眠れぬ昼のジャズ

昨日から徹夜明けですが、なぜか目が冴えています。
今も時おり「ズシーン」と余震が来ます。ですが、揺れも大きくないし、時間も短いです。
未明まではいつになく静かでした。
いよいよ収束か・・・と思ったのですが、そう簡単にはいかないみたいですね。

余震が来るので、レコードはかけられません。
私の中での地震の終わりは、レコードが聴けるようになったときでしょうか。
動画を録ってみました。
カメラはα7R、レンズは16-35ミリです。



画像では低域がボワーンと膨らみ過ぎて聴こえるかもしれませんが、実際にはちょうどいい按配なんですよ。
聴けば少しは眠くなるかな。
Commented by DUCATISTAers at 2016-04-22 18:26
こんにちは

うちもまだLPはかけてないです。
CDだけですね。
気が滅入っているせいか、セレクトしたアルバムは
ビリーホリディでした。
Commented by tama_photo at 2016-04-22 20:00
DUCATISTAersさん
余震が来たら一発ですから、私もかけられずにいます。今日はiPodを主に流しました。
買ったレコード、早く聴きたいです。
Commented by YDの寅次郎 at 2016-04-22 22:36 x
こんばんはtamaさん
300Bにそそられイヤホン=ボーズQC2で聞きました
ベースが少し強調された印象を受けましたが数Wのアンプ
とは思えない程の迫力に300Bに対するtamaさんの
数十Wのラックスマン真空管アンプのコメント得心致しました
 今日小堀遠州(備中松山城)縁の上野焼民陶祭に行きました
なじみなので、4ヵ月のミフネ ちゃんを紹介されてパパに
「ヘンナ名前と言ってしまいました」八代に行く際に御船で
迷子になる思い出が浮かびつい口に出てしまいました。
Commented by salgadou at 2016-04-23 09:13
まだまだ大変な状況は続くと思いますが、音楽が聴ける状況まで落ち着いたのは喜ばしいと思います。
地震は地中のひずみエネルギーの放出なので、今後はむしろ地震が起きてないエリアのほうが危険度が高いかもしないですね。
日本では2~3年に一度はM7以上の地震が起きてますし。
復旧後の熊本県が今後むしろ安全かもしれないなぁ。
移住するとしても もう借家住まいのほうが気楽かもと考えております。
Commented by tama_photo at 2016-04-23 09:39
寅次郎さん
いい名前だと思います。珍しい名前といえば、小学生の女の子で「米」ちゃん。「まい」ちゃんかと思ったら「こめ」ちゃんでした。生涯、食べ物には困らなさそうです。
「うさぎ」ちゃんという小学生もいます。きっと卯年生まれと思ったら、どうも年齢が合わないんです。卯年なら5歳か17歳ですから。
将来、バニーガールにでもなるのでしょうか。
Commented by tama_photo at 2016-04-23 09:46
教授
ニュースで言ってましたが、当初1日100回以上だった余震が、昨日も一昨日も40回台でした。しかも一昨日より昨日のほうが回数は減っています。これが1桁台になり、たまには0回の日もあるようになれば安心ですかね。
資産は持たないほうが気楽です。借家だったら修理は大家さんがしてくれるし、やってくれなければ引っ越すまで。
土地家屋に使ったお金で遊び回ったほうが賢い選択だったかもしれません。
Commented by k5 at 2016-04-23 12:27 x
こんにちは。
以前、どっかの馬鹿(そりゃ~ワタシだ)がアンプをSPの上に置けばと言ってましたが、それをされなかったtamaさんは賢明でした。
ステサン誌等でお馴染みだった故上杉佳郎さんは、阪神大震災の際にラックから機器が落ちてしまい、貴重なウエスタンやシーメンスの真空管を全部破損した上、100kg以上あるトーレンスのリファレンスが2m以上フッ飛んだそうです。
ワタシはラックを使わない訳にいかないので、地震がきたら諦めます。多分、ラックを固定しても上にのってる機器も固定しなけば駄目と思うのです。
Commented by tama_photo at 2016-04-23 12:54
k5さん
その話、覚えていますよ。何度か上に置こうとしたのですが、電源ケーブルが届かなくなるのでやめておいて正解でした。
不思議なのはスピーカーが動かなかったことです。固定していないのに、どう見ても、1センチたりとも動いた形跡がありません。LE8Tの上のiPodドッグもDACも落ちることなくそのまま。
ラックの中のCDPやパワーアンプが少し左右にズレていたくらいです。
まさに不幸中の幸い。あっ、宝くじ!
by tama_photo | 2016-04-22 13:58 | Music & Audio | Comments(8)