ライラヘリコンとオルトフォンSPU

いま、レコードプレーヤーを2台使っています。
1台はベルトドライブのウェルテンパード。もう1台はダイレクトドライブのラックスマンPD121。
つい先日までウェルテンにデノンDL103、ラックスにライラヘリコンをつけていましたが、DL103が不慮の事故で亡くなったので、なんぞ他のカートリッジを移植することにしました。
少し悩んだけれど、やっぱりラックスからライラヘリコンを取り上げて移すことにしました。
ウェルテンはカートリッジの能力を最大限に引き出してくれるターンテーブルなので、力のあるカートリッジをつけないともったいないのです。
カーボンのヘッドシェルを奢ってやったばかりですが、外します。

d0032222_09093954.jpg





針折れ(針折りか?)が心配なのでスタイラスガードを付けてみましたが、こんなにフルガードでは作業ができません。

d0032222_09122236.jpg

その前に、ウェルテンの指掛けを改良することにしました。
元々はフラットな部分がもっと長くて穴が2つ開いていたのですが、左半分は不要と判断して切り取りました。
その切り取った痕が汚かったので、ヤスリで角を落とし耐水ペーパーで磨きました。

d0032222_09352978.jpg

無事にヘリコンの取り付けが終わり、オーバーハングとトラッキングエラーと針圧を調整。針圧は外周で1.60グラムにします。
先日、切れてしまった右chアースのリード線がさらに短くなったようで、パツンパツンになっています。
いつかはリード線をやり替えないといけませんね。アームパイプの中はジルコンサンドが充填してあるので、ちょっと引っ張ったくらいではリード線はまったく動きません。
DIYではハードル高し。またエイブルさんに頼もうかなぁ。

d0032222_09365171.jpg

音出しOKでした。右chのメーターが元気に振れたときはうれしかったなぁ。

d0032222_09575974.jpg

んーで、ラックスのPD121には何を付けたかというと、SPU‐GEです。
最近、モノラルレコードをあまり聴かないのでSPUにしました。
針圧4グラムで濃厚な音を聴かせてくれます。チリノイズが少なくて古い録音のジャズにはピッタリです。でも新しい盤だと高域不足が気になります。

d0032222_09503517.jpg

じつは近日中に、新たなカートリッジが届きます。
あっ、103じゃないよ。(^^



Commented by テンジン at 2017-08-16 20:21 x
いやぁイカンイカン
TASCAMを買ったらレコードもカセットもデジタル変換するときしか触っていません
主に音楽を楽しむのは車の中です
64GbのSDHCとUSBメモリが3個満タンになり、また買ってこようとしています
アッ カセットデンスケは安定が悪くなったのでフルオーバーホールとヘッド新品交換しちゃいました
録音の音は良くなりましたよ

秋になったらレコード聴かなきゃ
準備ということでオヤイデに行って組み替え式のスタピライザーでも買ってきましょう
Commented by tama_photo at 2017-08-16 20:59
> テンジンさん
私のTASCAMは冬眠しています。以前、LNP2Lの入力ゲインによる音質の違いを記事にしました。プリへの入力を思い切り上げると音が明らかによくなるーと。しかし、TASCAMで録音するときはゲインをうんと下げないと(もうこれ以下にはならないほどに)録音レベルが調整できんのです。
外部マイク入力端子から録っているので仕方ないんですが、要するに元気も精気も抜けた音を録音しているわけで、それが分かったのでLPのデジタル化はいきなり興味が失せました。
LINE入力のあるTASCAMを買うべきか、そこまでするかと自問自答です。
余談ですが、先日オークションのC36(D130に075)に入札するつもりがすっかり忘れて、気づいたときには終わっていました。私の入札予定額よりも10諭吉以上安かったので、本当に悔しい思いをしました。ヴァカですね~、置き場ないのに。
by tama_photo | 2017-08-16 09:59 | Music & Audio | Comments(2)