カテゴリ:ハーレー( 69 )

スーパー納豆

バッテリーを交換しました。
イグニッションをONにして電圧計を見ると、やっと12Vです。これは取扱説明書によると、充電状態は25%!なのだそうです。
100%の充電状態では、電圧計は12.7Vを指すそうな。ということは、バッテリーが相当弱っているということです。
旅先でエンストなんてことが起こらないように、早目の交換に踏み切りました。

またしても中国製
d0032222_21592676.jpg
純正は66010-97Cという型番で、価格は24,820円もします。
ボーナスが出たとはいえ、いろいろと出費もあるので、ネットで同等品やら特価品を探しまくって、見つけたのがこれ。
SUPER NATTO STX30L-BS 28Ahです。(写真はアマゾンから)
大阪のバイクショップ店主も「メチャクチャいいぞ」とコメントしていたので、バッテリー専門店から購入。
7,480円に送料580円を加えても8,060円。純正の3分の1以下です。

バッテリーが届いた日の夜、液を注入しておきました。さらにゆっくり充電したほうがいいのですが、そのままでも使えると書いてあったので、そのまま入れ替えることにしました。
まずはシートを外します。ヘックスのネジを1本外すだけでシートがごっそり取れます。中はすごいホコリと汚れです。
RICOH GX200
d0032222_22141699.jpg
ぐじゃぐじゃになっている配線の下にバッテリーがあります。
バッテリーの上にECU(エンジンコントロールユニット)、いわゆるコンピュータが鎮座しておりました。
d0032222_22174251.jpg
バッテリーカバー(トップキャディ)を外そうとしますが、どうやっても外れません。
ネットで調べても分からない。取説にもそこまで詳しく載っていません。
懐中電灯で丹念に状態を調べ、パズルのように組み合わさった固定部分を見つけてやっと外すことができました。
青い部分に金具がかかっていて、カバーがなかなか外れなかったのです。
この写真では小さくて分かりづらいので、写真をクリックしてみてください。
d0032222_2223511.jpg
ターミナルを外し、バッテリーを取り出すためにバッテリーストラップを引っ張ったらちぎれました。(T.T)
d0032222_22305226.jpg
仕方がないのでターミナルにネジをはめ、そのネジをプライヤーで挟んで引っ張りあげましたが、かなりの力技でした。腰が悪い人にはお勧めできません。あっ、オレも腰が悪かったんだった・・・。
新旧バッテリーのそろい踏み。ターミナルの形が少々違うので、車体側の端子をちょっと曲げてやる必要がありました。
d0032222_22334053.jpg
交換した日と値段を書いておきます。何年もつかな?
d0032222_22513360.jpg
装着してしばらく走った後では、12.8Vを指すようになりました(エンジンは停止状態です)。
ということは充電状態100%。これで今年の冬は大丈夫ですね。

年末年始は静かなるゴキブリ男

1月には車検を控えているので、掃除のついでにマフラーをノーマルに戻してみました。
ラゲッジバッグを外して、スクリーミンイーグルを外します。このへんの作業は手馴れたもので、目をつぶってでもできるくらい。
d0032222_22411096.jpg
テールがスラッシュカットされたノーマルのマフラーを装着。
ここでふと、ラゲッジバッグガード(赤矢印)がうるさく感じられて、外してみることにしました。
d0032222_2250489.jpg
このガードは、ウルトラの名残り。FLHXにはついていません。これだけでも多少の軽量化になります。
外すとバンパーに穴が残りますが、これはそのうちアルミテープでも巻いておきましょう。
d0032222_22531999.jpg
キラキラのガードがなくなると、けっこうイケますね。いわゆる「バガースタイル」にちょっと近づいたようです。
d0032222_22553918.jpg
今日はもう出かけることはあきらめて、掃除に費やしました。ホイールを磨くのは何ヶ月ぶりでしょう。
ハーレーにはセンタースタンドがないから、ホイール掃除は本当に大変なんです。D40x 18-200mm
d0032222_22592195.jpg
港まで試走。いつもの場所で撮影。
d0032222_2304792.jpg
しかし、ノーマルマフラーの静かなことといったら、まさにスクーターみたいです。
排気音よりもメカ音のほうが大きいくらいで、カサカサカサッと走る様子は、まるでゴキブリだなぁ。ゴキブリって「カサカサカサッ」と音を立てて走るでしょ?そんな感じ。
明日からまた雨の予報。無理しても今日、走っておいたほうがよかったかもしれません。
by tama_photo | 2012-12-27 23:11 | ハーレー | Comments(6)

ロワーフェアリング取付

休みで天気がよくて体調もいいので、ロワーフェアリングを取り付けます。(^o^)
まず、現在の写真。
何もないこのスタイルも捨てがたいのですが、なんせ車重360キロ。エンジンガードは必須です。
Eos Kiss X5 18-55mm f3.5-5.6
d0032222_2040818.jpg
フェンダーやガード自体にキズをつけないよう注意しながら、ガードを前輪とエンジンの間に収めます。
イライラ棒みたいでけっこう緊張しました。
まず、上をとめます。ワッシャーを1枚噛ませて六角レンチ頭のボルト1本。
エンジンガード側にネジが切ってあるのでナットはいりません。
d0032222_2043438.jpg
次に下をとめます。こちらはフレームにネジが切ってあるので、ヘックス頭の丸いボルト2本のみ。ワッシャーもなし。
d0032222_2045798.jpg
おや?ナットが2個余りました。これはたぶん他の車種に装着するとき使うのでしょう。
d0032222_20465528.jpg
20分で作業完了。どうですか、黒いエンジンガードもなかなかいいでしょう? 純正です。
d0032222_21345484.jpg
試しに布製のソフトシールドをはめてみました。う~ん、イマイチですなぁ・・・。(-"-;A
d0032222_21125598.jpg
次にロワーフェアリングを取り付けます。
これは本体を2つに分けて、3本のボルト・ナットでとめます。エンジンガード以上に注意を払ったので、作業中の写真はあまり撮っていません。

d0032222_21294735.jpg
まず下部をネジ1本で仮留めしますが、こいつがかなり手ごわい。
ビニールコーティングされた金属ベルトの留め金具にボルトがなかなか通りません。
留め金具とフェアリングの間にはゴム製のワッシャーを挟んでいます。それで余計に通りづらいのかも・・・。
ナットがボルトに少しでも噛んだら、あとはスパナで軽く締めておきます。
このフェアリングには「定位置」というものがないので、動かなくなるほど強く締めてはいけません。


d0032222_21425680.jpg
次に上部の残りをはめます。エンジンガードを挟むような格好になります。
取り付けはグローブボックス内部で、2本のボルトにナットをかけるのですが、大きい手の人にはやりづらい作業です。( ̄∇ ̄;)オレカ?
ここも本締めせずに、仮留めしておきます。
そしてフェアリングがなるべく外側に来るようにして本締めしました。
また、フェアリングは樹脂製ですから、くれぐれも締め過ぎないようにしましょう。「パキッ」と言わせたらオシマイかもよ。

40分ほどかかって、なんとかできました。どうですか?
d0032222_21572871.jpg
早速、試運転してみます。これでどれくらい寒さがしのげるか楽しみです。
下はヒートテックの上から防風ジーンズ。靴はあえて普通のショートカットシューズで、マミコウロードを走ってみました。
Nikon D40x DX Nikkor18-200mm f3.5-5.6
d0032222_21593435.jpg
風はけっこう当たりますね。太ももやスネは、やっぱり寒いです。(=ω=)
寒さよけとしては、あまり期待しないほうがいいと思います。雨には有効でしょう。
熊本港にも行ってみました。
d0032222_2252521.jpg
左右のグローブボックスには何を入れましょうかね~。
by tama_photo | 2012-12-20 22:18 | ハーレー | Comments(4)

エンジンガード

1ヶ月前に注文していたパーツが届きました。
ハーレーのエンジンガードです。
枕崎港でボラードにぶつけ、ひん曲げた「バンパー」ですじゃ。( ̄∇ ̄;)
同じものだとつまらないので、今回は純正の黒を注文しました。
EOS Kiss X5 18-55mm
d0032222_2242890.jpg
エンジンガードと一緒に、こんなんも入っていました。
ソフトシールドといいます。
d0032222_2263944.jpg
こうやってエンジンガードに装着。風よけですね。
d0032222_22145748.jpg

これ一緒に注文したことをすっかり忘れていました。

忘れていただけならまだしも、商品が届くまでの1ヶ月の間に、オークションでこんなん落札してましてん。
ロワーフェアリング。。。(T△T)
d0032222_2210725.jpg
純正で新品で、ホンの少しキズがあるというだけでけっこう安かったんで、つい、ポチッとな。。。
う~む、なんだかとっても無駄なことしてます。
by tama_photo | 2012-12-13 22:17 | ハーレー | Comments(2)

寒稽古

こんな寒い日は、家でじっとしているに限ります。コタツに入ってミカンでもむいて・・・。
朝起きたときは雨が降ってましたが、まもなく上がり、10時くらいになると青空が少し見えてきました。
じつは昨晩、天草・旧本渡市へ行こうと約束していたのです。相手はいつものスクーターマンです。
当初、8時出発の予定が11時近くになってしまいましたが、近いので時間は大丈夫。問題は寒さかな。
当然、電熱グローブ着用。それでも走っていると足先が次第に寒くなってきました。
今日は北西の風がとても強く、普段穏やかな有明海にも白波が立っていました。
こんなとき、ハーレーは直進性が強いので頼りになります。SR500で強風時に橋を渡るのは恐怖でした。
米の山から有明町上津浦までは、高規格道路を走りました。目的地に到着したいつもの2台。
EOS Kiss X5 EF-S 18-55mm/f3.5-5.6
d0032222_1204766.jpg
今日はここへ来ました。
瀬戸歩道橋です。旧本渡市入口のループ橋から見える赤い橋です。
d0032222_1232233.jpg
中央部が昇降する構造になっています。以前アップした筑後川昇開橋と似ていますね。
橋は歩行者専用で、「バイクはエンジンを切り、押して渡ってください」と警告がありました。
d0032222_129227.jpg
ちょうど原付バイクがやってきたので見ていると、若者はバイクを降りると同時にエンジンを切り、押して渡っていきました。
ほほー、感心なもんです。
d0032222_1311538.jpg

私たちは歩いて渡ることにしました。トラス組みの鉄骨がなかなかよいですね。
d0032222_1343038.jpg

そしたら対岸に監視所がありましたがな。この2階の窓からおじさんが見張ってました。
なーんだ、どうりで若者もちゃんと守るわけだ。
もちろん、おじさんの仕事は監視だけじゃなくて昇降の操作をやっているのでしょう。でも今日はヒマに違いない。
d0032222_133185.jpg
大きな船がこの瀬戸を通ると橋が上がるんですが、この強風では船もお休みだろうと、橋が上がった写真はあきらめました。
しかし、同じような構造の橋でも筑後川昇開橋は観光資源として活用され、ここは完全に暮らしのための橋でしかありません。
案内板とか立てて周辺を整備すればいいのになぁ。熊本は資源を活用するのが本当に下手だと思います。

次に立ち寄ったのは丸尾焼。
天草はいい陶石が採れます。その割に窯元は少ないんですが、ここはその数少ない窯元のひとつです。
d0032222_1483981.jpg

見るだけ、のつもりだったのに、温かいコーヒーと手作りのクッキーを出されたので、つい買ってしまいました。
外へ出たら、青空が広がっていました。風は相変わらず強くて冷たくて。。。
d0032222_150699.jpg

このあたりは、ついさっきまで雨が降ってたんじゃないかな。駐車場には水たまり。
d0032222_1522826.jpg

帰りは宇土半島の南側、不知火海沿いを帰りました。
本日の走行185キロ、20.1km/ℓでした。
d0032222_156128.jpg

by tama_photo | 2012-12-10 02:12 | ハーレー | Comments(4)

家庭訪問

12月1日、珍しく土日月の3連休になったので、独りで出かけました。
早朝は冷え込んだので、9時半頃出発。走りながら、どこへ行こうか・・・佐多岬は遠いな・・・鹿屋のカツ丼食おうかな・・・と考えますが、どこも決定力に欠けます。
あっ、そうだ。Tんちへ行こう。大々的に家をリフォームしたと言ってたから、のぞいてみよう。
Tくんは鹿児島市に住んでいます。本人も奥さんも早期退職して、今は適当に仕事をし、サックス吹いて第九を歌って、ゴルフや釣りで暇をつぶしています。
手ぶらじゃなんだから、なんなっと(とりあえず何か)買っていきましょう。宇城彩館に到着。
iPhone 4S
d0032222_18593917.jpg
D40xもバッグに入ってるんですけどね、SDカードが入ってなかったんです。
最近、こんなドジが多くて困ります。認知症が出始めているんじゃないかと、少々心配。

サイドバッグに入るという条件で土産を探して、スイートスプリング1袋を買いました。350円。( ̄∀ ̄;)
松橋ICから高速を走ります。
えびのPAで休憩し、ここでTくんに電話を入れますが、「ただいま電話に出ることができません」とアナウンス。
留守電入れなくても、そのうち着信に気づいて電話してくれるだろうと、先を急ぎます。
鹿児島北ICで下りて、ナビに従い進みます。あいや~、まだ火山灰がいっぱいだ。
d0032222_1984289.jpg

雨が降ったら滑りそう。街中もホコリっぽいですね。
かわいそうなのはクルマ屋さん。展示車両はどれも灰まみれでした。
d0032222_19461921.jpg

到着。ここがTくんち。おや、クルマが・・・。
愛車の黒いアウディA4がありません。止まっているのはプリウス。
燃費がいいだけで何のとりえもないという、あのプリウス・・・。\(-_-#
d0032222_1913110.jpg

Tくんには1男1女がいますが、長女は嫁いで福岡に。たしか息子はまだ独身で同居だったはず。
ということは、燃費がいいだけで何のとりえもないという、このプリウスは息子の車?\(-_-# ヒツコイ
d0032222_1946469.jpg

ゴルフにでも行ったか・・・。
まぁ、ちょくちょく会ってるから、今日会えなくてもいいんです。
お土産のスイートスプリングを玄関のドアノブに下げ、Tくんちを後にしました。
おなかが空いてきたので、鹿児島中央駅へ行って黒豚トンカツを食おうと思いました。しかし、駅周辺に駐輪場ってないんですね。駅舎の表と裏をウロウロしても、それらしき場所も看板も見当たりません。
そうこうしているういちに電話が鳴りました。Tくんの妻でした。
バイクの音がして、宇城彩館の350円のスイートスプリングが下がっていたのでオレだろうと思い、電話したそうな。そうか、値札が付いたままだったか。(TωT)

なんとTくんも家にいました。クルマはアウディからプリウスに換えたのだそうです。
コーヒーでも飲みに来ないかと、Tくんのお誘いがありましたが、また引き返すのもめんどぷ~んだったので、そのまま帰ることにしました。帰りは下道を走るから時間も余計かかります。

黒豚トンカツはあきらめ、途中のラーメン屋に入りました。
d0032222_19263681.jpg
黄色い醤油カレー麺を注文。700円。
ここは創作が好きみたいだな~。いただきまーす。
d0032222_19284737.jpg

高速は寒いので下道を走りましたが、下道も寒かった。スピードは出ないけど、走ってる時間が長いから、やっぱり冷えます。
出水のクレインパークでトイレ休憩して、我慢できずに雨具のズボンをはきました。あぁ、もっと早くからはきゃぁよかった。
d0032222_19454340.jpg
380キロ走ってました。
by tama_photo | 2012-12-03 19:48 | ハーレー | Comments(4)

湯前町へ行くのだ

水曜日に代休をもらったので、独りでツーリング。
まぁ、水曜日に「行こうぜいっ!」と誘っても、だれもついてくるわけないし、ハナからあきらめて一人行くことに。
天気は良かったものの、気温が低いので電熱グローブの今季初登場です。
d0032222_0212269.jpg
体内(?)の配線に手間取って、出発が11時になってしまいました。大丈夫かいな。
行先は球磨郡湯前町(ゆのまえまち)です。
行きは下道。旧東陽村から五木村へ、県道25号を通るのですが、旧中央町の「日本一の石段(3000段)」のそばを通って行こうとしたのがそもそもの間違いでした。えらく遠回りになるのです。
おまけに道を間違えて氷川ダムのほうへ回ってしまいました。
Nikon D40x 18-200mm
d0032222_0123849.jpg
ですが、こういう景色を見られたので、よしとしましょう。紅葉も残っていました。
d0032222_0134658.jpg
五木村の道の駅でココアを飲んで腹を温め、トイレ休憩。さすがにバイクは1台も見ませんでした。
ここで次の目的地「湯前まんが美術館」をナビに入力。案内に従って川辺川沿いに国道445号を南下。
途中から県道48号に入り、あさぎり町からは国道219号です。
湯前まんが美術館に到着。
d0032222_0202054.jpg
変わった建物です。この形に何の意味があるんだろうとしばらく考えて分かりました。

d0032222_0234138.jpg
これですよ。
人吉地方の郷土玩具「きじ馬」です。木工職人の木地師たちが作り始めたので、そこから「きじ馬」という名前になったとか。
鳥のキジに似ていないこともないかな?
手のひらに乗るような小さなものから、それこそ馬のように、子どもが乗って遊べるようなデカいやつまであります。
人吉のお土産にぜひどうぞ。

まんが美術館では「クッキングパパ原画展」が開催中でした。
館内は撮影禁止なので写真はありません。
d0032222_0433454.jpg
しかし、漫画といえども原画はやっぱりスゴイですね。単行本はB6くらいのサイズですが、原画はB4ほどあります。そして、修正した跡があり、吹き出しにはひとつずつセリフが切り貼りされていて、描いた人たちの気持ちまで伝わってきそうです。
この漫画、クッキングパパはあまり読んだことがないのですが、原画を見ていると読もうという気になってしまいます。
館内には、クッキングパパの単行本全巻が置いてありました。館内で読むのは自由です。私は第1巻を半分ほど読みました。

次は昼食です。
スマホで温泉センター湯楽里(ゆらり)にレストランがあることが分かったので、そちらへ向かいます。まんが美術館から3キロほどです。
はい、着きました。
d0032222_0385123.jpg
写真をクリックして拡大表示するとよく分かりますが、向かって左側に石塀のようなものが見えます。
湯前町には、古い石の蔵が多く残っています。これはたぶん、町の象徴である石蔵をモチーフにしたものでしょう。
今回のツーリングでは、その石蔵を撮ることも考えていたのに、出発が遅かったのであきらめました。
またいつかリベンジしようと思います。

d0032222_0394113.jpg
昼食は潮箱膳(うしおはこぜん)840円を注文。
カロリー控えめで、いろんな料理が少しずつ味わえます―という説明でした。
寒かったから、もっとガッツリでもよかったんですけどね~。
さすがにご飯が少なくて「物足りない」というのが正直な感想です。
それに、入浴客はけっこういたようですが、30席ほどもある広いレストランに、私一人だけというのはちょっと寂しかったですよ。3時過ぎてたから、当たり前?
iPhone 4S


湯楽里から見た人吉盆地。平坦な土地がずーっと広がります。
d0032222_0533790.jpg

売店でお土産に「豆腐の味噌漬け」と、人吉球磨地方でとれた利平栗を使った「利平ようかん」を買いました。
羊羹は1,500円と、ちょっと高いですが絶品でした。あんこをまったく使っていない、利平栗と砂糖だけで練り上げてあるとのことで、オススメします。
帰りは人吉ICから高速で松橋ICまで。「もう着いちゃった」と思えるほど飛ばして帰りました。
例によって、赤が往路、青が復路です。走行は240キロ。19.7km/ℓでした。
d0032222_211231.jpg

by tama_photo | 2012-11-30 00:58 | ハーレー | Comments(6)

オイル交換

ハーレーのオイルを交換しました。
取説によると、エンジンオイルとオイルフィルターは8,000キロ毎、プライマリーチェーンケースオイルは16,000キロ毎、ミッションオイルは32,000キロ毎の交換となっています。
納車時に全部交換してあったとしても、ほぼ8,000キロを走ったし、季節も夏から冬になったことだし、まとめてみんな交換することにしました。
それともうひとつ、ミッションがどうもシブいので、それが改善されることを期待しての交換です。
スポーツスターのときはDIYだったけれど、ビッグツインはオイルが3種類あって車体が重いのでディーラー任せにしました。
とはいえ・・・
d0032222_2143537.jpg
こんなに高いとは・・・。(TωT)
ちょっとぉ~・・・もうけ過ぎちゃう?
娘の誕生プレゼントよりも高くついたどー。
d0032222_21511733.jpg

ミッション快調
オイル交換後、ミッションはずいぶん軽くなりました。ニュートラルが出やすくなって、変速時のショックも軽減。
なんてったって2諭吉っちゃんですから!

DIYだと
これをもし自分でやったらどうなるか、試算してみました。購入先はネットショップです。
ハーレー純正エンジンオイル20W-50×4本  5,200円
純正ミッションオイルフォーミュラプラス×1本 1,533円
純正プライマリーオイル   〃     ×1本 1,533円
純正オイルフィルター           ×1個 1,435円
ガスケットサービスキット         ×1セット 572円
廃油処理箱オイルパックリ        ×2個   740円
送料と振込手数料                  1,025円

全部合わせて12,038円になります。オイルを上級グレードのSYN3(化学合成オイル)に換えても1万6千円ほどでできます。
ウ~ム、やっぱり次からDIYでいこうっと。
by tama_photo | 2012-11-26 21:55 | ハーレー | Comments(2)

ロンツー2発 下巻

2回目 11月7日(水)枕崎
土日働いたので、今週は月曜日と水曜日が休みでした。月曜日は雨にたたられたけど、今日は大丈夫。ウソつき気象庁が「晴れ」と言ってましたから…。
おいしいカツオを食べに、枕崎へGO!
もう着きました。早っ!\(-_-#
Nikon D40x 18-200mm
d0032222_0562786.jpg

7時半に出発し、タダの高速を利用しただけで、下道を延々と枕崎まで走りましたよ。
これは道の駅阿久根で撮ったもの。風が強く、白波が立っていました。さすが鹿児島。(意味分かる?)
d0032222_114011.jpg

カツオ漁船をバックに記念撮影。というか証拠写真。…この後の不幸を暗示するかのような。
d0032222_13643.jpg


d0032222_161639.jpg
ここに止めると漁民の邪魔になるバイと、駐車場にバイクを移動。
ところが、ヤッコカウルに邪魔されて、このボラード(語句の意味はネットでお調べください)が見えませんでした。
ガツ~ン!とエンジンガードが接触。かなり曲がってしまいました。
足で蹴とばして戻そうとしましたが、無理。あきらめてメシを食うことにしました。


d0032222_175984.jpg
おさかなセンターの中に「さかなや食堂」ができていました。安くてうまそうだったので、さかなや定食650円を注文。
お目当てのカツオ刺身もちゃんとついてます。左の皿はカツオのフライとサラダ。
この直後に別のお客さんが同じものを注文してましたが、「すみません、カツオがなくなったのでほかの青物魚になります」とおばちゃんが断ってました。
ということは私のがラストカツオ。妙なところでラッキーなワタシ。(TωT)チーン
iPhone4S

カツオの内臓を塩辛にした「酒盗」は大好物ですが、血圧にも腎臓にもよくないのでパス。
実演していた削り節をお土産に求めました。これからの寒い季節、だご汁の出しには欠かせません。
帰りは谷山ICから高速道路でバビュ~ンと帰宅。430キロほど走りました。
d0032222_1195959.jpg

by tama_photo | 2012-11-11 01:29 | ハーレー | Comments(4)

ロンツー2発 上巻

今週は県外に2回もソロツーリングしました。

1回目 11月5日(月)湯布院
天気予報では「午後から急速に回復します」と言ったので、ほんとは別府まで走りたかったけど、出発が遅かったため、ともあれ行けるとこまで行こうと阿蘇を目指しました。
ところが、ウソつき気象庁のおかげで阿蘇の手前の立野で雨に遭遇。加えてこの霧。まっ白で何も見えません。
休憩がてら弁当屋で昼食をとりました。
EOS Kiss X5 18-55mm
d0032222_019336.jpg

立野は阿蘇外輪山の入口。標高が急に高くなる部分なので、ここで雲が発生するのでしょう。
だからといって、ハズレ天気予報の言い訳にはなりません。
待っていても晴れそうになかったので、もっと上に行けば晴れるだろうと期待し、出発。
案の定、赤水を過ぎたあたりから雨はほとんど降らなくなりました。
宮地から左折し、瀬の本高原を目指します。
一の宮町三野という、外輪山を上る道路の部分は今年7月の豪雨で土砂崩れが起きていました。道路沿いにあった骨董品屋が跡形もなく消えていたのには驚きました。人的被害がなかったことを祈ります。

いつもバイカーが集う赤い三角屋根の三愛レストハウス。
だーれもいません。(T.T)
d0032222_0315579.jpg

高速道路ではないのに、なぜか「やまなみハイウェイ」。残念ながら霧が出ていて、なかなかペースが上がりません。
d0032222_042010.jpg

牧戸峠付近の紅葉です。そろそろ終わりかな?
d0032222_0383335.jpg

長者原では一瞬、霧が晴れました。
初めて遭遇したバイカー5人はこれからいずこへ…。
d0032222_0401076.jpg

長者原、ここを走りたかったのです。
d0032222_0445852.jpg

道の駅ゆふいんに到着。雲の切れ間から時おり日が差しますが、うすら寒いのには変わりありません。
時間もないので湯布院の街にも立ち寄らず、ホットココアを1杯飲んだだけで、あとは高速で帰ることにしました。
d0032222_048266.jpg

ウ~ム、なんだかとっても寂しいツーリングでしたね。走行距離は350キロほどでした。
by tama_photo | 2012-11-11 00:52 | ハーレー | Comments(0)

ウィンカー交換

天気が良くなかったのでバイクをいじって過ごしました。
今日はリヤウィンカーの交換です。

d0032222_23204367.jpg

いま流行りのLEDのウィンカーがついていました。もちろん社外品。
はじめは「カッコいい」と満足していたのですが、ハイフラ気味だったし、一緒にツーリングしていた友人から「小さくて見づらい」と指摘されたのです。
ウィンカーは7平方センチ以上の面積があることと定められています。基準を満たしているかどうか、このLEDウィンカーはかなり怪しかったので、FLHXストリートグライド用のリヤウィンカーをオークションで手に入れ、交換しました。

このままでもよかったのですが、ナンバー灯がえらくショボいのです。
LEDが3つついたビニールパイプ状のものを両面テープでウィンカーステーに張り付けただけ。上の写真とまん中の写真にわずかに見えています。
それに左右ウィンカーの幅が狭く、後続車へのアピール度が低いと思いました。
そこで今回、ウルトラ用の幅広いウィンカーを取り付けました。(写真は他車)
ノーマルマフラーとともに、バイク屋さんが送ってくれたものです。

ところが、事はそれほど簡単ではありませんでした。
まず、ナンバープレートの位置が高過ぎたので、これを3センチほど下げました。
次にナンバー灯の配線をつなぎ替えないといけません。ウィンカーはソケットが残っていたので、ただ差し込むだけでOKでしたが、社外品のナンバー灯は尾灯の配線から分岐して電源が取ってありました。
これをニッパーで切断してギボシでつなごうとしたところ、あまりに細い線だったために分岐の部分から折れてしまいました。(イライラしてたので写真はまったく撮っていません)
そこをハンダづけし、絶縁のためにゴム系接着剤を塗り上からビニルテープを被せました。
ポツポツと雨が降る中、なんとか作業完了。

動作チェックをすると、右も左もちゃんと点滅します。
最後にブレーキランプが点くかチェック。アレ?
アレ?アレ?アレ?
尾灯は点くけど、ブレーキランプは光りません。
球切れでしょう。     つづく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづき

d0032222_924791.jpgバルブは「ウェッジ球」といって、ソケット部分の金具がないコストダウンされたタイプのものでした。
これを引っこ抜くのに時間がかかり、球切れかどうか調べるのにまた時間がかかってしまいました。
どうみてもフィラメントは切れていません。テスターで測っても導通しています。しかしソケットに差し込んでリード線の導通を測るとつながっていないのです。
電球から出ている4本の脚をヤスリで磨き、ソケット側の接点も磨き、それでも点き方が不安定です。

右の図では脚が2本しか描いてありませんが、実際には左の写真のように4本の脚があって、その脚は表側と裏側に2本ずつ曲げられています。まぁ差し込むときの表裏の区別はないんですけどね。
内側2本が尾灯、外側2本がブレーキランプの脚です。
結局4本の足を外側へ広げるように「へ」の字型に曲げ、やっとブレーキランプが点きました。
by tama_photo | 2012-10-27 23:48 | ハーレー | Comments(0)