増殖するF

d0032222_22464264.jpg

650万番台の白F(手前)が届きました。35ミリ2.8と10.5センチ2.5の2本のレンズがついて37Kは高いか安いか。
奥の白Fもじつは650万番台で、シリアルナンバーはこっちが若干古いんですよ。なぜ2台目の白Fを逝ったかというと、クロームの具合がどうも良くないと感じたからなのです。全体的に艶がなく、ライカと比べるとくすんだように見えて、てっきり腐食しているのかと思いました。
こりゃいかん、まともな白Fを手に入れなければ…と、半ば使命感を胸に2台目の、見るからにきれいそうなFをオークションで落札しました。
しかし届いてみたら、1台目のFと何ら変わりないメッキでした。な~んだ、だいたいがこういう仕上げなんだなと、安心したようなガッカリしたような。
まぁ、35ミリも105ミリも持ってなかったので、レンズを楽しんでみようと思います。
次は最終型の黒F、逝ってみましょうかね。\(-。。-#
Commented by mroko at 2007-11-01 21:59
ちょっと前の瀬戸物祭りオフのときにさ、初期型Fは天辺にも三角があるって。マカニさんのもあった。正面から見える三角頭巾じゃなくて、ホントに頂点真上の小さな小さな三角ね。これが「鋭利」かどうか なんだって。正直言うと(ぁぁぁ、ニコンはやっぱ往かないほうがえぇわ)と思ったのさ(爆)。。
Commented by tama_photo at 2007-11-02 15:09
640Fは実物を見たことがない。話によると、メッキの質が違うのどうのと、まつわる話にいとまがないようだな~。
ところで、641万番台は「ロクヨンマル・エフ」とは呼ばない(呼んではいけない)のだろうか? 640万番台と641万番台とでは、明らかに違うのだろうか?
ニコンは長く使っているけど、そのへんのことには疎いし、だいたいがあまりこだわりもないんだよね。写真機は使ってナンボだと思っている。
まぁ、F2チタンとかF3Pなんぞはたしかにいいと認める。でも、中身は一緒なのに色を塗っただけの限定版とか、貼り革が違うとか、そんなのはどうでもいいと思うんだよね。
あんまり書くと角が立つので、このへんでさようなら。
by tama_photo | 2007-10-30 23:00 | カメラ・写真 | Comments(2)