ニューカマー

新参者ですが、どうぞよろしく。m(_ _)m
左右の壁まで2センチ足らず。こいつに合わせて家を設計したとしか思えません。

d0032222_17183971.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-08-17 18:21 | Music & Audio | Comments(6)

いま、レコードプレーヤーを2台使っています。
1台はベルトドライブのウェルテンパード。もう1台はダイレクトドライブのラックスマンPD121。
つい先日までウェルテンにデノンDL103、ラックスにライラヘリコンをつけていましたが、DL103が不慮の事故で亡くなったので、なんぞ他のカートリッジを移植することにしました。
少し悩んだけれど、やっぱりラックスからライラヘリコンを取り上げて移すことにしました。
ウェルテンはカートリッジの能力を最大限に引き出してくれるターンテーブルなので、力のあるカートリッジをつけないともったいないのです。
カーボンのヘッドシェルを奢ってやったばかりですが、外します。

d0032222_09093954.jpg



つづき
# by tama_photo | 2017-08-16 09:59 | Music & Audio | Comments(2)

形あるもの、いつかはその働きは失われ、壊れ、なくなっていきます。
お盆なのでそういうことを考えてみました。

電子レンジが壊れたので、修理にチャレンジしてみました。
2~3日前、娘が朝食を温めていたら、ボンと音がしてウンともスンともいわなくなったそうです。
結婚祝いにうちのヨメがもらったものですから、28年前の製品になります。娘より年上。

d0032222_09353828.jpg



つづき
# by tama_photo | 2017-08-14 11:51 | Music & Audio | Comments(11)

FaceBookのオーディオ系グループで、レコードを浮かせて回すという興味深い工夫が紹介されました。
ターンテーブル付属のゴムシートを取り払い、プラッターにウレタンクッションを4つ貼り付け、レコードスタビライザーで押さえて演奏するというもの。レコード盤は4つのクッションで支えられるだけで、ほとんど空中に浮いたような状態です。
これではハウリングマージンが取れないでしょうと質問すると、浮かすほうがハウリングには強くなるとの返事。
想像の範囲ではどうしようもないので、実際やってみることにしました。
まず、ホームセンターでウレタンクッションを購入。
これは通称「涙目」と呼ばれ、「戸当たりクッション」などの名前でも売られています。1袋12枚入りで357円でした。

d0032222_16311864.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-08-07 17:12 | Music & Audio | Comments(4)

DL103復活

猛暑が続いているので家に閉じこもりがちです。
昨日もずっと音楽を聴いて過ごしました。
夜になって最後のレコードに選んだのは、30センチシングル「We are the World」。H-OFFで見つけた108円レコードですね。(^^;
ターンテーブルはウェルテンパードでカートリッジはライラヘリコンです。
いつもはA面だけなんですが、珍しくB面の「Grace」もかけてみました。
レコード盤に「Composed & Arranged by Quincy Jones & Jeremy Lubbock」と書いてあるだけで他に解説はありません。
歌は入っておらず、We are the・・・の裏面ということで、これは完全にオマケですね。
ほとんど打ち込みとは思いますが、すんごい低音が入っていました。そしてこのレコードは45回転なのでカッティングレベルがえらく高いんです。普通のLPの2倍くらいの音量がします。
すると、プツッと小さい音がして曲が途切れる部分が数ヵ所ありました。

d0032222_09472497.jpg


つづき
# by tama_photo | 2017-08-06 10:36 | Music & Audio | Comments(0)