豊後森機関庫

家族サービスのつもりで大分の豊後高田市へ行った。
その途中、玖珠町の繁華街を抜けたところでカミさんが「あれ、なに?」と叫んだ。その声で左に目を向けると、久大本線沿いに廃墟が横たわっていた。
すぐ近くまで行くことができた。
d0032222_0112328.jpg

悲しいほどの外観を呈した扇形の建物。それは豊後森機関庫だった。
機関車を整備・保管するための施設だったようだ。あとで調べたら、この機関庫を保存するために募金活動が起こり、最終的には玖珠町がJRから敷地を含めて買い取ったようだ。しかし、活用されている様子はなかった。
ぐる~っと見て回ったが、中には入れないように柵がしてあった。
こういう廃墟を見ると、無性に写真を撮りたくなる。自分は廃墟フェチなのかなぁと思ってしまう。どうやら娘もそうらしい。
そろそろ長崎の軍艦島も上陸ができるようになる。親子でウキウキしているのだった。
Commented by 楽写 at 2009-04-02 03:57 x
最近、「鉄」に興味が出てきていたので調べてみましたら、全国的にも有名な鉄道関係の遺産なんですね。SLを動体保存している京都の梅小路機関庫と同じぐらいの規模だとか。
それに「廃墟」が加わったら、これはもうたまりませんね。
Commented by tama_photo at 2009-04-02 10:09
ようこそ、楽写さん。
ここはすぐ近くをバイクで6~7回通っているんですが、まったく気づきませんでした。まぁ、運転中はバイクもクルマもよそ見できませんからね。
15分ほど見て、写真を撮って帰ろうとしたら、入れ違いに若い女の子たちのクルマが入ってきました。
廃墟はブームなんですね。
Commented by trz-xx at 2009-04-18 00:05 x
更新はないかと、何度も見に来て気付いた。

家族サービスの「つもり」…あなたらしい。
Commented by tama_photo at 2009-04-18 05:47
こちらで会うのは久しぶり。
日帰りできるところを温泉に1泊し、おまけにカメラ(コンパクトデジ)まで無くして散財続き。
楽しむはずが、楽しめない家族旅行になりましてん。
by tama_photo | 2009-03-31 00:19 | ドライブ・旅行 | Comments(4)