カテゴリ:ハーレー( 69 )

19,680円

バレンタインデーにハーレーをユーザー車検してきました。
その費用が19,680円です。安いっしょ?
事前の準備として
①マフラーをノーマルに
②前後ブレーキパッド交換
③排気ガスチェック
④ヘッドライトのノーマル化と光軸調整
以上、4点をやりました。②と③はディーラー任せで、この費用は含まれていません。

陸運事務所の車検場は、午前中2ラウンド、午後2ラウンドの1日4ラウンドの検査があります。
私は最後のコースを予約しました。予約はインターネットからします。
第4ラウンドは受付が14:00~15:30、検査が14:30~16:00です。

陸事へ行ってビックリ。すごい行列ができていました。 FinePix XP10
d0032222_18262243.jpg
「今日は多いなぁ」「朝からずっとこうだ」と、整備工場やディーラーのメカニックとおぼしき人たちの会話。
ユーザー車検は4回目ですが、こんなに多かったのは初めて。これで午後4時までに終わるのか、心配になってきました。
ところが、歩いて検査場へ行ってみると、2輪の継続検査ラインはガラ空きでした。
列をすり抜けて2輪のレーンへバイクを進めます。
d0032222_18282212.jpg
まずは打音検査から。
検査官が左手に持っているハンマーは、柄がとっても長くて驚きました。専用の工具なのでしょう。
ブレーキ周りをじっくり調べていました。
d0032222_18294217.jpg

それからウィンカー、ホーンなどの検査があって、外寸のチェック。
幅・・・OK。高さ・・・おや?、車検証に記載された145センチを大きく下回っています。
「高さが違います」と検査官。
「風防を低いのに替えたんです」と私。
検「変更しますか?それとも元のシールドに戻して受け直しますか?」
変更検査を受けるには、あの行列の最後尾に並ばないといけません。
私「いいえ、元に戻します」
検「それでは、ひととおり検査を受けてください。それから風防を取り替えて高さを測り直しましょう」
私「再検査は何時までに来ればいいですか?」
検「4時です」

とりあえず検査レーンに入って、最初に排出ガスの測定。なんなくクリアしました。
次にフロントブレーキの検査=OK。
リヤブレーキの検査=OK。
スピードメーターの検査=OK。
最後にヘッドライトの照度と光軸検査=これもOK。
オレンジ色の小屋(行けば分かる)に検査票を出してスタンプをもらい、急いで家に帰ります。
タイムリミットの午後4時まで、あと1時間15分しかありません。陸運事務所から自宅まで、12キロあるんです。

チョチョイのチョイと風防を交換。ビス3本を緩めるだけで交換できますから、その点は楽です。
しかし、この風防は高さがあり過ぎて、どうにもおっさん臭い。まぁ、自分も立派な「おっさん」ですが・・・。
d0032222_20154554.jpg

3時40分に車検場に戻り、別の検査官が来て高さを測ってめでたくすべて合格。
このとき、一度確認したはずの車台番号を、もう一度確認していました。つまり「すり替え」を疑ってるってこと?
d0032222_20241573.jpg

車検場の片隅に、白バイ隊が集結していました。これから集団車検?まさか。
推測ですが、一般車がいなくなったところで、スラロームの訓練をするんじゃないかと思います。
警察も陸運事務所も県の施設ですからね。
d0032222_20214352.jpg

再びオレンジ色の小屋に検査票を提出して合格印をもらい、同じ敷地内にある自動車税事務所で重量税を払い、自賠責に加入しました。
そして③番窓口に全部の書類を出します。
d0032222_2025186.jpg
5分ほどで新しい車検証を出してくれました。
d0032222_20364091.jpg
d0032222_20261354.jpg
それで、今回の車検費用ですが
書類一式   70円
検査費  1,700円
重量税  3,800円
自賠責 14,110円
これで全てです。合計19,680円。
2年に1度、この金額で済むのなら、大型二輪に乗らない手はないと思いますよ。
by tama_photo | 2013-02-14 20:38 | ハーレー | Comments(8)

北九州市若松区 そのに

きれいな景色もいいのですが、私は人間の生きているにおいのする街の風景も好きなんです。
ただ、人と話すのはあまり得意ではないので(とくに初対面の人とは)、風景写真を撮っているほうが気は楽ですね。
さて、海のそばまで行ってみると、レトロな建物がいくつかありました。
まず、石炭会館。
d0032222_2248047.jpg
赤いじゅうたんがとてもいいアクセントになっています。
d0032222_2216417.jpg
踊り場の看板はなんとかしてもらいたいのですが、窓から差し込む光で救われます。
このビルは現役という感じで、中をウロウロする雰囲気ではありませんでした。そそくさと退散。

次は、旧古河鉱業若松ビルです。
d0032222_22203499.jpg
正面玄関からは入れなかったので、みーとむーはパスしようとしたのですが、「こっちに入口のあるて書いてあるバイ」と私がさっさとそっちへ向かったものですから、仕方なく2人もついてきました。
入って早々、嘱託らしきおじさんが「ぜひ金庫を見てください」と、いきなり私たちを事務室へ引っ張り込みました。
どんな金庫だろうと奥へ入ると、それはそれは大きな「金庫室」でした。
d0032222_22281824.jpg
説明しているのは館長さんです。
大正8年に建てたとき、一緒に金庫も作られたのだと思います。
銘板によると、東京市のサクラ金庫とかいうメーカーだそうで、扉はなんと漆塗り。中は4畳半ほどもあるので、間違って人が閉じ込められてもいいように、中から開けるレバーがついていました。
これが扉の銘板。読めますかねぇ?
d0032222_22473641.jpg

そんなことを嘱託のおじさんと事務のおばさんと館長が、代わるがわる説明してくださいました。
おれたち、「へぇー」「へぇー」「へぇー」と感心するばかりでごじゃりました。
ここは今、公民館のように会議室を貸す貸館業務をしているそうです。この日は子どものピアノのレッスンがあっていました。

内部を探検しました。これは階段手すりの柱。
パンフレットにこの柱の写真が載っていたので、私もマネして撮ってみました。
他人のマネをするって大事ですよ、manmaruboobooさん。(^^;
d0032222_22503551.jpg
さすがに落ち着いた雰囲気です。
d0032222_22533368.jpg
こんな部屋で会議や勉強ができる若松区民がうらやましい。
d0032222_2302322.jpg
そうそう、トイレの壁が「漆喰タイル」でした。
手ざわりがツルッツルッのスベスベで、ものすごく手間とお金かかってそうです。
d0032222_2258642.jpg
この写真もパンフレットのマネ。
d0032222_231062.jpg
立ち寄って大正解でした。

これは古河鉱業ビルの近くにあった元三菱の倉庫。左はマンション。
d0032222_2325138.jpg
波止場には海上保安庁の船。
d0032222_2353556.jpg
だれも釣りしてなかったけど、ここは釣り禁止なのかな? 「釣り禁止」の看板はなかったように思います。
d0032222_2363428.jpg

天候に恵まれて、観光パンフレットには載っていないようなところをいろいろ見ることができて、とても楽しいツーリングでした。
最後に記念撮影。平均年齢57.66歳。
なんだかな~。。。( ̄∇ ̄;)
d0032222_2394334.jpg
335キロ走りました。給油しなかったので燃費は不明です。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。
by tama_photo | 2013-02-05 23:19 | ハーレー | Comments(2)

北九州市若松区

どどーん!
d0032222_0555188.jpg
若戸大橋は今年9月で開通50年だそうです。老朽化・・・は大丈夫?
写真はパノラマモードで撮ってみました。左から右へカメラを水平に動かしながらシャッターを押すと(正しくは、シャッターを押すと同時に水平に動かし始める)、α77が勝手に連写して、カメラがこうやって1枚の写真として仕上げてくれるのです。
まぁ~、なんと便利なことでしょう。
写真をクリックすると、かなり大きく見ることができます。

若戸大橋のたもとにあるサンリブにバイクを止め、歩いて街を散策しました。
まずアーケード街に行く路地で、空き家になった長屋発見。朽ち方が、なかなかです。
左側の長屋はだれも住んでいません。玄関と思えるドアの前には、だれが並べたか、植木鉢がズラッと置いてありました。
昔はたぶん店舗兼住宅だったのでしょう。
d0032222_1846176.jpg
アーケード街も日曜日というのに寂しいものです。
ここは「北九州市」だぜい。九州で2番目に大きな都市だぜい。
なんでこうなっちまったんでしょうね?
ハッセルふうスクエアフォーマット・・・(下をトリミングしました)。
d0032222_1954515.jpg
それにしても
d0032222_1961889.jpg
人がいない。店がない。
d0032222_1983819.jpg
アーケードを北に抜けたその先に、もうひとつのアーケード発見。
だがもっと、さらにヤバそうなにおいがします。
d0032222_19104593.jpg
やっぱり。
開いていたのはこの鮮魚店くらいで、それも早々と店じまいをしている最中でした。
この先は照明が消されて、薄暗いトンネルでした。
d0032222_19123920.jpg
ノラ猫ジョーンズはいたけど・・・。(勝手に名前をつけました)
d0032222_1921785.jpg

昼食はどこで食うか、せっかくだからこの元気のないアーケード(エスト本町)の中で食べることにしました。
蒸しパン専門店、ミスタームシパンに入りました。
好みの蒸しパン2個にコーヒーがついて350円。2個ぢゃぜんぜん足りないので、それぞれ2個足して、4個にコーヒー。
選んだ蒸しパンの種類で異なりますが、630~690円くらいでした。
d0032222_19174542.jpg
満腹になったところで、海のそばを「さるく」ことにしましょう。
若戸大橋下の公園で裸婦像発見。彼女はこの街の盛衰を見てきたのでしょうか。
d0032222_19201946.jpg
繁盛してるアーケード街って、熊本だけなのかなぁ?

また、つづく。。。
by tama_photo | 2013-02-04 19:22 | ハーレー | Comments(4)

唐津街道原町

日曜日で天気がよくて、おまけに暖かいとくれば、気分はおのずとワクワクします。
朝8時に出発しました。
今回はスクーターマン2人、というか「スクーターメン(複数形)」2人と一緒です。
マジェスティのむーくん(手前)は後輩。ホンダHawk750が売れたので、次はBMWを狙っているそうな。
同級生のみーくん(その奥)は、愛車フォルツァの走行距離が8万キロを超えたそうです。わずか4年足らずで・・・。
基山PAにて α77 DT16-50mm
d0032222_0561412.jpg
今日の目的地は若戸大橋。その若松側ですが、その前に唐津街道原町(からつかいどうはるまち)に立ち寄りました。
唐津街道といっても佐賀にあるのではなく、福岡県宗像市の南西部にあります。
宗像は「むなかた」と読みます。「むねぞう」ではありません。(^^; 念のため。
d0032222_151662.jpg
範囲は狭いのですが、きれいな街並みです。
d0032222_162638.jpg
d0032222_165768.jpg
つい入りたくなる喫茶店。でもパス。まだ先があるので。
d0032222_18325.jpg
生家を改装した美術館もパス。
d0032222_1101183.jpg
トタン屋根のケーキ屋 ならぬ 空き家。
d0032222_1124527.jpg
いい天気。
d0032222_1205875.jpg
d0032222_1132241.jpg
「電話四番」の丸正本店。振替口座番号まで看板に描いてあります。
d0032222_1144118.jpg
骨董屋の店先。
d0032222_1153517.jpg
d0032222_1212431.jpg
d0032222_1163727.jpg
次は若松区へ向かいます。若戸大橋のたもとにバイクをとめて、商店街を散策します。
珍しく、「つづく」。
by tama_photo | 2013-02-04 01:23 | ハーレー | Comments(0)

いったい何度目のツーリングやら。
指折り数えてみたら、今年になって6度目でした。1月だけで・・・
①稲佐山(長崎市) ②万田坑(荒尾市) ③長島・出水(鹿児島県) ④曾木(鹿児島県) ⑤龍ヶ岳(天草)
このペースで行けば、年間70回以上。いったい何キロ走るんだろ。
今週は振替の休みを1日取らないといけませんでした。金曜日に休む予定だったのですが、金曜日の予報は雨。水曜日は晴れて気温も上がる予報だったので、水曜日を休みにしました。

相変わらず出足が遅く、出発はまたしても10時。
目的地の大分県臼杵市までは140キロ足らずだったので、大したことはなかろうと家を後にしたのでした。
県境での気温は9℃。標高が高いこの場所での9℃は、かなり暖かいと思います。 iPhone4s
d0032222_22535512.jpg
しかし熊本はどうしてこうはみ出し禁止ばかりなんでしょう。狭い国道57号で追い越せるのは立野の4車線区間と、滝室坂の登坂車線だけ。基本的に全線はみ禁とは、あんまりじゃない?
大分に入ったとたん、センターラインが白になるのでゴボウ抜きです。

竹田の先、大野ICからタダ高速で犬飼まで。結局、臼杵まで3時間近くかかってしまいました。
原因は、やっぱり流れの悪さですよ。
チンタラ走る車が1台いれば、みんながそれに合わせるしかありません。後ろからパッシング浴びせるわけにもいかず、ノロノロ運転の車を先頭にして、長い車列が続くのです。
頼むからガス抜きの場所、追い越せる区間を増やして欲しい。ライダーの切なる願いです。

さて、現在位置がちょっと遅れるバイクナビに戸惑いながらも、なんとか臼杵の八町大路に着きました。
そうそう、熊本を出てからここまで140キロ、ノンストップでした。(^^
クルマは市営駐車場でいいけど、バイクなので丸食というマーケットの駐車場に置かせてもらいました。
ここはクルマが止められない三角地帯だから、よかろ? α77 DT16-50
d0032222_23102260.jpg
江戸時代の面影を残す八町大路。
d0032222_2311267.jpg
この建物は醤油屋。創業412年だそうです。
d0032222_23165519.jpg
ブランド名は「可児醤油(かにしょうゆ)」で、屋号は「鑰屋(かぎや)」。
どちらも初めて耳にする名前ですよ。同じ九州なのに、知らないことばかり。

こんなところが通学路とはうらやましい。
d0032222_23215639.jpg
通りに面したところに休憩所・案内所があり、その背後もきれいに整備されていました。
d0032222_23251858.jpg
d0032222_23294317.jpg
d0032222_2330238.jpg
このへんをウロウロしていたら、店番のおじさんが声をかけてきました。
「写真ですか?」 大分はイントネーションがちゃいますなぁ。大阪ふうに語尾が上がります。
        かぁ?
写真です       とね。\(-。。-)ワカランガヤ
α77とローライ35の2台持ってましたからね~。
インスタントコーヒーをタダで入れてくれたので、ちょっと座って話しました。
「いいところですね」と言うと
「でも観光客は少ないでしょ。臼杵は宣伝が下手だから」と自嘲気味に話すおじさん。
「湯布院みたいにひどく観光化するよりいいですよ」とほめてあげました。
しかし、ホントにだれもいない。。。
d0032222_2338402.jpg
腹が減ってきました。臼杵はフグが有名で、専門店がたくさんありました。
d0032222_23403812.jpg
d0032222_2340567.jpg
しかし、トリ天定食750円。 iPhone
d0032222_2342866.jpg
ゲップが出るほどの量でした。
腹ごなしに、また町をウロウロ。
ローライ35も使いました。絞り合わせてシャ速合わせて距離合わせて・・・機動性ゼロですがな。
シャッター音がささやかに「チッ」といいます。
d0032222_23532673.jpg
d0032222_23541272.jpg
d0032222_23543934.jpg
d0032222_23553798.jpg
風情のある街です。
d0032222_23561212.jpg
ウロウロしてたらあっという間に3時。もう帰らなきゃ・・・。
7時くらいに家を出れば、ゆっくり写真撮ってお昼食べて、そのあと別府へ回って高速で帰る―というルートもアリですね。
臼杵からずっと高速で熊本まで帰ると250キロ。国道57号を帰るより100キロも遠くなります。所要時間はどちらも3時間20分くらい。でもお金が・・・。
今日は平日で安くはないし、同じ道は通りたくなかったけれど、また退屈な57号を選んだのでした。
本日の走行288キロ、燃費は21.6km/ℓでした。
by tama_photo | 2013-02-02 00:10 | ハーレー | Comments(0)

バイクナビ

バイクにナビを取り付けました。
今度のナビはRWCのX-RIDE RM-XR430MCという、4.3インチのバイク用です。
防水で、ハンドルに取り付けるための金具が初めからついています。尼損で21.6K。
PEN E-P3 14-42mm f3.5-5.6 II R
d0032222_1728595.jpg
こりゃぁ簡単でエエばい。と思ったのですが、ハーレーはハンドル径が国産よりも太いらしく、このクランプがはまりません。
さぁ、どうしましょうかねー。。。
少し削ったくらいではダメなので、ハンドルクランプはあきらめて、ボールヘッドの部分だけを使うことにします。
ハンドル以外に取り付けられそうな場所を探すと、アッター!
バックミラーを取り付けていた跡(穴)がありました。少し大きいけど使えそうです。
(じつはここで日没サスペンデッド。翌朝、作業を再開しました)
ボールヘッドの部分を取り付けるため、首下50ミリの長いボルトを買ってきました。
ちゃんと測っていけばよかったのですが、「まぁなんとかなるだろう」くらいの気持ちで取り付けてみました。
RICOH GX200 5.1-15.3mm f2.5-4.4
d0032222_17412328.jpg
赤い矢印の部分にナビの台座が当たっています。↑↓の高さを稼がないといけません。
d0032222_17432474.jpg
天を向いてしまったナビは、見づらいですよ。

ホームセンターに走り、首下80ミリと100ミリのボルトと、20ミリと30ミリの長ナットを買いました。
80ミリボルト+20ミリ長ナットです。まだ当たってますね。
d0032222_17485689.jpg
ナビも、やや上向き。
これで試走しましたが、自分の顔が写り込んで見づらかったです。
d0032222_17514535.jpg

元々、画面のコントラストが低いので、下を向けるほど見やすくなるみたいです。

次に30ミリの長ナットに普通のナット1個を足してみました。
おっ、こりゃぁいいかも。 PEN E-P3
d0032222_17531054.jpg
画面もかなり水平に近いところまで下を向き、格段に見やすくなりました。
d0032222_17543221.jpg
港まで試走。強度的にも問題ありません。
前に付けていたゴリラはクルマ用だったので、ホルダーがきゃしゃで、アイドリング時は壊れやしないかと思うくらいナビが揺れ動いていました。これは「バイクナビ」という名前のとおり、ガッチリ取り付けができて安心です。
d0032222_18113449.jpg

by tama_photo | 2013-01-26 18:12 | ハーレー | Comments(2)

1月8日は代休。何の代休かというと、天皇誕生日の代休を今日もらったわけで、代休さえ取りづらいから年休が余るのは当然です。 EOS Kiss X5 18-55mm

d0032222_2241555.jpg
天気予報は「くもりのち晴れ」。10時過ぎに家を出ました。
気温は5度くらいで、暖かいほうでしょう。
長崎へ初ツーリングしたときは0度でした。
目標は「出水のツル」。
コースをどう取るか考えました。鹿児島の午前中の降水確率が30%くらいあったので、鹿児島に入るのはなるべく遅いほうがいいと判断し、天草からフェリーで長島~出水と回ることにしました。

天草に行くのもいつも同じ道じゃ面白くないので、宇土半島の南側、不知火海沿いを走ります。距離的には遠くなります。
ヤシの木がいかにも南国。しかし、だまされてはいけない。そんなに暖かくはありません。
d0032222_22521612.jpg
三角港の「海のピラミッド」。最近ちょっとさびれ気味。
d0032222_225494.jpg
天草下島広域農道を走ります。いつもながら交通量、ほとんどナシ。
d0032222_22551489.jpg
牛深港で昼食にする予定でしたが、港のちょっと手前の食堂にCB750発見!
バイク好きの店主に違いない・・・と、わざわざUターンしてここに入りました。
d0032222_2258181.jpg


d0032222_2364034.jpg
店に入るとすぐ、おばちゃんが水を出してくれましたが、寒そうな格好をしていた私を見て「温かいお茶あげましょうか?」。
鼻水出てたもんなー。(^^;
うれしいですね~。こういう心配りはホントにありがたい。
おばちゃん、どうもありがとう。
ちゃんぽんを注文。800円は安くないけど、味はよかった。
今度来たときは「特製長崎ちゃんぽん1,200円」を食うからねっ。
iPhone4S


残念ながら店主は奥の調理場にこもっているようで会えませんでした。
大事にスカーフを巻いてありますが、でもこの場所じゃ・・・、軒下とはいえ、雨風が当たるでしょう。 
d0032222_23174958.jpg
ピッカピカにレストアしてあります。いったい、いくらかかったのやら。
d0032222_23203048.jpg


牛深港に着き、フェリーの時間を見てみると、あちゃー、5分前に出航してる。Σ(|||▽||| )
次の便まで1時間以上時間があるので、港をウロウロ。
海がきれい。透きとおってます。
海底まで見える港って、日本全国そんなにないべ。 EOS Kiss X5
d0032222_23235232.jpg
頭上にはハイヤ大橋。なんとダイナミックな姿。
d0032222_23261275.jpg
そうだ、この橋を渡って下須島に行ってみましょう。海水浴場があったはずです。
小さな島なので、すぐに着きました。
砂月(さつき)海水浴場です。当然、だれもいません。波が静かなので、サーファーも来ない。
d0032222_23283669.jpg
まだ時間があるから、もっと先まで行ってみます。
今の日本、どこへ行っても道路が舗装されているから、重いハーレーでも安心ですね。
日本の夕陽百選に選ばれたという小森海岸に出ました。「烏帽子坑跡」の看板発見。
d0032222_23335857.jpg
明治30年ころに採掘が始まった炭鉱で、高品質な無煙炭が採れていたそうです。
この坑口までは船で往来したのでしょうか。超ミニ版軍艦島みたい。
いやはや、天草で石炭が採れていたとは知識不足でした。
d0032222_23361329.jpg

フェリーに乗り遅れたおかげで、いろんな名所を知ることができました。
いいタイミングでフェリーが来て、一番に乗り込みました。まぁ、降りるのは最後ですけど・・・。
ハーレーは「750cc以上」なので、1,480円です。
d0032222_23452087.jpg
船上から見たハイヤ大橋です。橋の途中にT字路の交差点があるという、なんともユニークな橋。
このループ橋を矢印のようにぐるっと回って、つい先ほど下須島へ行ってきたんです。
d0032222_23585917.jpg
30分で長島・蔵の元港に着きました。
長島は好きな島です。景色がいいし、道もいい。
今日はツルを撮るってんで、55-250ミリの望遠ズームも持参しました。フルサイズ換算だと、250ミリは375ミリ。ひと昔前なら「超望遠」のジャンルに入ります。それが手ブレ補正のおかげで、手持ちでラクラク撮れるんですからね~。技術の進歩はスバラシイ。
d0032222_23474540.jpg
長島はどこにも寄らず、黒の瀬戸大橋を渡って出水のツル観察センターを目指します。
ところが・・・
ツル、どこにでもいますがな。( ̄▽ ̄;)
道路横断中。
d0032222_2353596.jpg
逃げませんがな。
d0032222_2353449.jpg
まぁ、一定の距離は保とうとしますが、野生のツルという感じはしません。
飛びます、飛びます。
d0032222_23551859.jpg
結局、観察センターには行かずに帰りました。もう何度も行ってますから、まっいいでしょう。
d0032222_2357080.jpg
家に帰り着いたのは日没後でした。スタートがちょっと遅かったです。
本日の走行301キロ。長崎初ツーリングが299キロだったので、2つ合わせてジャスト600キロ。
アバウトなルート図です。
d0032222_2252020.jpg

by tama_photo | 2013-01-09 00:11 | ハーレー | Comments(6)

1月3日、友人と2013年の初ツーリングに出かけました。
珍しくハッキリした目的地を設定。行先は夜景で有名な長崎の「稲佐山」です。
長洲港9時20分発のフェリーで島原半島に渡ります。
乗船客が投げる食パンを狙ってカモメが寄ってきますが、なぜか腰が引けてる子どもたち。
PEN E-P3 14-42mm
d0032222_126539.jpg
怖がる原因は・・・・・・・・・これか。。。
しかし、カモメは寒いと思います。素足だし・・・。
d0032222_1265976.jpg
多比良から広域農道を通り、愛野展望台から国道251号を諫早方面へ。
長崎市に入ったところで、スクーターヲヂさんが「いちごを買う」と、牧島のほうへ。
島といっても橋でつながっています。御所浦町にも「牧島」ってありますね。どこにでもある名前なのかな?
d0032222_1382078.jpg
この牧島は当然、漁業が盛んなんですが、イチゴ栽培も盛んだそうで、漁港のすぐそばに「ストロベリーハウス」という産直店がありました。
ただし、閉まってました。( ̄▽ ̄;)!! まだ正月だからねー。
漁港を散策。海がとってもきれいです。透き通ってました。
d0032222_1411297.jpg
老後はこんな島に住みたいな。夕方ふらっと漁港へ行き、晩ごはんのおかずを釣って、たくさん釣れたら近所に配って、お返しにイチゴをおすそ分けしてもらって・・・。
まぁ、世間はイチゴのように甘くはないでしょうね。

混雑する長崎市街を抜け、長崎駅アミュプラザの横から旭大橋を渡ります。
稲佐山には30年くらい前にマイカーで行ってるんですが、そこまでの道や、頂上がどうなっていたか、ほとんど記憶がありません。
ただひたすらナビ任せ。頂上の有料駐車場に着きました。こんなテレビ塔、ありましたっけ?
d0032222_1513513.jpg
また、円筒形のりっぱな展望所がありました。30数年前にはこんな施設はなかったと思います。
d0032222_1531035.jpg

展望所の内側をぐるぐる回りながら屋上へ。なんだか三角港の海のピラミッドみたいです。
いい眺め。これが夜だと、もっとすごいのですが・・・。
d0032222_1572278.jpg
じゃあ夜景を1枚。
夜までいたのではなく、展望所に飾ってあるパノラマ大写真を写して画像処理しました。(^^;
d0032222_228893.jpg

南側は逆光になります。長崎港、その先に乙女大橋が見えます。
d0032222_159210.jpg
珍しく記念撮影。温かそうにしていますが、手がちぎれるほど冷たい北風が吹いちょります。
d0032222_265891.jpg
おなかがすいてきたので、展望所のレストランに入りました。
窓際の席が人気のようで、私たちもそこへ座りました。
d0032222_251395.jpg
長崎和牛ステーキトルコライスを注文。スープつきで1,680円。
いつもの昼食と比べればえらく贅沢ですが、「正月ぐらいはよかろう」と意見が一致。
おいしゅうございました。オススメです。
d0032222_210233.jpg
この後、山を下り、浦上天主堂に寄ろうとしましたが、正月休みなのか入口に鎖がかけられて中に入れませんでした。
バイクを置けそうな場所もなかったので、ここはパス。
長崎バイパスを縫うように走る県道45号を諫早に向かって走りました。
途中で天主堂を発見。カトリック三ツ山教会です。
d0032222_2162295.jpg
内部は撮影禁止だったので、外部から内部を1枚だけ撮影。(・_;☆\(-_-)
d0032222_2315427.jpg
許してちょんまげ、ジーザズクライスト。
d0032222_2212821.jpg
同じ道を帰るのは面白くないので、有明海を時計回りに走りま~す。
でも大川から先の沿岸道路は今週3回目だんべ。(;ーωーA
おおまかなコースです。ちょうど300キロでした。
d0032222_225404.jpg

by tama_photo | 2013-01-05 02:38 | ハーレー | Comments(8)

2012年のバイクライフを総括してみました。

d0032222_1221554.jpg
私にとって初めてのハーレーだった'97年XL1200Sは、6月30日でお別れしました。
ちょうど半年間。昨年の転倒の修理と、それから派生したトラブルのせいで、あまり距離が伸びませんでした。
このバイクの魅力はなんといっても鼓動感。トルクのかたまりといった感じで、その加速は暴力的ですらあります。
反面、振動はものすごく、高速ではバックミラーが見えません。100キロを超えると振動で足の裏がムズムズしてきます。
自作のRウィンカーステーが2回、振動で折れました。(T_T)
その後、エンジンがラバーマウントされて快適なモデルに変身しますが、「ハーレーのエンジンはリジッドでなきゃ」という根強いファンもいます。
ツーリングには4回。
2,290キロの走行でした。

d0032222_12322831.jpg
スポスタの後継がこれです。'10年FLHXストリートグライド。
正式にはFLHXではなく、FLHTCUウルトラをそれ風に改造したものでした。
オリジナリティにこだわるほうではないし、何よりも安かったのでスポスタ下取で大分のバイクショップから購入。
風防がついていてバッグがあって、ロングツーリングを楽にこなせるバイクということで選びました。
予想どおり、高速道路を使ったツーリングは楽勝ですが、渋滞にはまると最悪。
車重360キロは、さすがに手に余ります。
半年間で21回のツーリング。9,582キロ走行しました。

d0032222_1362846.jpg
'68年トライアンフボンネヴィルT120Rは、最近は近場が多くなりました。
ギヤのオイルもれ、ミッションの抜け、Fフォークなどに持病を抱えているので、年明け早々に修理する(してもらう?)予定です。
エンジン自体はじつに快調。2~3週間乗らなくても、キック1~2回で始動します。
軽い車体に回りたがるエンジン。ハーレーとはまた別の愉しみがあります。
ハンドルをもっと狭く・低くして、ツーリング向きにしたいと考えています。
じーさんがスマホ使うみたいに、いちおうこれでもETCは装備しています。
今年は新年早々の佐多岬日帰りツー545キロをはじめ、全部で9回、3,484キロを走ってくれました。



3台を合計すると、ツーリングが34回。走行距離の合計は15,356キロでした。
トラブルは数回ありましたが、大きな事故もなく、充実した1年だったと思っています。
来年もまたおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。ペコm(_ _)m
by tama_photo | 2012-12-30 13:30 | ハーレー | Comments(2)

一日中走り回って今すぐにでも寝たいところ、肥満体にムチ打ってブログを更新しまッス。
朝8時に出ました。ボディカバーをめくったら、シートがビショビショでした。防水性が落ちたのかな?
Nikon D40x 18-200mm
d0032222_22441835.jpg
朝のうちは霧が濃かったですね。今の季節は霧が出ると、その日は晴れて温かく、翌日が雨というパターンです。
しょっちゅう霧が出る人吉あたりでは、朝霧が出たら傘は持たないそうです。
でも、路面は濡れていて、泥ハネがこのとおり。ロワーフェアリングはいいけれど、こんな簡単に汚れると掃除が大変です。掃除といえば、おととい磨いたフロントホイールにも腐食が出ていました。トホホ。(T.T)
d0032222_22434914.jpg
玉名~荒尾~大牟田と通り、三池ICから有明海沿岸道路を走ります。
最近めっきり車が増えて、平均速度がグッと落ちました。
武雄南ICから西九州自動車道を終点まで利用。それでも平戸大橋についたのは12時半。4時間半もかかりました。
d0032222_22495488.jpg
目的地はここからさらに奥の生月島、そのまた突端の大バエ灯台です。
生月大橋が見えてきました。ごついシルエットです。
d0032222_22512813.jpg
生月大橋は1991年7月開通。2010年4月に無料化されました。近くで見ると、さらに迫力ありますね。
d0032222_22521014.jpg
やっと着きました。大バエ灯台です。天気がだんだん怪しくなってきたぞ。( ̄▽ ̄;)
d0032222_22575821.jpg
このへんは20~30メートルはありそうな断崖で、下は絶好の釣り場でもあります。
崖の下をのぞいたら、何人もの太公望がいらっしゃいました。何が釣れるのかな。クロ?石鯛?

特産品を買う

帰りに物産館と思って寄ったところは、ただのスーパーでした。土産物は一切ありません。
しかし、よく見てみるとおいしそうな魚介類がたくさん。
漁村のスーパーですから、マズい魚は置いてないでしょうよ。
これ、なんだと思いますか? iPhone 4S
d0032222_2363989.jpg
右の「豆わた」と「百ひろ」はクジラですよ。豆わたが100グラム798円、百ひろは980円。どちらも食べたことがないけど、高級品ですね。
正月が近いので、今の時期にたくさん売れるんだと思います。
左の「アリマ」は、はたして何なのか。まったく分からなかったので買物中のヲジサンに聞いてみました。
「中にゆで玉子が入っとるよ」
な~んだ、「バクダン」か。。。しかし、なんで「アリマ」なんだろ。語源はどこから?
せっかくなので、このアリマと蒸すり身を買いました。

特産品を食らう

おなかが空いてきたので、大氣圏という不思議な名前のラーメン店に入りました。
生月名物、あごだしラーメンは600円。麺はちぢれ麺でコシがあり、スープは塩系。脂肪が少ないから、カロリーもきっと低いでしょう。
d0032222_23174149.jpg
ふと天井に目をやると、そこにはなんとアルテックA7が。ラーメン屋にA7だって!?
なんだか、とってももったいないデス。ちゃんとジャズを歌わしてあげたいな。Voice of Theater ですぜ。
d0032222_23225362.jpg
さて、帰りを急ぎます。高速で諫早まで走り、多比良港からフェリーで長洲へ。
そのつもりだったのに、高速道路走行中に燃料切れ警告ランプが点灯。
武雄南ICで高速を下りたものの、いくら走れども周りは田んぼばかり。ガソリンスタンドがありませなんだ。どないしょう。
JAのガソリンスタンドをやっと見つけたのですが、すでにインターから相当離れてしまっていたので、高速とフェリーはやめにして、往路をそのまま帰ることにしました。
行きに写真を撮り損ねた場所があったので、それを撮りたい気持ちもあったのです。
佐世保市江迎町(えむかえちょう)潜龍酒造の酒蔵です。 D40x 18-200mm
d0032222_23351650.jpg
いいですね。見た瞬間にビビッと心の琴線を震わせてくれます。
d0032222_23392618.jpg
長崎県の有形文化財に指定されているそうな。でも朽ち果ててまっせー。
d0032222_23404236.jpg

こんなふうに、あっちに寄りこっちに寄りして帰ったので、帰宅は7時を回っていました。
11時間、435キロ。ゲップが出るほど乗りました。お疲れさま~。

コースです。行きも帰りもほとんど同じでした。佐賀県内が少し異なりますが、そこは略します。また、佐賀県内のルートはかなりアバウトです。
青いルートは、行こうとして断念した帰路です。
d0032222_123781.jpg

by tama_photo | 2012-12-29 23:52 | ハーレー | Comments(6)