アンリ

夕食を食べていると、美容室から帰ったヨメが突然「アンリ・カルティエって知っとう?」と聞いてきた。
「あぁ、戦場カメラマンだろ?」と私。じつはこのとき、ロバート・キャパと混同していた。
写真は借用。アンリ・カルティエ=ブレッソン氏。

d0032222_14545037.jpg

じつはこんなことが・・・。



行きつけの美容室は家からちょっと遠い。前は歩いて行けるくらいの近所で、ヨメの叔母も娘もここに通っていたが、貸店舗だったのでオーナーが14~15年前に自宅を兼ねた店に引っ越したのだった。
引っ越した先は裁判所の競売物件だった。ずいぶん安く手に入れたようで、「〇〇さんも競売物件を買いなさい。新築の建売はバカらしいよ」と、さかんに勧められた。
腕がよかったのでヨメは今もそこばかり利用している。前は私も一緒に行っていたが、カットだけで5野口するし、切ってもらう毛も減ってきたので私は足が遠のいていった。
ここのマスター、オーディオが唯一の趣味で、うちの近所にいたときはヤマハNS-1000Mだったが、引っ越してからは私と同じB&WのN801を美容室のフロアに置いていた。導入は彼のほうが少し早かった。
アナログはなし。CDオンリーで、買い方も東京まで出かけていって大量にまとめ買いしていたようだ。電源部やアンプ、ケーブル類も金のかけ方がハンパなかった。聴くジャンルはクラシックからジャズ、J-POPまで幅広い。行く度にコピーしたCDをくれて、そこから気に入ったCDを見つけることも少なくなかった。

で、アンリ・カルティエ=ブレッソン氏の件だ。

d0032222_1572933.jpg

若い頃、彼(マスター)は美容師の修行のためフランスに留学していた。
休みの日に公園でまったりしていると、老紳士が近寄ってきて話しかけてきた。
どんな話をしたのか知る由もないが、彼は元来おしゃべり好きだから、片言のフランス語でも盛り上がったのだと思う。
「写真を撮ってあげようか?」というその老紳士の申し出に彼は「いいえ、よかです。写真を撮られるのは嫌いだから」と断ったそうだ。するとその老紳士は「私も写真は嫌いだ」と、笑って言ったという。
その後も何度か会うことがあり、人なつっこい東洋人は老紳士に気に入られたのだろう。やがて自宅の夕食に招待された。
ワインを下げて老紳士の家を訪ねると、壁にいくつかの写真が下げてあったが、それほど印象に残るものではなかったらしい。

その後、彼は帰国し、熊本で店を持った。
フランスで会った老紳士のことなどすっかり忘れていた彼が最近、「アンリ・カルティエ=ブレッソン」の特集番組を見たのだ。
彼はとても驚いた。
「アンリ・カルティエって、もしかして・・・」
昔、もらった手紙のことを思い出して慌てて探したら、見つかった。
そこには「アンリ」のサインが。

いやはや、私もその話を聞きたくなった。
手紙は「なんでも鑑定団」行きだな。
Commented by ty250_scottish at 2015-10-25 16:34
初めまして。
この写真集を持っています。
コンポラに憧れいた時もありましたが・・・・断念しました。

・・・・・
申し訳ありません。
私は文字(キャプション以外の)での感想を述べないのです。

しかし、時計や車・バイクの修理 興味惹かれるものがたくさんありそうです。
Commented by DUCATISTAers at 2015-10-25 17:31
こんにちは

アンリさんとは関係ないですが、先日某オーディオショップ
に行ってきましたよ!
安いレコードからそこそこの値段の物まで買いあさってきました
しかし、プレイヤーの方が初期不良のようでLチャンネルが接触
不良でヒドイ音が出てきます・・・
明日カスタマーに電話して修理か交換予定になります
Commented by tama_photo at 2015-10-25 18:48
はじめましてty250_scottishさん
写真のスタイルや定義については無知でよく分かりませんが、ブログを拝見したところ、ピリリとした問題提起が含まれているように感じました。ヒカリトカゲにも参加してらっしゃいますね。
稚拙なブログですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by tama_photo at 2015-10-25 18:53
DUCATISTAersさん
オーディオショップAだと「買いあさる」には勇気がいるので、それはどこでしょうか。気になります。
簡単に直る箇所ならいいですね。カートリッジのリード線が切れる寸前はひどく歪みました。切れてしまえばまったく音が出なくなるのですぐに分かりますが、その直前の状態はタチが悪いですね。
Commented by テンジン at 2015-10-26 09:14 x
いいお話ですね
私なら写真やカメラの話をしちゃってその人みたいに手紙のやりとり前で終わっちゃうでしょう
そんなに有名人じゃないけど私もミュージシャンや俳優さん、ホンダのWGP監督など何人かかすっています
私の結婚式で挨拶した中学同級生の友人が「テンジンは別に普通のやつなんだけど、思い返すと不思議なことばかり 全く関係ないところに顔を出しても結局コイツの知り合いが必ずって言っていいくらい居る 今日だってそうです 横に座っているヨメさんは私が大学の時遊びに行った東京の先輩の家で30年前に会ったそこに遊びに来ていた中学生です」
30年も前に見た人を思い出すなんて、その時は友人の記憶の方が凄いと思った
自分じゃそんなに行動的だとは思わないのにね
その美容師さんと決定的に違うことは私が知り合ったときは相手も普通の人でした
Commented by tama_photo at 2015-10-26 11:57
テンジンさんからは、おいでオーラが出てるんでしょうね。(^^
ワタシのばやいは、近寄るなオーラかな?(^^;
これじゃいかん。残り少ない人生の幅が狭くなる。と思ってバイクのミーティングに出かけたり、初対面の人にも声かけたりするようにしています。
まぁ、この美容師さんは機関銃のようにしゃべってきますから、カットしている間もず~~~っとしゃべり続けてますから、私の足が遠のいたのは、ちょっとわずらわしさも感じたからなのでした。ごめんなマスター。
Commented by テンジン at 2015-10-26 13:13 x
私はtamaさんに会わない方がいいかも

私も話したらダラダラ止まらない
父はそれこそ機関銃のような喋り手
祖父は会ったことないけどたぶんその上を行っていたのでしょう
「おとうさんとウザエモンさん(十五代市川羽左衛門)と遊びに行ったときタクシーで真ん中に座ったのはうれしかった」と若い頃の思い出を話した祖母
付き合いの範囲は強烈だったようです

PS:結婚式の30年前じゃ女房は幼児になっちゃう・・・20年前です 私の記憶もたいしたこと有りませんね
Commented by YDの寅次郎 at 2015-10-26 16:55 x
こんにちはtamaさん
近寄るなオーラですか=NHKの受信寮の寮母さんの「それ聞ちゃダメ」光線も好きです。
tamaさんも「しやべっちゃダメ」光線が出ると良いですね
床屋の御亭主は感性の鋭い方に見込まれると思いお尋ねしますが、ステレオの音はすばらしいのでしょうか
Commented by tama_photo at 2015-10-26 18:37
テンジンさん
無口な人よりしゃべる人のほうが一緒にいて楽です。相槌打っておけばいいから。こっちから話題を探さないと話が続かない、そんなシチュエーションは苦手だなぁ。
お父さんはきっとべらんめぇ口調の機関銃なのでしょうね。落語を聞いてるみたいかもね。
最近、若者の早口が気になります。
Commented by tama_photo at 2015-10-26 18:44
寅次郎さん
マスターのステレオですか?どっちにしろN801ですから目クソ鼻クソの世界ですヨ。
当時、彼はプリアンプなしで聴いていました。CDプレーヤーがワディアで、パワーアンプが思い出せません。どちらかにゲインコントロールがついていました。もう10年くらい店の中に入っていないので、ガラッと変わっているかもしれません。でも基本的にクラシックが好きなようでしたから、スピーカーはたぶんそのまま。
Commented by DUCATISTAers at 2015-10-27 22:26
こんばんは

Aで買ってきましたよ(^o^)
オークションでも1枚購入
今さらながらシュガーに1回でも行っておくべきした・・・
tamaさんならご存じでしょう?

そして、10万クラスのターンテーブルが欲しいです
でもオートバイ関連に出費が続きます(-。-;)
Commented by tama_photo at 2015-10-28 09:03
DUCATISTAersさん
Aのシャチョはお元気なんでしょうか。仕事はもう息子に任せてゴルフ三昧かな。
「シュガー」???
なんだろ。思いつきません。
10諭吉タンテですか。難しいな。故障しないのがいいなら国産。デノン、テクニクス、ヤマハGT、ケンウッド、ビクターあたり。ラックスのデザインは秀逸ですが、もうずいぶん古いし、アフターパーツもないでしょうから維持が大変かも。
オルトフォンのRPM系は割とコスパ高かったと思います。トーレンスも新しいのは価格もずいぶん抑えられているようですが…。やっぱり自分の好みで選びましょう。
Commented by YDの寅次郎 at 2015-10-28 19:32 x
tamaさんこんばんは
ダイヤモンドを買いに小倉にゆきました。ま~貧乏なので砥石ですけど
以前T/Vが乗ったオーデオラックを無垢材で作るに当たり鉋が必要で
途中で刃を研いだら見事に切れませんプンプン(指の皮が無くなるまで挑戦)
先生にリクエストしていたので、今回は上記砥石が出ました、先生が研ぐと
持参した直尺(ヒネタ生徒)を当ててみると直線が出ています
決して腕が悪い訳が無い問題は砥石、そく株)吉宗へ砥石を買いに行った訳です。
仕上げ砥石は見るだけと言うか、ありましたが、手がでません
Commented by tama_photo at 2015-10-28 21:00
寅次郎さん
刃物研ぎは奥が深いのでしょうね。子どものころ、親父がよくかみそりを研いでいました。白っぽくて見るからに軟らかそうな砥石でした。
その砥石を使ったことはありませんが、私が遊びで小刀などを研いでいると、水をあまり使うなと注意されました。研いで削れた鉄粉が砥石と一緒になって刃物を研いでくれる…というようなことを言ってたような気がします。
by tama_photo | 2015-10-25 15:26 | カメラ・写真 | Comments(14)