カテゴリ:Music & Audio( 279 )

100円LPとDL103

こう毎日暑いと、どこかへ出かける気力が起きません。
道の駅も県内は全部行ったし、かといって庭の雑草を抜くのは自殺行為だし・・・。
早朝から鳴くクマゼミの声が暑さに拍車をかけます。
殺虫剤を大量にまいてクマゼミを退治したら、気温が1~2℃下がる気がするのは私だけ?

C3のカタログが欲しくてシトロエンのディーラーへ行ったら定休日だったので、H**D-OFFに寄り道しました。
ここも久しぶりです。目的はLPなんですが、コンテナ箱にLPもLDもVHDもいっしょくたに投げ込んであるので探すのが大変。
でもその分、値段が安いので仕方ないですね。
きょうの収穫はチューブの「シーズン・イン・ザ・サン」と「We Are The World」の2枚、216円ナリ。

d0032222_09283961.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-08-02 10:21 | Music & Audio | Comments(4)

LNP-2Lのブラッシュアップ

LNP-2Lについて新たな情報がまたひとつ。
それは、CDをテープ端子にXLRで入れてテープポジションで聴くのと、レモ端子で入れてソースポジションで聴くのは違う。端子の違い以外にゲインの違いが大きい―というものです。
さっそくやってみました。
手持ちのレモピンを全部使ってしまいましたよ。一番下の片側は壊れているので、抜けないうちに交換しなくちゃ。
上からフォノ1、フォノ2、CD、パソコン(DAC)です。

d0032222_15320420.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-31 16:29 | Music & Audio | Comments(4)

夏の音

クインシー・ジョーンズのCD「Back on the Block」を久々に聴いた。
ドラムは完全に打ち込み。他の楽器も、弾いているかもしれないが、限りなくコンピュータの合成音に近い。
ミュージシャンの欄には「ドラム・プログラミング」や「シンセサイザー・プログラミング」として数人の名前が挙がっている。
やっぱりそういう音は不自然だし、歌にも私がきらいなラップが入っていて、とても愛聴盤とはいえないCDだ。
でも数曲はメロディーラインがきれいなものがあるので、カーステレオ等で年に1回くらいは聴いていた。
改めてちょっと大きな音で鳴らしたら、2曲目のBack in the Blockで聴き慣れない音がした。
あれ?と思って聴き直す。
なんだこの音は?

d0032222_10194305.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-28 11:06 | Music & Audio | Comments(2)

過去記事をずーっと読んでいたら、こんなものがありました。
オーディオ遍歴
もう2年以上前の記事です。
気が向いたので、第2弾を勝手にいってみます。(^^
その前に、ホーン型スピーカー最後の写真を紹介しておきます。

d0032222_18000171.jpg

エンクロージャーがJBL4560。詳しくいうと、4560BKSです。BKAが米国製でBKSは国産。合板の材質が微妙に違うという人もいます。これは裏にサンスイ電機の銘板が張ってありました。
もしかして「BK」はブラックの略で、「A」がアメリカ「S」がサンスイって? まさかねー。
2441ドライバーには2350ラジアルホーン。ツイーター2402は音道に下げていますが、これがネックでした。
音像がまとまらないんです。もっと奥に引っ込めるべきでした。ツイーターのケーブルはベルデン9497です。
ウーハーはアルテックの515Bになっています。
ラックは上からCECのトランスポートTL51と、その下はマイクロメガ(フランス)のDAC1です。
なんでセパレートにしたんでしょうね。場所取るのに・・・。
その下が管球式プリアンプです。ファーストサウンドという、これは米国のガレージメーカーではないかな。
建具屋Sくんからの借りもの。
ターンテーブルはPro-ject RPM9(オーストリア)で、カートリッジは記憶にありません。昇圧トランスが見当たらないので、たぶんシュアのV-15IIIだったかと思います。このころはCDが主で、LPはあまり聴いていませんでした。
そしてパンチングメタルで隠れたところに管球アンプが2台、自作EL34ppとエレキットKT88シングルが入っています。その下にアンセム(カナダ)のEL34pp。ツイーターをKT88シングル、ドライバーをアンセム、ウーハーを自作アンプでそれぞれ鳴らしていました。
一番下がチャンデバのアキュフェーズF15です。500Hzと7000Hzの12dB/octにしていました。



つづき
by tama_photo | 2017-07-22 22:10 | Music & Audio | Comments(0)

仮想アース

これもフェイスブックがらみの話題です。
銅線をグルグル巻きにしたコイルをオーディオコンポーネントのアース端子につなぐと、音が良くなるというハナシ。
電機知識豊富な方による解説では・・・
理屈的には機器の電位の基準となるシャーシ(フレームグランド)に、リアルアースより一桁以上抵抗が低いコイルをつなぐことで、コイルに吸い寄せられたノイズを減衰させ、信号がクリーンになり、周波数バランスは変わらず、音がハッキリ力強くなってスレテオ感も増す・・・だそうです。

オークションで入手したムジカライザーの付録に鉄芯コイルが混じっていたので、やってみました。

d0032222_15030940.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-14 15:53 | Music & Audio | Comments(12)

電線ケーブル

Facebookでオーディオ系のグループに入っているが、そこでスピーカーケーブル論議が白熱化している。
ケーブルは断面積が広くて(大きくて)短い単線が最高。それ以外にない―というデータ至上論者。
ケーブルにはそれぞれ特徴があり、目的に合わせて使えばよい―という感覚重視論者。
いつまでたっても議論は噛み合わない。

私はどっちかというと後者だが、スピーカーケーブルに単線を使ったことはない。
オーディオのケーブルには撚り線のほか、同軸やシールドや光ファイバーなど、たくさん種類がある。とくにスピーカーケーブルは同じ電線なのにこうも違うものかと思うほど音が変わる。
まだ若くて聴覚神経が研ぎ澄まされていたころの話、( ̄∀ ̄;) LS3/5aをあれこれセッティングしていて左側の音がおかしいことに気づいた。
調べると、オーディオテクニカのケーブルの接続方向が逆になっていたのだった。コジマ電器から買ってきたメーター数百円の安いSPケーブルだったけれど、いちおう方向性が指定されていた。それが逆になっていて音の変化を聴き逃さなかったのだ。これには我ながら驚いた。
でも、データ至上主義者の方は信じてくれないだろうな。電線の向きで音が変わるなんて・・・。

前置きが長くなったが、単線のスピーカーケーブルを聴いてみようという気になった。
ホームセンターで線径2ミリの2芯VVFケーブルを3メートル買ってきた。254円×3m=762円だ。

d0032222_09321631.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-07-08 10:40 | Music & Audio | Comments(14)

LNP-2Lを手に入れてからやがて1年たつのに、じつは使い方がいまひとつよく分からない。
なぜそこのサイトにたどり着いたか覚えていないが、興味深い記事を見つけた。
うろ覚えだが、こんなことが書いてあった。

d0032222_21240565.jpg

・ゲイン設定による音の変化は大きい
・ゲインが0dB、10dBの音は冴えない
・私は0dB、10dBにしようとは絶対思わない
・LNP2を使いこなそうと思うのならブロックダイアグラムは空で描けなければいけない




つづき
by tama_photo | 2017-07-06 22:38 | Music & Audio | Comments(2)

パソコンに取り込んだLP音源をいじっていたら、いろんな問題の解決法が分かってきたぞ。

d0032222_13392135.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-06-27 14:16 | Music & Audio | Comments(15)

気になるプレーヤー

世はアナログがブームだそうだ。
遅いよ・・・って鼻で笑いたい気分だが、便利と合理性一辺倒で突っ走ってきた日本で、間逆のアナログがブームになるのはうれしい。
先日も娘が突然「レコードのことを教えて」と言った。その後、なんのお問い合わせもないのは置いといて。( ̄∀ ̄;)
考えてみたら、娘は生まれたときからカセット、CD、MD、DVD、MP3で育ってきた。レコード盤が回るのは今の家に住んでしばらく経ってからだから、まだ10年くらいではないか。
もちろん自分のLPなんて持っていないし、レコードをかけたこともない。時代だなぁ。

話は巷のアナログブームに戻るが、最近はレコードプレーヤーが安いのから高いのまで、新興メーカーを含めてたくさん発売されているようだ。
その中で気になるやつをいくつか。
まず米国はアイオン・オーディオのマスタング。29,800円。

d0032222_09132693.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-06-22 10:33 | Music & Audio | Comments(2)

HMV102 修理

先日落札したHMV102、回すと異音がする。
レコードをかければその音にかき消されてしまうけど、無音状態では「カサカサ」「コトコト」とにぎやかだ。
静かさでいえば、日本ビクターのほうが上。世界の名機が日本製に負けてはいけないので、ちょっと見てみよう。

d0032222_00305293.jpg


つづき
by tama_photo | 2017-06-19 01:47 | Music & Audio | Comments(2)