直った! …けど

エキザクタのシャッター幕修理ができました。レンズのクリーニングも含め修理代28Kはカメラの倍?
これまでの修理でかなり高いほうでした。(T.T)
それだけ大変だってことですね~。
でも、おかげでシャッター幕は新品。

d0032222_23373292.jpg

さっそくこのクセノン50/1.9を使って試写してみました。
フィルムはフジのPro400で、ネガをフラットベッドスキャナーでスキャンしたものです。プリントを取り込んだほうが画質がいいので、その分、差し引いて見てくださいね。
d0032222_23421220.jpg

差し引いて見ても、ちょっとガッカリ。コダック・レチナのクセノンがとてもいい描写をするので期待したのですが、解像度も発色もコントラストも、古色然とした写りでした。
曇りが完全に取れていないので性能も落ちているのでしょう。
このカメラ、左手巻き上げの左シャッターという、とんでもなく使いづらいカメラなので、どうせならファインダーも使いづらいほうが面白い(どこが?)のでウェストレベルをつけています。自虐的だなぁ。
まぁ、ウェストレベルはハッセルである程度慣れているんで、そんなに戸惑うことはありません。
Commented by yumehana-3 at 2007-03-04 11:22
レチナのクセノンは眼が覚めるほどの解像度ですが、この写真で拝見する画像は むしろ元祖フォクトレンダーのカラースコパーみたいな印象ですね。色がレトロなのは いまでは面白い味かも。
Commented by tama_photo at 2007-03-04 23:11
同じ「シュナイダーのクセノン」といっても、口径も違うようだし(構成は一緒なのかな?まさかね)、同じように写らなくて当然なのかも・・・。
エキザクタのレンズとしては、フレクトゴン35/2.8のほうがエエです。
by tama_photo | 2007-03-03 23:57 | カメラ・写真 | Comments(2)