mono+tube

モノラルレコードづいてる昨今、今宵は焼酎のお供にコレ。

d0032222_23301149.jpg




ビリー・ホリデイのアルバム「奇妙な果実」は、モノラルを承知で買いました。
70年以上前の録音ですから、音質はそれなりに年代を感じさせるものです。
だからこのLPは買ったものの、ほとんど聴くことがありませんでした。
しかし今になってモノラルがマイブーム。
モノラルといえば・・・一番に思い出したのがこのLPでした。
今夜は焼酎がずいぶん回っていたので、じっくり味わって聴けました。

d0032222_23422017.jpg

A面全部聴いてB面も全部聴いて、その間、居眠りもせず、最後にもう一度A‐1の「奇妙な果実」を聴きました。
歌詞は途切れ途切れでしか分かりませんが、心にじーんとしみました。
この曲が生まれた背景やタイトルの意味が分からなければ、LPを買うこともなかったでしょう。

2枚目はこれ。
デイブ・ブルーベック・クァルテットの「タイム・アウト」です。
超有名な「テイク・ファイブ」がA面の最後に入っています。

d0032222_23431771.jpg

このLPは前にCDと聴き比べをして、音質に相当差があった(CDがよかった)からLPはもう聴くまいと決めていました。
でも今夜はなんとなくテイク・ファイブをアナログで聴きたくなって、棚から引っ張り出しました。
比べなければLPの音質で何も問題はないのです。
まぁ、それなりの音でした。
最後にノラ・ジョーンズの音のいいLPを聴いておしまいにしましたが、一番よかったのはビリー・ホリデイでした。
モノラルレコードをステレオカートリッジで聴くと、スクラッチノイズがうるさく聞こえてきます。
これがモノラル専用カートリッジになると、ずいぶん静かになるそうです。もちろん中域もさらに豊かでしょう。
ビリー・ホリデイを聴きながら、モノラルカートリッジの音を想像していました。

追記

奇妙な果実の歌詞です。

Southern trees bear strange fruit
Blood on the leaves and blood at the root
Black bodies swinging in the southern breeze
Strange fruit hanging from the poplar trees.

Pastoral scene of the gallant south
The bulging eyes and the twisted mouth
Scent of magnolias sweet and fresh
Then the sudden smell of burning flesh.

Here is a fruit for the crows to pluck
For the rain to gather for the wind to suck
For the sun to rot for the trees to drop
Here is a strange and bitter crop.

和訳を知りたい方はネットでどうぞ。
Commented by k5 at 2015-09-04 02:29 x
こんばんは。
25年ぶりにレコードを再開して感じたのは、片面終るのがともかく早いという事。
そー言えば、CDに切り替わった頃は一枚の演奏時間が長過ぎると思ってました。そりゃ〜、A面+B面+ヘタすりゃボーナストラックですから。
人の慣れってスゴイもんですね。
Commented by tama_photo at 2015-09-04 09:43
御意。それは私も感じましたよk5さん。本当にあっという間に終わるって感じ。
でも慣れてくるとA面だけで十分に眠れます。昨日はテイクファイブの寸前で眠りこけてしまい、起きてからテイクファイブだけ聴き直しました。(^^;
ところで、25年ぶりのアナログはいかがですか。楽しめてますか?
Commented by YDの寅次郎 at 2015-09-04 17:06 x
こんにちは、tamaさん
ビリー・ホリデイは聞いた事はありませんが、この曲は数回聞いてそれっきりでした
忘れられない奇妙な果実、カサンドラ・ウィルソンのCDを聞いております
音は良くリズムを刻むスコップ(様な)打音が余りにも心に刺さるのでそれきりになって
おりましたが、ソバの余韻を引きずたまま奇妙な果実は更に落ち込むと思います。
 扇風機も御仕舞かなと思い掃除をしょうと思いましたが、今日は汗をかくのでヤメました
世の中はままならない 追)くま栗なる物を読みましたが、今年はできが良いとイイですね
 
Commented by k5 at 2015-09-04 22:53 x
こんばんは。
当初の目論見は、CDで買い替えなかったレコードが聴ければイイかな、位に思ってましたのですが、やり始めるとダメですね。本日、グレース(懐かしい)のアームが届きました。
プレーヤーはアーム交換式ではないので、工夫して取付ようと思っています。
何だか楽しみ方が違う方向性になってきた様な・・・。
うーん、寅次郎さんを見習って小林麻美を引っ張り出して聴いてみようかな。
Commented by tama_photo at 2015-09-04 23:21
うらめしや~寅次郎さん。ヘ(ΘΘ)ヘ
いや、そんなに引きずっちゃいないですよ。それよりも、でこぽん館で買った1350円のシャインマスカットよりも、イオンの木曜市に出てた580円のほうが房が大きかったのがショックです。
九州は10月いっぱい、30度を超えることがありますから、扇風機はまだ出しておきましょう。天気が安定してくれるといいのですが・・・。
Commented by tama_photo at 2015-09-04 23:46
こんばんはk5さん。
CDと違ってアナログは投資に見合って音質が変貌しますから楽しいですね。
とことん追い込んでCDをしのぐことも夢ではないし、肩の力を抜いてアナログらしさを楽しむのもまたいいと思います。
モノラルを満足できるレベルで再生したいと思っています。思っているだけです。
by tama_photo | 2015-09-03 23:54 | Music & Audio | Comments(6)