WEからベルデンに

N-801を真空管で鳴らすようになってから、LE8Tは冬眠中。
少し古い録音のジャズはLE8Tで聴くことのほうが多かったのです。それは音調が明るくて音像がグッと前にせり出してくるから。
ところが801の性格が明るくなったので、わざわざレンジの狭いLE8Tで聴くこともないなーと、300Bのスイッチは入れずじまい。それどころか、いっそドナドナしてはどぅな? とさへ考えるようになりました。

d0032222_19030070.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-10-18 20:47 | Music & Audio | Comments(0)

EL34ppの実力

いくら文字で説明しても、いくら写真を載せても、音の良し悪しは分かりません。

d0032222_19510257.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-10-17 20:14 | Music & Audio | Comments(4)

真空管でバイアンプ

日曜日は大分県でグッツィ・マーニミーティングが予定されていました。
3年前はまだグッツィライダーではなかったので、トライアンフで阿蘇ミルク牧場へ行き、会場を遠巻きに見て「モトグッツィはカッコいいなぁ」と思ったのでした。そして2年前はグッツィV7Racerで初参加。いろんな人とお話ができて友達の輪が広がりました。
そして去年は雨で中止。楽しみにしていたことしも雨で2年連続の中止となりました。(=д=)
2015年の好天の半分をことしに回して欲しかった・・・。
写真は一昨年のミーティング

d0032222_08525884.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-10-17 09:55 | Music & Audio | Comments(0)

パンドラの箱開く

文字多し、写真少なし。ご容赦を。
アウトプットトランスのない真空管アンプに興味がわいてフェイスブックに書き込んだら、自宅から比較的近い所のオーディオショップを紹介された。3週間ほど前の話。
しばらくしてそのオーディオショップへフラリと立ち寄った。この店を訪れるのは、じつは2回目。
1回目は30年ほど前のこと。新規開店した話を耳にして行った。
ワンフロアの店内はまだガランとしていて、小さなディナウディオがかなり大きな音で鳴っていたのを覚えている。
それから30年近く行っていないから、どう考えても自分は「客」とは言えない。
あのころはブックシェルフの、小さいが高価なスピーカーの走りだった。でも自分は15インチウーハーでなければいけないと信じていたから、自分の主義には合わない店だと思い込んだのだろう。
それはよいとして「すみません、OTLアンプが聴きたくて来ました」とあいさつした。
 ★OTL=アウトプットトランスレス
社長は気安く中へ招き入れてくれた。

d0032222_23081629.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-10-15 01:12 | Music & Audio | Comments(10)

ウェルテンパード・リファレンスが届いてずいぶん落ち着きました。
レコードを聴くたびに「いいなぁ」と、うっとりしています。
やっぱり苦労して手に入れたことに間違いはありませんでした。馬刺もマスカットも惜しく思いません。(^^;

もう1台のレコードプレーヤー、ラックスマンPD‐121にデノンDL-103Rネイキッドをつけて聴き比べてみました。
使用機器はこのようになります。
ラックスマンPD-121+SME3009imp.+DL-103R改+PhasemationT-300
ウェルテンパード・リファレンス+ライラヘリコン+JC-1DC

d0032222_12065389.jpg



つづき
# by tama_photo | 2017-10-12 13:08 | Music & Audio | Comments(10)