父が残した写真

数年前に、父が撮った写真のネガフィルムをスキャンしてパソコンに取り込んだ。
父も写真が好きで、アサヒカメラの愛読者だった。撮ったフィルムも100本以上あった。
その中のごく一部だが、紹介したい。
まさに「写真は時間の玉手箱」(田中長徳氏言)だ。

d0032222_17593410.jpg




東京オリンピックの聖火リレーが熊本の川尻町を走ったときのカラー写真。
1964年だから、まだカラー写真の走りではなかったろうか。
もちろんネガフィルムで退色がひどい。色調をずいぶん補正したが、これが私の限界。

d0032222_18071079.jpg

同じ日の女子中学生。姉の同級生で、聖火を見ての帰りらしい。
なぜかこの中に姉の姿は見えない。走る車が時代を物語っているなぁ。

d0032222_18491562.jpg

時間は前後するが、1962年に熊本城で開かれた熊本博覧会。
自動車を運転しているのは兄(小4か小5)。こやつは親父の命でこのころから本物の自動車を運転していた。( ̄▽ ̄;)!!
変速機のない電気自動車なんて屁みたいなものだったろう。

d0032222_18232666.jpg

かたや母と私。母はめずらしく着物を着てオシャレしてる。つまらなさそうな顔のオレ。
家族揃って博覧会を見に行ったのだろうな。
バスで行ったのか、それとも子どもを荷台に乗せてトラックで行ったのか、記憶がない。
トラックはダイハツのニューライン(800cc)かコンパーノ(1000cc)があった。

d0032222_18240694.jpg

叔父Aから書道を習う姉。時代はさほど変わらず、昭和30年後期と思う。
このころのカメラはニコンFかキヤノンPだった。父はニコンFに失望し、キヤノンPがお気に入りだった。
ストロボはまだなく、フラッシュバルブ(電球)を焚いていたのを覚えている。

d0032222_18275150.jpg

なぜか父のいない家族写真。場所は、今は無き実家。床の間にテレビが置いてある。ナショナルだった。
前列左から叔父B、私、後列左から兄、姉、母。
メモでは昭和37年9月とあるが、9月生まれはだれもいない。なぜこの時期に集合写真を撮ったのか不明。

d0032222_18315795.jpg

で、やっと父の登場。昭和38年1月に長崎県雲仙で撮ったもの。雪が舞っている。
同窓会か戦友会か、はたまた同業者の集まりかは不明。父は2列目の左端で、このとき42歳。

d0032222_18335666.jpg

最後に、父と母を一緒にしてみた。
どちらも昭和38年秋の撮影。父43歳、母38歳。天国で仲よくなー。

d0032222_19085378.jpg

Commented by salgadoujp at 2017-06-09 19:42
たまちゃん 可愛いっ!
子供の頃から 縦目のベンツ 乗り回してたのね (^^)
Commented by tama_photo at 2017-06-10 12:58
salgadoujpさん
博覧会のときこの電気自動車に乗った記憶はないんですよ。乗れなかったから不機嫌そうな顔をしてるのかもしれません。
Commented by k5 at 2017-06-10 23:25 x
こんばんは。
ワタシの親父も写真が好きで、ヒッチコックの「裏窓」でJ.スチュワートが持っていたエキザクタを使っていたのが自慢でした。
ただ、ネガは残っていなく、ポジが何本が残っていたのでプロジェクターを買うハメになりました。ヽ(;´Д`)ノ ハハッ。
Commented by tama_photo at 2017-06-11 10:39
> k5さん
エキザクタとは、またえらくマニアックなお父様だったんですね~。左手巻上げでおむすび形の、あれは旧東ドイツ製でしたっけ。じつは私もひょんなことから3台持っています(持ってるだけですけど)。
父が気に入っていたキヤノンPとはどんなカメラだろうと、それも後年手に入れました。ニコンFと比べればとてもプアな作りです。どうやらレンズがよかったようです。
いろんなものから過去の記憶がよみがえりますが、いつかはそれも無くなってしまうんですよね。
Commented by YDの寅次郎 at 2017-06-11 22:07 x
こんばんは、ほろびゆくジヤズ喫茶を求め日田市ピップスへ行きました一度行った時は15時開店と思いきや17時で今回街中なので迷路のような所、日田駅と日田信金の建物を目印にたどり着きました音響的には家庭のステレオぐらいの規模ですが初めて島美人的さんとお話しできキノコとベーコンのスパゲティが美味しかったです。
Commented by tama_photo at 2017-06-12 00:24
> YDの寅次郎さん
ジャズ喫茶は得てして開店が遅いですね。バイクで行ってバイクで帰ろうと思う私には、どうしても時間的に無理な店がいくつもあります。ピップスもそのひとつになるでしょう。
真っ暗でしかも土地勘のない道を一人、ヘッドライトに吸い寄せられる虫と衝突しながら帰るのはつろうございます。きのこスパゲティは食べずとも、島美人には逢いたいですね。
by tama_photo | 2017-06-09 19:21 | カメラ・写真 | Comments(6)