お気に入り

これまでたくさんの写真を撮ってきましたが、自分で気に入った写真というものは本当にわずかしかありません。
そのわずかな中の一枚がこれです。

 
d0032222_20494784.jpg

娘は生まれながらにして心臓に持病がありました。ファロー四徴症という先天性の心奇形です。
肺動脈狭窄や心室の壁に穴が開いているために新しい血液が十分回らず、唇はいつも紫色をしていました。激しく泣くと心不全を起こし、顔は死人のように青白くなっていました。
医者が「泣かすな、風邪引かすな」と言うので、カミさんは相当に心労があったと思います。私は暖房を切らさないように、灯油をせっせと運んだだけですけど・・・。
その後、生後7ヶ月のときに手術し、幸いにして完治しました。顔色がチアノーゼ状態から一転し、明るい桜色になった唇を見て、本当に感激したものです。
この写真は手術後半年ほど、1歳になった冬に撮りました。
スヤスヤと寝息を立てて昼寝をしている頭のほうに三脚を立て、105ミリのマクロレンズを使いました。カメラはまだF4だったと思います。
職場の写真部の先輩に見せると、「こうしたほうがいいよ」と180度回転させて、悩んでいたタイトルも「夢」と付けていただきました。
半分は他力本願的な写真ですが、とても気に入っています。

13年後

大きくなりました。
箸の使い方は相変わらずですが。
(^^;

d0032222_11415942.jpg

これは家のデッキで花見をしたときのもの。右端にちょこっと見えるのは父ちゃんの缶ビールです。たまには高いの(プレミアム・モルツ)を飲みます。
最近は一緒に遊んでくれなくなりました。
Commented by mroko at 2007-04-22 23:28
いいなぁ、、 娘と酌み交わす これは素敵なことだと思う。
私はたまさんとも酌み交わしたいがや。(^^
しっかし、まつげ長いですねぇ。 うちはどうもにいちゃんが一番長いらしい(かあちゃん談)
Commented by tama_photo at 2007-04-23 09:28
いつか必ず、飲もうぜい(*^^)v
Commented by yumehana-3 at 2007-05-01 18:30
いい写真だなぁ。 まあ子供は親の心労など知らずにすくすく育ってくれれば それでいいのでしょうね。
Commented by tama_photo at 2007-05-01 21:57
ありがとうございます、教授。
病気のせいで、この頃の写真はあまり撮ってないです。気持ちに余裕がなかったのでしょう。
10年なんてアッという間ですね。
by tama_photo | 2007-04-19 20:55 | カメラ・写真 | Comments(4)