電線ケーブル

Facebookでオーディオ系のグループに入っているが、そこでスピーカーケーブル論議が白熱化している。
ケーブルは断面積が広くて(大きくて)短い単線が最高。それ以外にない―というデータ至上論者。
ケーブルにはそれぞれ特徴があり、目的に合わせて使えばよい―という感覚重視論者。
いつまでたっても議論は噛み合わない。

私はどっちかというと後者だが、スピーカーケーブルに単線を使ったことはない。
オーディオのケーブルには撚り線のほか、同軸やシールドや光ファイバーなど、たくさん種類がある。とくにスピーカーケーブルは同じ電線なのにこうも違うものかと思うほど音が変わる。
まだ若くて聴覚神経が研ぎ澄まされていたころの話、( ̄∀ ̄;) LS3/5aをあれこれセッティングしていて左側の音がおかしいことに気づいた。
調べると、オーディオテクニカのケーブルの接続方向が逆になっていたのだった。コジマ電器から買ってきたメーター数百円の安いSPケーブルだったけれど、いちおう方向性が指定されていた。それが逆になっていて音の変化を聴き逃さなかったのだ。これには我ながら驚いた。
でも、データ至上主義者の方は信じてくれないだろうな。電線の向きで音が変わるなんて・・・。

前置きが長くなったが、単線のスピーカーケーブルを聴いてみようという気になった。
ホームセンターで線径2ミリの2芯VVFケーブルを3メートル買ってきた。254円×3m=762円だ。

d0032222_09321631.jpg




これをスピーカーケーブルに使う。
YOSHIDAというメーカーだった。
方向性を調べたが、被覆の途中で会社名が反転していたから、方向性はないのだろう。
中身の2本の単線は白と黒で色分けされている。
ワイヤーストリッパーで被覆を剥ぐ。これ、私には必需品。ピンボケでスマソ。

d0032222_09352082.jpg

まずB&W N801に使ってみようとしたが、ちょっと困った。
ムジカライザーを入れているのだ。HFとLFにそれぞれ1台ずつ。
そもそも801はバイワイヤリング仕様だから、このままではつなげない。
仕方ないので純正のジャンパー線を使い、ムジカライザーを通さない形で右chだけ単線にした。
LFには単線がダイレクトにつながるが、HFは撚り線のジャンパー線が介入するので厳密には単線接続ではない。でもそれによる音の違いは分からないと思う。

d0032222_09402104.jpg

右スピーカー単線、左はそのままゴールデンストラーダ+ムジカライザーということで、音を左右交互に出しながら違いを探る。
一聴して音が元気になったことが分かる。でもこれはムジカライザーを外したことによるものが大きいと思う。
ムジカライザーを入れると全体的に音がおとなしくなって低域の分解能は高くなる。無駄な音がしなくなるのだ。

それが外れたから「元気な音」に聞こえたんだろう。
単線の第一印象は、悪くなかった。これまで使用した中では、現用のゴールデンストラーダに次ぐいい音だと思う。
でもこの荒削りな音はなぁ、もっと若ければいいかもしれんが、聴き疲れしそうだ。

次にSP-LE8Tに使ってみる。なにしろ硬いので、こんな笑える格好になった。

d0032222_09473733.jpg

これはムジカライザー経由にした。WE16GA v.s 単線という対戦。
しかし印象はよくなかった。全体的にエネルギッシュだが高域がうるさい。トゲのある高音が耳につく。
単線とLE8Tの相性は、801よりも悪いと言える。

左右chとも単線にしてしばらく聴き込んでいくと印象が変わってくるかもしれないが、なにしろ取り回しが悪い。
アンプやスピーカーのターミナルにもつなぎにくいし、締めにくくて緩みやすい。
本格的に使うというなら、先端にYラグをつけないといけない。
単線の優秀さは分かったが、今のをやめてまで使うほどの優位性は感じなかった。

FaceBookでの論戦は面白く、役に立つ意見も多い。
しかし気になるのはデータ至上派の「根拠をデータで示せ」という反論だ。
オーディオの音の良し悪しに関するものは、機械で計測できない部分が多いと思う。
日本の開発者にはこの手の「データ至上主義者」が多すぎるのではないだろうか。
とくにプリアンプやスピーカー、イヤホンなどで作り手側の姿勢の違いをモロに感じる。
没個性的でつまらない音のする製品が国産には多いのだ。
でも最近はメーカーの生産国にはこだわらないようになった。
最初から毛嫌いしているメーカーもあるにはあるが・・・。(^^;
自分の耳で聴いてみて、自分が「いい」と思えばそれでいいのだ。


Commented by ツーチー at 2017-07-08 13:04 x
こんにちは ^^
電気配線用のVVFケーブルがスピーカーコードになるとは驚きましたね ^^
いやしかし、このtamaさんの記事、非オーディオマニアの私にもひとつ理解が進んだ事柄がありましたね。じつは以前から、スピーカーコードをあれこれ換えたって音なんか変わるものなんだろうか?って思ってたんです (笑) オーディオアンプの出力は電気信号なんだから、そんなもの導電性が高けりゃそれが一番いいんじゃないの?とも。tamaさんのいうデータ至上主義者と同じですね (笑)
それがこの記事を読んで少し認識が変わりました。ただ素直に効率よく音を出せばいいというわけじゃなく、きっと人間の耳や好みとのマッチング具合が、いい音とそうでない音との違いになって表れてくるのでしょうね。
ということで、そうか、メカニズムはよく解らんがスピーカーコードも音質調整を担っていたんだ.. との理解にやっと至りました。ドシロウトが勝手なことをほざいてますがお許しを ^^

そうなると、他の機材なんかをあれこれ工夫していい音を聴くオーディオ趣味もきっと楽しいのだろうなぁ.. とも思ったんですが、肝心の聴覚能力が劣っていたらダメじゃん.. ということにも気づきましたので (笑)、やはりオーディオの世界へ足を踏み入れるのは見合わせておきまする ^^
Commented by tama_photo at 2017-07-08 13:27
ツーチーさん
オーディオマニアではなくても耳のいい人はいくらでもいますし、要はどれだけこだわるか、凝るか、の差かな?
マニアでなくてもツボを押さえておけば間違いない音が出ると思います。たとえば、電源プラグには極性のあるものがあること。動く部分のある機器はスピーカーから離す。スピーカーは左右の極性を合わせる。ケーブルは最短距離で―などですね。
天気がよろしくないので、きょうは仮想アースを作って遊んでいます。
Commented by YDの寅次郎 at 2017-07-08 18:44 x
こんにちは昨日は、ある人とAM10時に下曽根駅に待ち合わせをしていたのです、余裕を持って10キロの道のりを一時間前に出発しましたが線状洪雲帯のせいで車をすて歩いて行く渋滞でした。
九州仏像展を見に博物館へ行った際一体の十一面観音が斜め後ろから呼んだ気がしたので3年間毎月お参りをしています「そんな馬鹿なとそれで終わりにするか、まだ話しかけてくれませんが自分を信じるか」オーディオと同じような感じがします
Commented by tama_photo at 2017-07-08 18:58
寅次郎さんの所は大丈夫みたいですね。こんな天気にウロついたらいけませんよ。ご用心ください。
ところで、そういう霊感体験はまったくありません。霊能力が皆無なんだと思います。だからこそ、もしそんな経験をしたら信じ込むでしょうね。
スーパーへ晩メシを買いに行って宝くじコーナーの前を通ったときに、斜め後ろから「買え」と言ってくれないかなぁ、神様。
Commented by salgadou at 2017-07-08 19:16
無事故ライダーたまちゃん こんにちは。
スピーカーケーブルでの音の違いが分かるなんて凄耳ですね。
私なんか サッチモとナットキングコールの声の違いすらわからない駄耳ですぅ。
でも 鉄の中華鍋と鉄のフライパンとステンレスのフライパンとテフロンのフライパンでは
できるチャーハンの味が違うように思います。
気のせいかな。。。。?
Commented by tama_photo at 2017-07-08 21:00
salgadouさん、コニャニャチハ。
自分で耳がいいと思ったことは正直ありません。でも低音だけにはこだわりがありますね。ウッドベースの音をいかに「らしく」再生するか、それにかけています。だから、それ以外の音や空間表現には無頓着だと思います。
自分でも分からないのは、時間をかけて変化する音です。スイッチを入れてすぐの音と数時間後の音。一度挑戦しましたが、その変化はまったく分かりませんでした。
恥をしのんで、分からないことは「分からない」と言います。チャーハンは最近作っていないので、味の違いも分かりません。
Commented by k5 at 2017-07-08 22:22 x
こんばんは。

tamaさんの意見に大賛成です。結局、自分が納得出来ればそれでイイと思います。
ただ国産の没個性に関しては、近頃考えが変わってきました。変な言い方ですが、没個性が個性なんじゃないかと。
オデオ、車、カメラ(レンズ)、時計等々、丁寧で真面目で素直に、そして抜群の耐久性とそこそこのお値段。海外製の様に際立ったキャラクターを立てない。あくまでフラットでニュートラルな製品を作る。これが、日本の個性でいいかもと思ってきました。
そのわりには、ウチには海外製品ばっかりなんですが。(*´-ω・)ン? (だから、近頃なんです)
Commented by tama_photo at 2017-07-08 22:49
k5さん
レビンソンのアンプは先入観で入ったと思います。国産のアンプは聴きませんでした。カートリッジは国産が多いですね。DL103に102にライラヘリコンも日本製。CDPもパワーアンプも国産。日本のメーカーでも外国で作ってるし、それは海外も同じ。調べたらみーんな中国製だったりして・・・。
熊本のオーディオメーカー、バクーンプロダクツが震災復興を願ってAMP-KUMAMOTOを発売します。いま予約受付中です。100台のオーダーが集まったら製造を始めるとか。
プリメインで定価は13諭吉。うち1諭吉が復興のための寄付金に回されるそうです。
1台買おうかなと思っています。正真正銘のMede in KUMAMOTO。
Commented by ツーチー at 2017-07-08 23:16 x
返コメントの「仮想アースを作って遊んでいます」というフレーズを読んで、tamaさんが目を閉じて胡坐をかき脳内でアンプのアース配線をどう取り回すかシュミレーションされてる姿を想像してしまいました (笑)
んなわけないのでざっと検索してみたんですが、私にはその理屈がよく解りませんでした。各機器の筐体の電位を合わせることができるのと静電気を放電させるくらいは効果がありそうなんですが、やはりそれで音に変化が表れるのでしょうか?
オーディオはなんか遊べる要素がたくさんありそうですね~ ^^
Commented by tama_photo at 2017-07-08 23:39
ツーチーさん
私の電気知識はE=IRくらいですからね。それを前提にお読みください。
オーディオ機器のアース端子にコイルをつなぐだけのことです。たまたま鉄芯コイルが手元にあったので、それにリード線とYラグをつけました。インダクタンスは10mHくらいがいいそうですが、この鉄芯コイルには値がまったく書いてありませんでした。
コイルが2つあったので2個作り、ターンテーブルと管球パワーアンプにそれぞれつけました。そしたら管球アンプはスイッチを切るときに「バチッ」というけっこう大きなノイズが出ていたのですが、それが消えました。これって仮想アースの効果なのでしょうか。それとも管球アンプだけに「たまたま」?

Commented by k5 at 2017-07-09 01:51 x
こんばんは。

バクーンプロダクツ ? と思ってぐぐってみたら、SATRIのメーカーなんですね。マニアでは有名なアンプなので少し詳細も見てみました。
フェイスパネルのグラフィックが強烈~。━(il`・ω・´;) ━
Commented by tama_photo at 2017-07-09 09:28
k5さん
この社の製品にしては安い価格設定です。特殊なパネルデザインも含め、そのうちプレミア価格がつくと思いますので、財テクとして1台購入しようと思っています。(^^;
Commented by テンジン at 2017-07-09 20:00 x
スピーカーケーブルは長い間に何回か交換して今安いベルデンとオーディオテクニカに落ち着いています
VVFケーブルは電源ケーブルに検討したことがありますが結局その時は固さに負けて使いませんでした
いまスピーカーに使ってみたいのは藤倉電線のCV-S5.5スケ
太いけど失敗しても3mで1500円くらいです
3線のうち2本だけ使ってL100を鳴らしてみて最後はD130の低音がどれくらい出るか試したいのです
その時はネットワークも配線を作り直しでしょうね

Commented by tama_photo at 2017-07-09 22:44
テンジンさん
おおいに楽しんでください。やっぱり単線は取り回しでつまずいてしまいますね。先端にYラグを付けて、めったに動かさないコンポを対象に使うといいでしょうね。
CV-Sの3芯のうち、余った1本はどうしますか。同軸では外側のシールドに乾電池の+だけをつないでバイアスをかけるなんてカルト技もあったようです。
by tama_photo | 2017-07-08 10:40 | Music & Audio | Comments(14)