新TVは2K40型SONY

テレビが壊れました。
数日前、朝見ていたら突然、画面が少し暗くなり、赤だけがにじんで見えました。
こんな感じです。実際にはもっと暗く感じました。

d0032222_19152588.jpg




d0032222_19363846.jpg
手動で明るさや色合いを調整しました。いろいろいじっているうちに、リモコンが利かなくなり、電源が切れなくなりました。完全な故障ですね。
製造は2016年 2006年。10年そこらで壊れたのか。。。
その日はちょうど休みだったので、ネットの価格コムで売れ筋を調べて、朝からジャマダ電機へ行きました。
うちのテレビ台の幅が105センチだったので、それにピッタリなサイズを調べたら、45か46型になりました。
ちなみにこの壊れたTVは32型です。

しかし店に行ってみると、かろうじて46型が1台あっただけ。これでは選ぶもなにもありません。しかも4Kで、お値段は15諭吉くらい。う~む、高い!

店内のテレビコーナーを見てみると、主流は40型のようです。それ以上は50、60、70。
やっぱり切りのいいサイズが多いですね。
4kにするか2kにするか迷ったので、店員さんに尋ねました。
すると、4k放送はネットとCS放送だけで、2年後にBSの4k放送が始まるけど、いまのテレビにはBSの4kチューナーが内蔵されていないから、観るには4kBSチューナーを別に買ってつけなければならないとのこと。
なんね、それ?
世間はアホみたいに4kだ4kだって騒いでるけど、全然役に立ってないじゃんよ。
聞いてよかった。ためらわずに2kにしました。値段も安いし。

で、色を見て決めたのがSONYの2kタイプ40型です。ソニータイマーつき? ( ̄∀ ̄;)
TVが66,000円、古いTVの引取料が2,700円、配送費が500円。それに消費税がついて総額74,736円でした。

本日朝イチで届けてもらって、設置してもらいました。
でっけー。

d0032222_1934568.jpg

画面の周りが薄く狭くなって、外寸はそれほど違わないのに画面だけが大きくなってますね。
厚みもぐんと減って、ペラペラって感じ。軽くなったからか、スタンドも安っぽいな。
明る過ぎて色も濃過ぎたので、手動で調整しました。
TVは家電量販店で他社と並べて陳列されるからか、初期設定がひどいですね。ど派手。
こんな画像を毎日見せられてはたまりません。
音もシャープの亀山モデルより薄っぺらく思いました。こんな部分が一番にコストダウンされますからね。
新テレビ祝いに、日本酒を熱燗でいただきました。
いや、ちょっと風邪気味だったので、体を温めたかったのです。昨日の阿蘇がいけなかったのかな。
亀満は日本最南端で醸造される日本酒です。安いけどうまかった。

d0032222_1947225.jpg

Commented at 2016-11-08 23:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by salgadou at 2016-11-08 23:10
シャープ製で10年持てばいい方じゃないの~。
くどうさんのシャープ製テレビは5年くらいで壊れたそうだし。
4Kテレビはまだ出てなくて 市場にあるのは4K「対応」テレビね。
つまり4Kチューナーは非搭載。搭載するのは東京オリンピック間近頃ね きっと。
そもそも地上波では4K放送なんて行われないだろうし、あれほとんどの視聴者にとって「過剰性能」。
でも 写真のディスプレーとしてはいいかしらんと思案ちゅ。みなさんが買って安くなるのを期待です。
Commented by tama_photo at 2016-11-09 03:24
教授
なるほど、そういう使い方もあるのですね。居間のTVで写真を鑑賞することはないので、思いつきませんでした。
しかしメーカーも姑息なやり方をしますね。「4K」の文字ばかり大きくキラキラ輝いていました。その横に小さく「対応」の字があったのかな。
Commented by salgadou at 2016-11-09 12:13
一番重要なことは 一番小さな文字で表示するんです。
これ 日本のビジネスの「常識」 (-_-;)
Commented by YDの寅次郎 at 2016-11-10 14:48 x
今日は七輪に炭を入れてコーヒーを淹れたら臭いが変わったのか香りが漂ってきました、食パンは燻製味が乗っかり貧乏人のご満悦の朝食(笑ってやって)
TV故障の神は降りなかったようですね、「バラシましたか」ヨドバシランキングではソニーが一番売れているようですがブラン管のようにソニーが際立って良いのでしょうか
寒くなりましたが風は良くなりました、アディタスのトレッキングシューズて今までのジョギングシューズと比べ相当重いのでトライアルブーツと変わらないと思いながらも下りで怖かったので買いました=さて使う事が何回あるか(元気なジジになってやる)
Commented by tama_photo at 2016-11-10 21:43
寅次郎さん
ちっとも嫌な匂いじゃないけれど、炭の匂いは強くてうつるし、残りますね。
「竹酢液」を買って風呂に少し入れたことがあります。私は薪で沸かした五右衛門風呂を思い出してとても好きだったのですが、ヨメから猛反対を受けて、すぐにやめました。
風情の分からぬ奴はかわいそうです。
テレビは肌のグラデーションがよく出るかで選びました。他のメーカーはファンデーションを塗りたくったようにペタッと平面的でしたが、SONYは立体感が少しありました。といってもその差は僅少です。
どこのメーカーも初期の設定がまずいと思いました。画面が明るすぎて色が濃すぎます。
Commented by Hatena-no-Tyawann at 2016-11-21 04:13 x
たまさん おひさしぶりです
4Kてれび Hatena-no-Tyawannもなんだか胡散臭いにおいを感じていましたがそうだったんですね。すぐに騙される嫁は10年以上前 大型液晶テレビが30万円になったころ『安くなってきた…』という新聞記事を読んで一気に沸騰(電気製品で沸騰するのはとても珍しいと言いますか、最初で最後だったと思います)。冷ますのにずいぶん苦労しました。テレビは10万円が限度! と、結婚したころからずっと決めているのでいまだにそれを守っています。もちろんだんだん大きくなってきた…。25型→30型→42の最後のトリニトロン→46の液晶ハイビジョンって具合です。あれ? 我が家のテレビってまだハイビジョンになって1代目。Amazonで買って届いた日、チリの鉱山から人が出てきた日でした…。
地デジ放送も胡散臭かったですよね!  
Commented by tama_photo at 2016-11-21 08:34
> Hatena-no-Tyawannさん
ハイビジョンテレビが初めてお目見えしたときのことを、いまも鮮明に覚えています。あれは家電専門店の1階でした。まだハイビジョンの放送もなかったときですから、ソフトはレーザーディスクのようなやつで、モデルがお化粧をしている様子が流れ、まつげの1本1本、小じわ、パウダーの粉の1粒まで見えて驚きました。
もっと驚いたのが価格で、本体が350万円くらい。別体チューナーが150万円くらいで、合計がちょうど500万円ですよ。メーカーはソニーでした。あれ、1台くらいは売れたのかなぁ。
20数年で価格は100分の1。いやぁ日本のメーカーってすごい!
by tama_photo | 2016-11-08 19:53 | ショッピング | Comments(8)