田上くん

d0032222_9104743.jpg
統一地方選挙、中でも現職が撃たれて亡くなった長崎市長選は全国の注目が集まっていましたね。
同情票が流れるから前市長の娘婿が強いと予想していたんですが、それは見事に外れてしまいました。
たった3日間の選挙運動で市長になっちゃった。
彼とは、彼が広報課にいた頃お友達になりました。
まぁ向こうは「知人」の一人としか思っていないかもしれませんが、こうやって毎年、年賀状をいただいています(住所・電話番号は消しています)。今年は喪中欠礼だったんだ。
テレビで見てもお分かりのように素朴で温和で、「いっちょうやったるか」なんて野心もまったく感じられない人物なんです。福岡の友人から「おい、田上が市長選に出たっ!」と聞かされたときは、冗談か何かの間違いだろうとホントにビックリしました。
その昔、酒を酌み交わしながら「町の広報紙がいくら良くても町長がバカじゃどうしようもない。いい町にするには広報マンが首長になるのが一番だよなー」なんてホザいていたんですが、それが現実になってしまいましたよ~。
長崎はきっといい市になると思います。
ガンバレ~田上くん。\(^o^)/
Commented by mroko at 2007-04-23 15:15
たまさんが突然リッコーホ! ってこともあるんじゃ・・・
Commented by tama_photo at 2007-04-23 18:29
ね。絶対、ね。
Commented by tama_photo at 2007-04-23 19:10
本文の書き込みで、ちょっと分かりづらい点があったかもしれません。
> 町の広報紙がいくら良くても町長がバカじゃどうしようもない
この部分を改めて解説します。
当時(今もですが)広報コンクールというものが開かれていて、全国の市町村広報紙がしのぎを削っていたんですけれども、広報担当者の間で「広報紙が優秀な町は、はたして町もいい町なのか?」ということが話題になったんです。つまり、どれだけ優秀な広報紙を作ったって、町自体がつまらなければ意味がない・・・という結論に達したのです。
そういう議論の末に出た話がカキコミの「広報マンが首長になるのが一番」というわけ。
日夜、取材という形で住民の意見や要望を聴取する機会の多い広報担当者は、市民の声を首長以上に、いや、役所の中で一番よく知っているのです。
広報マン出身の田上くんに期待しています。
Commented by trz-xx at 2007-04-23 23:50 x
某新聞記事では「のび太」と表現されていましたが、はずれていないこともなし。福岡の皆さんは陣中見舞いに押しかけたらしいですが、山口の東の果てからは遠くてたどり着けませんでした。周りの人をなんか知らないうちに引き寄せちゃったり、その近くだけほかと時間の進み方が違うような空気を作り出したり、不思議な能力のある人ですよね。世界の長崎のトップの手腕、とくと見させていただこうではありませんか。
Commented by tama_photo at 2007-04-24 15:25
一度、広報課の皆さんと一献傾けたことがあります。
課長が中島さんだったっけ?課員にこの田上くんと出口くん、延田さんがいたのを記憶しています。
延田さんは熊本にも来たことがあります。名前からいえば「のび太」は延田さんなんだけど。
Commented by とく爺さん at 2007-04-25 16:20 x
長崎市と言えば原子爆弾の被爆地ですが、被爆者認定の件でお世話になったことがあります。
長崎県庁は色々文句を言ったりするんですが、市の担当者は熱心で親切でした・・・。
それと、長崎市にも親戚はいましたが、もう10年以上音信不通ですね~。
Commented by tama_photo2 at 2007-04-25 19:05
長崎市役所の職員は、その広報課の4~5人しか知らないのですが、みなさんとても人間味のある人でした。
長崎には、いい意味で田舎のよさが残っていますね。
Commented by yumehana-3 at 2007-05-01 18:32
高校卒業まで長崎で生まれ育ちました。いい町です。でも もう5年間後無沙汰しているなぁ(^^;)
by tama_photo | 2007-04-23 09:27 | others | Comments(8)