DL103復活

猛暑が続いているので家に閉じこもりがちです。
昨日もずっと音楽を聴いて過ごしました。
夜になって最後のレコードに選んだのは、30センチシングル「We are the World」。H-OFFで見つけた108円レコードですね。(^^;
ターンテーブルはウェルテンパードでカートリッジはライラヘリコンです。
いつもはA面だけなんですが、珍しくB面の「Grace」もかけてみました。
レコード盤に「Composed & Arranged by Quincy Jones & Jeremy Lubbock」と書いてあるだけで他に解説はありません。
歌は入っておらず、We are the・・・の裏面ということで、これは完全にオマケですね。
ほとんど打ち込みとは思いますが、すんごい低音が入っていました。そしてこのレコードは45回転なのでカッティングレベルがえらく高いんです。普通のLPの2倍くらいの音量がします。
すると、プツッと小さい音がして曲が途切れる部分が数ヵ所ありました。

d0032222_09472497.jpg




テストトーンの入ったLPで315Hzの+8dBや+10dBを再生するときに出る症状と一緒です。
これってカートリッジの限界を超えた音・・・?
そうに違いありません。
テストではエラーが出ても、普通のLPにはそんな大きい音は入っていないから、これまで問題なく再生できていたのですが、こいつは困りましたね。
しばし悩んで、ヘリコンを外してDL103と替えることに決定。

d0032222_09532975.jpg

ウェルテンにはヘリコン・・・これで決まりと思っていたんですけど、トレースできないLPがあるなら話は別です。
ヘリコンは2年前に中古で購入しました。針先とダンパーを交換したばかりということでしたが、当初からトラッカビリティーはそれほど良くなかったですね。
だから、劣化したわけではないと思います。
ペンチでリード線を差し替えます。ピンの直径は、103のほうが少し細いようです。
そのままではユルユルなので、ソケットをほんの少し締め付けてから挿入しました。

d0032222_10014462.jpg

オーバーハングは15ミリに合わせます。

d0032222_10024501.jpg

今回は外側でトラッキングエラーを調整してみました。

d0032222_10050521.jpg

針圧は2.50グラムです。100分の1グラムまでピッタリ合わせます。

d0032222_10090738.jpg

ダイアナ・クラールの溝なしLPでインサイドフォースをチェックしますが、アームはほとんど動きません。
キャンセラーをかけるほどでもないですね。
ヘリコンと103では針圧がずいぶん違うのに、どちらもインサイドフォースがほとんどないのはどうしたことでしょう。
アームの構造上の問題(利点?)かもしれませんね。

d0032222_10065395.jpg

すぐに「Grace」をかけてみると、なにごともなかったかのようにアッサリ再生してくれました。
低域はヘリコンよりも厚みがあって締まっています。
しかし中域の張り出しや高域のきらびやかさは減って、聴き疲れのしないおとなし目の音調になりました。
63歳にぴったりの音だなぁ。( ̄∀ ̄;)

by tama_photo | 2017-08-06 10:36 | Music & Audio | Comments(0)