カテゴリ:Music & Audio( 277 )

配線工事

日曜日なのに、一日中雨でした。
トラの車検整備をするつもりだったのですが、何もできません。
こんなときはステレオをいじりましょう。
ちょっと面白い計画があるので、そのための下準備です。

かれこれ30年前に作った6CA7(EL34)プッシュプルの真空管アンプです。
LS3/5aを効率よく鳴らすために、出力インピーダンスを16Ωにしていました。
それを8Ωに戻すのです。
アンプを裏返すと、内部配線が見えます。
電気オンチが作ったやつですから、配線の色分けはメチャクチャですね。
d0032222_209131.jpg

d0032222_2095343.jpgアウトプットトランスのラベルに、8Ωは「9 AND 12」と書いてあります(赤い線のところ)。
参考までに16Ωは「7 AND 12」です。
スピーカーの+端子がトランスの9番端子につながるよう配線をつなぎ替えます。
ハンダを溶かして外そうとしましたが、ハンダごてのワット数が小さいのか、なかなか溶けません。
もしかして銀入りハンダだったかな?
我慢できずに、ニッパーで切断しました。
ハンダづけは手早くしないといけません。電子部品?を長い時間加熱するのはよくないのです。
赤い矢印のように、7番から9番へ移設完了。
黄色いコンデンサーの被膜が、ハンダごての熱で少し溶けているのが分かります。
( ̄∀ ̄;)

このように、後から配線をやり替えるのはとても面倒です。
今にして思えば、8Ωのほかにもうひとつ端子を設けておけばよかったですね。
今だったら8Ωと4Ωかな。
最近は低インピーダンスのスピーカーが増えてきたので・・・。

ハンダごてもそろそろ寿命。
ヤスリで先端を研ぎながら作業を進めました。
こての先っぽだけ売ってるはずです。
今度買ってこよう。

なにしろ30年近く昔のアンプですから、コンデンサーなどは全部交換すべきでしょうが、配線図はなくしたし、電気の知識はないしで、このまま我慢して使うことにします。
もちろん、球は2回ほど換えています。
ちなみにこのアンプ、材料費だけで7万円を超えています。30年前だから、けっこうフトコロに響きましたヨ~。

終わりに、タイラップで配線をまとめます。


ここしばらく使っていなかったので、真空管の端子やピンプラグの端子を磨きました。
まず、真空管を全部抜いた状態で電源をON。
異常がないのを確かめて、次に真空管をさしてON。
最後に、プリアンプとスピーカーをつないでON。
d0032222_20365827.jpg
うひゃひゃ~、やっぱ真空管はエエですねん。
このボワッとした灯りと柔らかな音が。
試しにN801をつないでいますが、思った以上によく鳴ります。
こりゃ楽しみだワー。(・ω・)
by tama_photo | 2011-10-30 20:44 | Music & Audio | Comments(0)

スレッショルド

プリアンプをプチ替えてみました。借り物ですよ、借り物。
スレッショルドT2Gといいます。
10年以上も前に発売された製品で、スレッショルドは現在、正規ルートでは輸入されていません。
友人がショップに委託販売で出したのですが、買い手がつかなかったため引き戻したとのこと。
ちょっと借りて使ってみて、良かったら譲ってもらうつもりです。定価の10分の1くらいで。。。(^^;

PEN E-P3 M.ZUIKO DIGITAL 17mm/f2.8
d0032222_1728789.jpg
電源部が別になっていて、アンプそのものはDC(直流)駆動されます。
不具合はリモコン。
信号は出ているけど、アンプ側に問題アリで作動しません。

アウトプット2系統
コイツはバランス出力が2系統あります。
パワーアンプ2台使いの私には、もってこい。
1系統しかないのを2股ケーブルで分岐して使うより、音はいいはず。気分的にも。。。
d0032222_1743942.jpg

d0032222_17484676.jpg
これまで使っていたステロP200(stello:韓国製 「捨てろ」ではない)より若干高さがありますが、なんとかラックに収まりました。
色合いもシルバーで揃いました。
フォノアンプが天板にスレスレです。すき間は2ミリくらい。
電源部はどこにも入らないので、邪魔だけど外に投げ出しておきます。( ̄∀ ̄;)

試聴
「静かになったかな?」、つまりS/Nが向上したかなと思う程度の変化です。
Made in アメリカのアンプなので、個性的でバリバリ元気な音に「激変」するかと期待していたのですが、ステロと価格の差(3:1)ほどの違いはありませんでした。
できれば電源入れっぱなしのほうがよいらしいので、しばらく通電して音の変化を聴き究めたいと思います。
オレの駄耳じゃ無理かな・・・。(TдT)



本腰で試聴
24時間以上通電して、改めて聴き直してみました。

d0032222_2254720.jpg

音源は、俗に言う音質のいいもの、レンジの広いものを主に、新旧とジャンルもいろいろ取り混ぜて、10枚ほど。
レコードも数枚かけました。
最初に感じたのは、音楽のテンポが遅くなったかな?と。
S/N比が上がって雑音が減り、音が澄んでくると、だいたいにおいて音楽はスローテンポで聞こえるようです。
これは過去、何度も経験しました。もちろん「気のせい」なのですが、今回もそんなふうに感じたのです。
そして、中高域が豊かで滑らかになりました。とくに中域が前に出るようになって、しかもそれがうるさくありません。
これまで淡白だった部分に、脂が乗った感じです。「ギラギラ」じゃなくて「キラキラ」程度ですが・・・。
期待していたレンジの広がりは、残念ながらそれほど感じませんでした。これは使ったケーブルにもよります(後述)。
打楽器の再現がリアルになりました。
中高域が充実したうちの一現象ですが、使っている打楽器の材質や大きさ、形状が想像できるのです。
もちろん、単なる思い込みかもしれません。

プリとメイン間のバランスケーブルは2種類を使いました。
ひとつは行きつけのショップで買った中古のアメリカ製。もうひとつは友人からもらった国産。
この国産品がかなり良くて、低域に使えばローエンドがわずかに伸びるし、中高域に使えば前述したように音が前に出てきます。
今回、聴いたときに感激したのは低域の伸びよりも中高域の充実のほうだったので、ケーブルは中高域に国産、低域に米国製を使うことにしました。
by tama_photo | 2011-10-09 18:08 | Music & Audio | Comments(0)

リ・マスター

デジタルリマスターされたCDを2枚。
1枚目は、バリーホワイトとラブ・アンリミテッドの「ラプソディー・イン・ホワイト」。
ず~っと昔のTV番組「ウィークエンダー」のテーマソングと言えば、ピンと来ますか?
d0032222_20343969.jpg
ああ、なつかしや。
でも、音質は期待はずれでした。
音源、音の出どころが多すぎるのでしょうか?
全体的にクリアさがありません。透明感に欠けます。
じっくり観察的に聴くと、どうもストリングスがよくなさそう。
知ってる曲は、アルバムタイトルにもなっている「ラプソディー・イン・ホワイト」と「愛のテーマ(LOVE'S THEME)」の2曲でした。
「愛のテーマ」は当時、オーディオコーナーでよくかかっていたので録音状態もよかったはずなのですが、いったいどうしたことでしょう。
こりはアナログレコードで聴いてみたくなりました。

2枚目は、スキーター・デイビスのベスト盤。
知っている曲は「この世の果てまで(The End Of The World)」1曲だけ。(^^;
d0032222_20432730.jpg
アルバムの中に1曲でも気に入ったのがあれば、つい買ってしまうワタシです。
1曲だけならiTuneストアでダウンロードしたほうが安く上がりますが、やっぱり「データ」じゃもの足りません。ちゃんとライナーのついたCDでないと・・・。
こっちもデジタルリマスターですが、期待以上にいい音でした。
1950~1960年代の、豊かでまだ素朴な米国の雰囲気がプンプンしています。
音数が少ないのが功を奏しているのか、半世紀以上も昔の音とは思えないほどクリアです。

じつは「この世の果てまで」は22年前、結婚式の入場に使った曲なんです。
ト・ツ・テ・モいい曲ですから、You Tubeかなにかで聴いてみてくださいな。
by tama_photo | 2011-09-13 20:59 | Music & Audio | Comments(0)

ヘッドホン その2

安物買いのなんとやら。
ホームセンターで買った980円のがどうにも不満で、電器店から買ってきました。
Pen E-P3 MACRO-SWITAR 50mm/f1.8
d0032222_20414549.jpg
パナからソニーに戻しました。
XB(エクストラ・バス)という、振動板が大きくて(つーても直径9ミリ)重低音がウリのインナーイヤー型です。
聴いてみると、たしかに低音はよく出ます。
iPodのイコライザーをOFFにしても低音が出過ぎるので、高域をブーストしました。
年寄りになると高い音が聴こえないさー。。。( ̄∀ ̄;)
いつも地味なやつを買うワタシにしては珍しく、ブルーを買いますた。
イヤーピースはSS、S、M、Lと4種類、衣服に留めるクリップとポーチまでついてお値段はそれなり、サンキュッパ。
重低音よりも、ナチュラルな音で勝負して欲しいゾ。(・ω・)
by tama_photo | 2011-08-06 20:58 | Music & Audio | Comments(0)

ヘッドホン

iPodに使っていたヘッドホンがダメになりました。
主旋律が聞こえなくなって、こりゃiPodがイカレたと勘違いし、2度もリセット(全曲削除と入れ直し)したのですが、それでも直らず、試しにヘッドホンを替えたらちゃんと聴こえてきました。(TдT)
断線ではなくて、右チャンネルと左チャンネルが短絡したようです。
サイモンとガーファンクルを聴くと、ポールのバックコーラスだけがやけにハッキリ聴こえてくるのです。
これはこれで面白いのですが、このまま続けて聴けばそのうちiPod本体に悪影響が出ないとも限らないので、ホームセンターで、キャベツを買うついでに新しいヘッドホンを買いました。
d0032222_215804.jpg

今度のやつは手前のパナソニック。980円でした。安っ!
ケーブルの細さが980円ですなぁ~。
これまで使っていたのがソニーエリクソンのケータイに附属していたやつ。
音はよかったのですが、左側のケーブルが極端に短くて、やや使いづらいものでした。

音はけっこう違います。
ソニーは音楽を「聴かせる」タイプ。パナはまんべんなく音を「再生する」タイプ。
なんだか昔のソニーとパナの関係が逆転したような感じですね。

ヘッドホンはこの密閉式インナーイヤー型がいいと思います。
断然、低音が出ます。
なんたって耳の穴のわずかなエアーを動かすだけですから、小さな振動版で十分なわけです。
ミニコンポでは再生できないような重低音を聴かせてくれます。
欠点は、外部の音が聞こえないこと。
ミミクソが付くこと。くらいかな?\(-_-#...
by tama_photo | 2011-06-28 22:14 | Music & Audio | Comments(6)

奇妙な

今夜は土砂降りだったので、音もちょっと大きめにして、芋焼酎をロックで飲みながらビリー・ホリディの「奇妙な果実」を聴きました。
おら、B面が好きだなッス。(・ω・)
d0032222_2213039.jpg
1939~44年の録音。当然モノラルです。
以前のプレーヤだと、モノラルは音質の悪さばかりが耳について聴く気になれませんでした。
このLPを買ったのは、おそらく20年以上前。
そしてこれまでに聴いたのは、たぶん5回以内でしょう。うるう年に1回?

でも、この傾きプレーヤで聴くと、不思議といい音が。。。
d0032222_226401.jpg
プラッター(回転部)とベース(土台)が、赤い線で示すように平行ではありません。
スピンドル(回転軸)はガッチリ固定されておらず、底と側面2ヵ所、計3ヵ所を支えているだけです。
ベルトが弱い力で左側に引っ張っているので、プラッターを手で触ればグラグラ動きます。
ウェル・テンパード、奇妙だけどいい音がします。
by tama_photo | 2011-06-10 22:17 | Music & Audio | Comments(8)

アルテック

アルテックという米国の音響メーカーがあります。
一部アンプを作っていたりもしますが、有名なのはやっぱりスピーカです。
JBLを使っていた私は、最後のほうでアルテックのウーハ515Bを使いました。
磁気回路がものすごく大きくて、補強桟の入った裏板を裏返しにして、やっとこさ4560の箱に入れました。
出てきた音は重く、しかもダンピングの効いたもので、やっぱり見かけ(物量)だけのことはあると感心しました。
アルテックはJBLの製品と比べて全般的に価格が高めです。
中古品も数が少なく、それで後が続きませんでした。

ALTEC 620B。
このスピーカーは聴いたことがありません。
先日、先輩の同軸(タンノイ)を聴いてよかったものですから、アルテックの同軸も聴いてみたくなりました。
d0032222_1741275.jpg

ウィキペディアで調べてみました。( ..)φメモメモ
ウエスタン・エレクトリック社から分離させられた会社のようです。
主要メンバーにジェームズ・バロウ・ランシング氏がいます。JBLの社長ですね。
アルテックも彼の名前をもらってアルテック・ランシング・テクノロジーズ・インクという社名でした。
アルテックで有名なのは The Voice of Theater の異名をもつA7、A5です。
A7はその昔、友人が使っていて、よく聴いたものでした。
そのころの私はJBLの4560、もう一人の友人はバックロードホーン4520という、振り返ってみればホーン型全盛の時代でした。
この620Bも、小さいながらドライバーにはホーンがついています。
聴けばたぶん「古臭い音だなぁ」と感じるのでしょうが、最近の私は懐古趣味に走ってますね~。

以前の写真が見つかりました。
アルテック515Bを装着した4560箱です。
d0032222_11334462.jpg

下の写真はJBL2220A(左)と515B(右)。マグネットの大きさ、フレームの太さが全然違います。
音もかなり違いました。
でも、いまになって懐かしいのは、2220Aの弾む低音です。
d0032222_1135578.jpg

by tama_photo | 2011-06-04 17:04 | Music & Audio | Comments(3)

アーデン

RICOH GX200
d0032222_16423894.jpg
10日前の話ですが、先輩のお宅へ、オーディオを聴きに行ってまいりました。
スピーカはタンノイのアーデン。口径38センチの同軸2ウェイが1本、バスレフ箱に入っています。
アンプはラックスのトランジスタプリメイン。CDデッキはソニー。アナログプレーヤはケンウッド、カートリッジはオーディテクニカのAT33でした。
このラックスのアンプは、MCカートリッジのヘッドアンプを内蔵しているそうです。
いまはフォノイコライザーさえ無いアンプが多いというのに、なにげにマニアックであります。古きよき時代を感じさせますね。

縁・えにし

予想以上にいい音でビックリしました。バスレフらしい豊かでゆったりした低域が出てきます。
好みです、低域は。(私だったらテレビをよそに置いて左右スピーカの間隔をもっと狭めますが・・・)
話を聞いているうちにもっとビックリしたのが、アーデンの前の持ち主。
私の友人だった故Mケンジ君でした。

故 Mケンジ

仕事の関係で仲良くなり、妙に波長が合って彼の自宅にも何度か遊びに行きました。
新しいものが大好きで、CS放送は県内で最初のユーザー。早々とプロジェクター方式の巨大TVを居間に据え、2階のオーディオルームではソナスファーベルでわけの分からない音楽を聴いていました。
アナログを聴かなくなった私は彼にヤマハのGT2000を、管球アンプをやめた彼は私にラックスのLX38を、それぞれ物々交換しました。
彼は実家がお金持ちだった(らしい)こともあって、モノに関する執着が薄かったように思います。
このアーデンも、ちょっと不具合があったということで、この先輩は最初、タダでもらったそうな。
タダはあんまりというので、いくらかのお金を渡したそうですが、だれが考えてもそれは「安い」買物でした。
このMケンジ君、若くして亡くなったんです。
ガンでした。
1周忌に近い頃、自宅を訪ねたら、私が病室で撮った彼の写真が仏壇に飾ってありました。
彼が生きていたらなぁと、いまでも思います。
オーディオの話や釣り(ルアーが好きだったようです)や、自転車の話ができたのに・・・と。
音楽の趣味だけはかみ合いませんでしたけどね。(^^;

アーデンを聴きながら、「あぁ、この音を彼は聴いていたんだなぁ」と感慨にふけりました。
この先輩がこれからも大事に使ってくれることでしょう。
お~い、ケンジ!天国でいい音聴いてるか~い?
by tama_photo | 2011-05-26 17:14 | Music & Audio | Comments(0)

22周年

5月13日は結婚記念日です。
平成元年に結婚したので22回目。
早いものです。
しかし、カミさんは残業。娘はサークルの新入生歓迎会で外食。
ひとりめし、を食いました。
カンパチの刺身と発泡酒で、孤独に乾杯。
2本飲んだところで焼酎に切り替え、レコードを聴きました。
ローズマリー・クルーニーの With Love です。
ワタシのばやい、Without Love ってか?\(-。。-#
EOS5D-II Macro-Elmarit 60mm/2.8
d0032222_0255066.jpg

だれもいないので、娘の部屋でCDを聴いてみました。
黙って入っても、娘は何も言いません。エエ子だ。
LS3/5aは相変わらずよく歌います。このスピーカーでビートルズを聴くと、ホントにいい。
中でも Come Together は白眉だと思います。
EF50mm/1.4
d0032222_0292780.jpg

JBLのようにスカッと抜けた明るい音じゃないけど、こぢんまりとまとまった、クセのない音がします。
トランジスタアンプじゃなくて、ダンピングファクターの低い真空管だと、さらにいい音がするんですよ。
d0032222_0312485.jpg

でも娘が聴くのはほとんど iPod なんです。
なんだかなー。(・ω・)?ホエ?
by tama_photo | 2011-05-14 00:45 | Music & Audio | Comments(4)

往年の名機 いろいろ

D130
d0032222_1342176.jpg

JBLの代表的な38cmコーン型ワイドレンジスピーカーユニット。
軽量タイプで浅型のコーン紙を使用しており、センターには中高域を受け持つアルミセンタードームを用いている。
ボイスコイルは直径10.2cmのアルミリボン線エッジワイズ巻。
磁気回路は5.4kgアルニコVマグネット。
フレームにはアルミダイキャストを採用。
【主要諸元】
許容入力:60W(連続プログラム)
インピーダンス:8Ω/16Ω
音圧レベル:103dB/1kHz
磁束密度:12,000gauss


・・・と、ネットでググッて調べましたが、ユニット単体での再生周波数はどんなもんでしょう。
家庭用で使う場合、大きめのバスレフ式エンクロージャー、またはバックロードホーンに入れて、広域に075ツイータやLE175ドライバーあたりを追加するという方法が王道だったようです。
D130の音は数回、ジャズ喫茶で聴いたことがあります。
とにかく明るく、張りのある元気な音でした。
低域はほとんど出ていないけれど、それを忘れさせてしまうような強烈なパンチ力が身上でした。
モノラル音源とか、古い録音のジャズを鳴らしたら抜群でしょうね。
能率がものすごく高いので、アンプは管球シングルで十分だと思います。
私もD130そのものは経験ありませんが、D130から派生した2220は使っていました。だのに、ないものねだりで低域を求めたために、今の暗くて重い801に手を出し、音の迷路に入り込んでいます。

こうやって改めて写真を見たりすると、またあの時代に回帰してシンプルな装置で聴いてみたくなりますね~。シミジミ。
SANSUI SP-LE8T
d0032222_1491571.jpg

by tama_photo | 2011-05-07 14:11 | Music & Audio | Comments(9)