いじって遊ぶF

いわずと知れたニコンFです。
シャッターの軽やかな音が好きで、最近よく触って遊んでいます。FTNファインダーの前部、Fの袋文字の右端、Nikonの「n」の右上にへこみがあったので、DIYで修理してみました。
修理といってもそんな大げさなものではなく、カバーを外して裏側から割りばしを当ててたたき出しただけです。

d0032222_8544734.jpg

これが修理後。
光の具合もありますが、目立たなくなりました。

d0032222_8575048.jpg

光といえば、この写真はホワイトバランスを電球にして「+2」補正しています。プラスマイナス3までできるようです。
トップからの光と背景は自然な色合いですが、右からの自然光が青くなってしまいました。赤く見えるのはクルマからの反射光です。
上の写真はD70にAFニッコール35/2.0、下はD2xとAFマイクロニッコール105/2.8です。
どちらも三脚を使っています。D70はISO感度が200までしか下げられません。D2xはISO100(で撮ったと思っていたら、ISO250でした。(^^; なんで?)。
このサイズでは目立ちませんが、拡大してみると暗部のノイズがずいぶん違います。
たぶん光量の差でしょう。上は夜、下は昼間の撮影なので。
Commented by mroko at 2007-05-01 11:41
「いじって遊ぶF」 いいなぁこのタイトル。某総統が見たら卒倒するかも?(笑)
ココだけの話ですけど私、2台あったF2のうちフォトミックファインダーのほうを手放しました(最近手放したカメラけっこうある)。シャッター音も甲高い音してた。個体差もあるのかな。まぁ古いカメラだから使われ方や保存状態も関係するんだろうけど。残したのはアイレベルのブラックボディ。レンズはオートニッコールばかり5本(28,35,50,58,135)。私もいじって遊ぼうf(^^; 。。。  はっ! 某総統の気配が・・・・

そういえば*istDも最低感度はISO200だな・・・
Commented by とく爺さん at 2007-05-01 11:51 x
ほほ~、ノクトじゃないすか?しかも、両方1.2だと。
ええな~、この放蕩め・・・基本は50ミリF2の精密な描写ですよ~。
あとですね~、私は普段フィルターは使いません。
たまに使うのは、ソフトとオレンジ、レッドくらい・・・。
Commented by tama_photo at 2007-05-01 21:52
F2のシャッター音はデカいっす。幕速が上がったから、という話を聞いたことがあります。それだけじゃなくて、ミラーが戻るときの残響が多いように感じます。
だから、F2よりもFがいじって楽しいと私は思う。

50/1.2は新品、ノクトは中古でした。1.4は旧いタイプを持ってはいますが、ほとんど使ったことがありません。
1.2も精緻な描写をしますよ。でも、近ごろ絞り環が重くなってきました。
ノクトのほうも最初から収差がひどいので、まとめて整備に出そうかと考えています。
フィルターは常用してます。傷つけるのが怖い、貧乏性です。
Commented by とく爺さん at 2007-05-01 22:41 x
 >」フィルターは常用してます。傷つけるのが怖い、貧乏性です。

あの~ですね、参考までに・・・
ニコンはそこらあたりの基本はしっかりしていて、
傷とかはつきにくいんですよ~。
Commented by tama_photo at 2007-05-02 14:35
ノーフィルターだと、遠景がどうしても青カブリするし、ホコリや水滴が(唾液だったり)付着します。それを取り除くには、クリーニングが必要。つまり表面をこするわけですね。
レンズにやさしいいろんな液、ペーパーなどが出ていますが、個人的にはクリーニングはしないのが一番だと思うのです。
とくに、オークションで中古のレンズを手に入れるようになってから、その思いが強くなりました。
中古レンズには、サンドペーパーでこすったようなものから千枚通しで突いたようなものまで、どうすりゃこんなに傷がつくのさ、と思えるような固体があります。
そういうツワモノレンズを見るにつけ、大事に扱ってきれいなまま後世に残すのも私らの役目かなと思うようになったんです。

ちなみに、どうしても拭かねばならないときは、富士フィルムのクリーニング液とペーパーを使っています。
無水アルコールは強すぎて、コーティングに影響が出かねません。
堀内カラー(?HCL)のペーパーが安かったので買ったものの、ちょっと硬い感じがしたし、液を付けると拭き残しが出るようです。
Commented by by とく爺さん at 2007-05-03 12:42 x
こらりゃ~,不憫人・・・(笑)
by tama_photo | 2007-05-01 09:10 | カメラ・写真 | Comments(6)