水中万年筆

d0032222_1152397.jpg

水中でも書ける万年筆…ではありません。調子が悪いので修理を試みているのです。もう3日も水につけたままです。
このモンブランはカミさんが独身時代に外国で買ったもの(らしい)。結婚後はほとんど使っている様子がなかったので使わせてもらいましたが、「なんじゃこりゃ?」と思えるほどの書きにくさ。
第一に、字が太い。しかも縦線より横線のほうが太いのです。日本語を書く場合は、横が細く縦が太いほうが書きやすいでしょ。
第二に、インクの出が悪い。どれだけ吸わせても途中で字がかすれてしまいます。仕方なくインク壷にペン先を浸しながら書いてみましたが、それもまた面倒で、結論として使えるレベルではありませんでした。

もらった
d0032222_11215073.jpg

「これ、ちょうだい」と言ったら、以外にもあっさり「いいよ」と返事が返ってきました。
乾かして、インクを吸わせて、使ってみようと思うけど、横太・縦細の線が改善されない限りはまともに使えそうにありません。
ペン先の改良も含めて修理してくれるところ、どなたか知りませんか?

正体は146
d0032222_1133255.jpg

この万年筆は146という型でした。ペン先には4810と刻印がありますが、万年筆の型式はキャップの金冠に小さく掘ってありました。
軸が一番大きいのが149でペン先は18K。146はちょっと細身でペン先が14K。ネットで調べたら、けっこうなお値段でした(カミさん、お金持ちィ~)。
郵便局のEXPACK500で送らなきゃ、と気はあせるけれど、郵便局に行くヒマがないのでした。
Commented by 猿画堂 at 2008-04-30 09:23 x
音符を書くのに向いているかもしれませんね(^^) カリグラフ用の
特殊なペン先かも。。。
Commented by たま at 2008-04-30 11:34 x
その昔「MUSIC」という楽譜専用の万年筆が昔ありましたね。ペン先の切れ目が2本あって、極太の線が引けました。
このモンブランは、インクを入れなおしてもやはりダメでした。インクの出が悪く、とくに書き始めが出ないのでイラつきます。
修理は四国・松江にいい店をネットで見つけました。すぐ送るつもりです。
Commented by mroko at 2008-04-30 21:55
私、職場で「デスクペン」っての使ってます。センエンもしないやつだね。まぁ会社の支給品だけどさ。パイロットとプラチナがあるんだけど私はプラチナのほうを使ってます。パイロット使ってる人の方が圧倒的に多いけど。
私物でもいくつか持ってるけど、仕事でしか使わないから仕舞い込んじゃってどこの何だったか忘れた(パーカー、シェーファー、モンブランなんかは記憶あるけど)。
インクが降りてこない原因のひとつにペン先が開いちゃってる ってのがあります。開くと出てきそうな気がするんだけど逆。ひょっとしてそうなんじゃ・・・
Commented by ライカ市とし at 2008-05-01 15:51 x
万年筆には、最近少し凝りだしています、モンブランは欲しい逸品ですね~! 万年筆ならこのページをお勧めですよ~!
http://pelikan.livedoor.biz/archives/51076209.html

ここで勉強して自分で「ペンクリ」をしてしまいましたが、自分でペン先まで外すのは危険です・・・(汗)
Commented by たま at 2008-05-01 20:56 x
一番使う筆記具は、やっぱりボールペン。細いのが好きで、日記にはHiTec-Cの0.3ミリなんて極細ペンを使っています。
だから、今さら万年筆なんて復活させなくてもいいのだけれど、全然使えなくなったモンブランを見ていると、なんだかデジカメに滅ぼされつつある銀塩カメラのように思えてくるのです。
ライカ市としさんご紹介のHPは、職人さんじゃなくてマニアなんでしょうか。すごいですね。
Commented by ライカ市とし at 2008-05-01 23:31 x
ご覧になりましたか、最近「万年筆」の本を沢山買って勉強中ですが、あのHPに集まるグループで本も出版していますよ~!(題名が長いけど)
「ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン!」と言う名前で「南雲堂フェニックス(株)が発行です¥3000もしますが・・・m(__)m 殆どキチ○イの集まりでしょうか・・・(人の事は言えないが 笑い)
Commented by たま at 2008-05-02 20:58 x
「四国・松江」を「島根・松江」に謹んで訂正いたします。四国は「松山」だがね。今ふうおバカタレントを笑ってらんない。m(_ _)m
Commented by 猿画堂 at 2008-05-09 01:05 x
モンブランの146は父親の形見に持っています。普通に書けるペン先です。書きやすさではラミー・サファリのBoldが手持ちの中では一番です。
ところで4810はモンブラン(山)の標高ではなかったでしょうか?
Commented by たま at 2008-05-09 13:01 x
猿画堂さんの146はあちらの板で拝見しました。よく調整されたものは書き味も素晴らしいのでしょうね。これは連休前に松江へ送りました。1週間もすれば戻ってくるかな。
形見といえば、父の使っていたパイロットがありますが、外装がシルバーで重いのです。書き味そのものはいいけれど、重いと長く書いてて疲れますね。今度実家へ行ったとき探してみます。
しかし山の高さをわざわざ入れるなんて、なんかオシャレですね。
by tama_photo | 2008-04-29 11:22 | others | Comments(9)