モルトプレーン

カメラの遮光材としてよく使われている黒いスポンジ。
ふつう「モルトプレーン」と総称しているが、これが経年変化で劣化し、ベトついたりポロポロと崩れたり、変質する際に発生したガスがミラーを曇らせたりする。
だから定期的な交換(モルトプレーンの貼り替え)が必要なわけだ。
なんだか、スピーカーエッジのウレタンと似ている。

同じカメラでも、ライカのバルナックタイプやM型には使われていない。たぶん、その頃にはモルトプレーンなんてなかったと思うのだが、本当のところはよく知らない。
では、一眼レフになったライカRはどうなのか、見てみた。
ミノルタと共同開発したというライカR6である。

d0032222_21342359.jpg

写したカメラはMX-1ではなくCanon SX710HS



しっかりモルトプレーンが使ってあった。
親切なことに、裏ブタにはフィルムを確認する黄色い窓までついている。
ここを見ればフィルムの有無、メーカー、枚数、種類、感度まで分かる。

d0032222_2136088.jpg

国産でもここまで親切な裏ブタはあまりないと思う。(^^;

よく見ると、裏ブタ全部ではなく、四隅だけモルトプレーンが張ってある。上下の直線部分(赤く塗ったところ)には貼ってないが、ここはカメラボディ側に貼ってあった。
半分はフタに、半分はボディに、なぜそんな面倒なことをしたんだろう。

d0032222_21364148.jpg

ミラーが上がったときに当たるところにも貼ってある(赤く囲んだ部分)。
遮光以外に、ショックの吸収と防音の効果もあると思う。
触ってみたが弾力もあり、劣化は感じられなかった。
使ってある場所によって、同じモルトプレーンでも色や密度が微妙に違うようだ。

d0032222_21401118.jpg

これはハッセルブラッド500C/Mのフィルムバック。
バックと本体は凹凸の噛み合わせがあって(赤矢印)、これで遮光している。
ここにはモルトプレーンは使ってない。

d0032222_21414994.jpg

しかし、フィルムバックの中身と外側の合わさる面(緑の部分)には、しっかりとモルトプレーンが貼ってあった。

d0032222_2144456.jpg

このフィルムバックは1974年製。もう40年以上たっているのに、これもベタつきはなさそうだ。

モルトプレーンはいろんな厚みのものが売ってある。
だいたいは1枚もののシートで、片面に両面テープが貼ってあるので、それをカッターで細く切って使う。
私もオリンパスペンやマミヤ6などを貼り替えた。
しかし、けっこう手間。
両面テープがいらぬ所にくっついて何度も失敗した。
試行錯誤の末にいいアイデアが浮かんだ。

レンズクリーナー(液体)を細く切ったモルトの両面テープ部分に薄く塗る。
するとこの両面テープの粘着力がなくなって、狭いところにも自在に当てはめることができる。
貼り付ける場所を微妙に調整することができるのだ。
そして長さを決めて切ったら、余分なレンズクリーナーをティッシュで吸い取り、しばらくそのまま放置しておく。
するとレンズクリーナーが徐々に乾いて、カメラの本体にしっかりくっつくのだ。

両面テープのついていないモルトもあるが、たとえうまくあてがっても、後で接着剤を塗るのが大変だろうと思う。
モルトプレーンの代わりに黒い毛糸を貼るという人もいた。
毛糸は劣化しないけど厚みがあるので、どこでも使えるわけではない。

それにしても、耐久性に問題のあるモルトプレーンを、どうしてこんな安易に使うのだろう。
メーカーって、ユーザーのことはあんまり考えていないのかもな。
Commented by DUCATISTAers at 2016-05-14 05:32
こんにちは

僕のはスクリーン待ちです。
それが届いてから再度お店へ行き、発送予定。
早く使いたいのに・・・です!
Commented by tama_photo at 2016-05-14 08:49
DUCATISTAersさん
あちらのブログに知ったかぶりをかいてしまって、すみません。外国カメラはこういう状況でした。
しかしFM3Aは劣化が早いようです。それまでの保管状況が悪かったのかもしれませんね。
Commented by salgadou at 2016-05-14 19:20
ニコンFアイレベルには1か所だけモルトプレンが貼ってあったと記憶しています。
>レンズクリーナー(液体)を細く切ったモルトの両面テープ部分に薄く塗る。
これは初めて知りました。たまちゃんのブログ 参考になるなぁ \(^_^)/
あっ、モルトプレンを使っているカメラ、 もう1台ももたないや (-_-;)
Commented by tama_photo at 2016-05-15 00:09
教授
自分のニコFを見てみました。
2ヵ所ありましたよ。ミラーが上がったときミラーの先端部が当たる部分と、もう1ヵ所はファインダーのアイピースとボディの当たる部分。ボディ側に少し貼ってありました。
裏ブタには使ってないんですね。
レンズクリーナーは、フジフィルムのやつが具合いいです。界面活性剤が入っているので、よく伸びます。
Commented by salgadou at 2016-05-15 06:54
あっそうだ、ファインダー周りにもう1か所あったね~ m(_ _)m
裏ぶたは噛み込み式だからモルトプレン不要なのね。
Commented by tama_photo at 2016-05-15 08:42
教授
モルトプレーンのことを書いたのは、この板にもよく遊びに来るDUCATISTAersさんが購入されたFM3A(used)のモルトが劣化して往生していらっしゃったからです。
FM3Aといえば比較的新しいはずなのに、もう劣化が起きているのがどうも解せません。保管状態に問題があったのでしょうか。たとえば何かの薬剤と化学変化を起こすとか…。
by tama_photo | 2016-05-13 22:13 | カメラ・写真 | Comments(6)