Reveal 402 ふり出しに戻って聴く

Reveal402はパワードモニタースピーカーなので、音楽プレーヤーさえあれば音楽を聴くことができます。
じゃぁそれやってみようと、iPodをダイレクトにつないでみました。
いわばふり出しに戻って、素の402を聴いてみようと思ったのです。

d0032222_23595312.jpg




402にはステレオミニジャックケーブルが1本ずつ付属してしているので、1本はiPodと402をつなぎます。
もう1本は左右の402どうしをつなぎます。
iPodイヤホンジャック → 右側402AUXインプット → AUXアウトプット → 左側402AUXインプット・・・という順序になります。もちろん左から右へつないでもかまいません。

d0032222_0154411.jpg

そして大事なことは、背面のスピーカーポジションスイッチをR(右)とL(左)に振り分けることです。
iPodからの信号はステレオで出ているので、ポジションスイッチを選ぶことで左右どっちのチャンネルを再生させるかを決めます。

d0032222_0161362.jpg

ボリュームは402背面のダイヤルをある程度回し、音楽プレーヤー側で左右いっぺんに調整したほうが楽です。
あとは電気さえあれば、アンプもD/Aコンバーターも不要。

さっそく聴いてみましたが・・・

d0032222_0165972.jpg

ウ~ム、そんな甘くはないですね。それなりの音しか出てきませんでした。
一聴してS/Nの悪さが気になるし、音自体が雑然と団子状態で出てくる感じです。
デジタルの音楽信号を、この小さいiPodの中でアナログ化するわけですから、ソースがMP3だろうとAACだろうと、やっつけ仕事的な再生音でしかありません。
少なくとも専用のD/Aコンバーターは必要だと思いました。
しかし、402を聴く第一歩として音楽プレーヤーのダイレクト接続はいいと思います。あとは手を加えていけばどんどんいい音に変わっていくわけですからね。これが402のボトムエンドの音でしょう。

今夜はインシュレーターを少し変えて、左右スピーカーの間隔を狭めました。
スピーカー間が広いと、ごく小さい音で聴くときにまん中が音の空白地帯になります。ノーチラスやLE8Tでは感じなかったことです。
これは振動板が小さいからでしょうか。小音量だと音の広がりが狭いように思いました。

d0032222_0264657.jpg

音はよくなっていると思います。低域のクセがさらに抜けたようで、エージングが進んでいるのでしょう。
ドゥービーブラザーズのある曲を聴き比べしたら、LE8Tよりもいい音がして、ややショックでした。(・∀・)
402ばっかり聴いているから、低域が豊かな402の音調に慣れてしまったのかもしれません。
Commented by 西野和馬 at 2016-06-03 12:30 x
うちはソニーのHDDプレイヤーにバランスで直結して鳴らしてました。昨日プリをかまして鳴らしてみました。パワーは前者、細かい音とか音全体のバランスはプリがあった方が良いみたいです。低音の暴れも落ち着きます。でも、プリを介すると、あのパワー感がダウンするんですよね(笑)。

うちでは、もういろいろせず現状(プリとの接続)でミュージックバードを垂れ流していますが、結構満足です。ずんだれてます(笑)。
Commented by tama_photo at 2016-06-03 19:21
西野さん
ミュージックバードって、衛星放送の音楽チャンネルなんですね。よさそうだなー。
わが家は春日で、万日山が金峰山からの電波を遮っています。昔からテレビはすべてUHFで、FMのステレオ放送は入りません。難視聴地域になっているようです。
ミュージックバードは放送中の曲の曲名やアルバム名、アーティストなどを表示するのでしょうか。
自分が知らない曲が流れるのはいいですね。
by tama_photo | 2016-06-03 00:42 | Music & Audio | Comments(2)