手抜き

みんなこういう形のカメラだったらいいのにな(^^;

CONTAX T
d0032222_2214915.jpg

これではあんまりなので、フォトショで着色したのがこれ↓です。
小さなメモ帳に、上のように単純な線でカメラを描いてそれをスキャナで取り込み、フォトショップで色を塗っていきます。とはいえ、カメラのほとんどは無彩色ですが・・・。
d0032222_2251181.jpg

ライカ板で、ライカ市としさんが「水彩のスケッチや画集もあるんでしょう?」なんて、とんでもないことを書いてらっしゃいました。
私はこれだけです。絵はけっして得意でも好きでもないんです。このブログの最初に書いたように、絵を描くのは中学以来35年ぶりなんですからね。
カメラを50台近く描いてきましたが、面白いとは思っても楽しいと思ったことはありません。楽しいと思えるようになりたいなぁとは思いますけど・・・。
Commented by mroko at 2006-06-06 22:30
コンタTって白も黒も何度か中古屋の店頭で触ったことはあるんです。二重像が菱形でしたっけ?「チャコン」なんていうシャッター音が記憶に残ってます。巻き上げレバーは上品な作動感。でもちょっと華奢な感じ。アルミだから思ったより軽いんだけどカタマリ感はすっごくいいですね。研ぎ澄まされてる印象。これはT2以降のどのモデルも超えてないんじゃないかなぁ。
Commented by tama_photo at 2006-06-07 12:38
小さいカメラには、心を引き寄せる「何か」がありますね。オリンパスペン、ローライ35、コダックシグネットなど集めました。距離計が内蔵されていると、見づらかろうがズレていようが、それだけで満足してしまう私です(ローライは目測ね)。
おっしゃるように二重像はひし形です。シグネットと同じ。
レンズのフタが手前に開きますが、これが案外使いづらいんです。フタの下から左手で包み込むようにしてピントリングを操作します。手が小さい人は大変です。加えてタテ位置の場合、シャッターボタンが上にくるように構えると、ピント合わせの左手がファインダーを遮ってしまいます。
ですから、まず横アングルでピント調整を済ませて、それからタテに構えてシャッターを切ります。フタつきのスプリングカメラでは、レチナのようにフタは左右に開いたほうが断然使いやすいです。
by tama_photo | 2006-06-06 22:15 | イラスト | Comments(2)