpiでスキャンしました。機械は複合機のプリンターです。

d0032222_23384415.jpg
1/1000秒の調子が悪く、露光にムラが出ます。
こうやって縦アングルで撮れば青空が一段と濃くなって効果的ですが、これはちょっと濃過ぎ。
フォーカルプレーンシャッターの古いカメラではよくあることです。
過去にライカM3がこうなりました。
グリスアップくらいなら私でもできますが、これは素人ができる修理ではありません。
先幕と後幕の間隔が途中で変わる(狭くなる)のでしょうね。
なぜそうなるのかは、まったく分かりません。
まぁ、1/1000秒を使わなければいいだけのこと。
修理に出しても、しばらくすると再発することがあります。
各部点検を兼ねて修理に出してもいいかな。
いや、もったいないからやめとこう。
いやいや、S3はもっと使いたいから、固すぎたグリスの塗り直しも一緒に修理してもらおう。

Commented by salgadou at 2015-08-19 15:54
メンソレータムの方が草むらでの撮影でも虫が寄ってこないので良いと思いますが、、、
Commented by tama_photo at 2015-08-20 00:01
あれは揮発成分が多いからレンズに悪影響を及ぼすと思いますよ教授。\(=。。=)マトモニコタエテドウスル?
by tama_photo | 2015-08-19 02:30 | カメラ・写真 | Comments(2)