2016年の桜

ことしもうちの(前の公園の)桜が咲き始めました。
昔はうれしい気持ちだけだったけれど・・・。
α7R 90mm Macro F4 G

d0032222_11573470.jpg






♪ 春がまた来るたび ひとつ年を重ね
  目に映る景色も 少しずつ変わるよ

♪ 満開の桜や 色づく山の紅葉を
  この先いったい何度 見ることになるだろう

竹内まりや「人生の扉」の歌詞の一部です。
この人の曲は押しつけがましいのもあるんですが、この曲は心にじーんとしみ入ってきました。

d0032222_12102392.jpg

ほんとうに、自分はあと何年、満開の桜を見ることができるんだろうと思いますね。

d0032222_12114132.jpg

また寒くなるので、今年の桜は長持ちしそうです。

d0032222_12131557.jpg

今夜は花見しようかな。

d0032222_1214650.jpg

Commented by YDの寅次郎 at 2016-03-29 15:54 x
tamaさん恥ずかしかったです
山に咲く桜がよりピンクに見えてたので倫子さんを思っていると
頭部側面を電柱にブツケ体は抱き付くカッコウになってJJJ恥ずかしかった
初めての経験に視野が狭くなつている事を認識し石部堅吉としては美しい物を見る時は止まって見ようと思いました。
 FMサンソンを聞いていると、2回/年山下達郎と竹内まりやとの話が聞けます。
山下達郎に対し上から話をするので最初の数年はイヤだなと感じていましたが、tamaさんが感じた通りに尊敬する所が山内まりやにあるのかなと思って最近は聞いております。
Commented by tama_photo at 2016-03-29 17:24
寅次郎さん
撮影に夢中になると、おうおうにして自分の立ち位置を忘れてしまいますね。仕事で象の飼育係を撮っていたとき、知らぬうちに象の檻の中に入っていて、飼育員から厳しく注意されたことがあります。だって象の檻はすき間が大きくて人間は自由に出入りできるんです。象は賢くておとなしいイメージがあるので、それも影響したのだと思います。
竹内まりやがラジオで「いま私のコンサートには、もれなく山下達郎がついています」と言っていたのを思い出しました。それくらいの夫婦の立ち位置が、円満の秘訣ではないでしょうか。
by tama_photo | 2016-03-29 12:14 | カメラ・写真 | Comments(2)